マネージド・クラウドとは
クラウド・コンサルティング・サービスの詳細はこちら
一緒にコンピューターを見ている2人の同僚

公開日:2023年12月8日
寄稿者:Teaganne Finn、Amanda Downie

マネージド・クラウドとは

マネージド・クラウド・サービスは、顧客のクラウド リソースの完全に、もしくは部分的に管理およびコントロールします。

マネージド・クラウド・サービス・プロバイダー(MCSP)は、マネージド・クラウド・サービスを提供するベンダーまたはクラウド・プラットフォームを指します。MCSPは、クラウド・リソース・プロバイダーまたはサードパーティー・サーバーに直接接続される場合があります。MCSPが提供するサービスには、クラウドネイティブのモダナイゼーションにおける移行、最適化、セキュリティー、構成、システムのアップグレード、およびメンテナンスが含まれます。

組織がMCSPを導入する目的は、ビジネスと日常業務における時間とコストを最小限に抑えながら、クラウド・サービスのメリットを最大限に活用することです。

Turbonomicを試す

安全にコストを削減しながら、アプリケーションのパフォーマンスを継続的に改善する方法をご紹介します。

関連コンテンツ

IBMニュースレターの購読

マネージド・クラウドの仕組み

マネージド・クラウドの目的は、クラウドの管理をサービスとしての(as-a-service)オプションにアウトソーシングすることです。これにより、組織はクラウド・リソースを管理するチームを雇用するコストを節約しながら、クラウド・リソースを効率よく活用することができます。マネージド・クラウド・サービスは、クラウド・ソリューションのライフサイクルを通じて、いつでも導入することが可能であり、変化し続けるクラウド・エコシステムに適応するのに役立ちます。

マネージド・クラウドを使用することで、どのIT機能を組織内で管理し、どのITインフラストラクチャーまたは機能を外部のベンダーやデータセンターに常駐させるかを選択できます。選択されたサービス・プロバイダーは、データを所有、運用、維持するインフラストラクチャーを備えています。自動化を導入することで、これらのインフラストラクチャーはクラウド環境で利用できるようになります。その他のサービスには、組織のワークロード管理をサポートするクラウド・コンピューティングやクラウドへの展開などがあります。

マネージド・クラウド・サービスをアウトソーシングするにあたっての課金モデルは、通常、オンラインでリソースにアクセスする「サービスとしてのサブスクリプション」モデルです。すべての情報やデータが最新であることを確認し、問題が発生したときに組織がリアルタイムのサポートを受けられる体制を整えるのは、サービス・プロバイダーの責任です。パフォーマンス・モニタリングサイバーセキュリティ管理も含まれます。プロバイダーは、組織によって、パブリッククラウドまたはハイブリッドクラウド環境を通じて、マネージド・サービスを提供することができます。

組織がクラウド運用のアウトソーシングを検討するのは、クラウドへの移行時です。マネージド・サービス・プロバイダー(MSP)を活用することで、クラウド・データとDevOpsの管理に役立つと同時に、ITチームは他の業務に集中できるようになります。

マネージド・クラウド・サービスの種類

マネージド・クラウド・サービスには、組織のニーズとクラウド・ソリューションのライフサイクルにおけるステージ応じて、いくつかの種類があります。

サービスとしてのインフラストラクチャー(IaaS):IaaSは、クラウドでホストされている物理サーバー、仮想サーバー、ストレージ、およびサードパーティープロバイダーのネットワーキングへのオンデマンド・アクセスを提供するソリューションです。IaaSは、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)Google Cloud、IBM Cloud、Microsoft Azureなどの主要なクラウド・サービス・プロバイダーが開始した「as-a-service」サービスです。

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS):PaaSは、アプリケーションの開発、実行、保守、管理のための、すぐに使用できる完全なクラウド・ホスト型プラットフォームへのオンデマンド・アクセスを提供するクラウドベースのソリューションです。

Software-as-a-Service(SaaS):SaaSは、すぐに使用できるクラウド・ホスト型アプリケーション・ソフトウェアであるクラウドベースのソリューションです。SaaSは、サブスクリプション・モデルで提供されています。サービスの提供に必要なすべてのインフラストラクチャーは、SaaSベンダーによってホストおよび管理されます。

マネージド・クラウドのメリット

マネージド・クラウド・サービスは、運用効率、一貫性、拡張性など、いくつかのメリットがあります。

中央管理

マネージド・クラウド・サービス・プロバイダー(MCSP)を活用することで、すべてのクラウド・インフラストラクチャー・コントロールを1か所に集約し、ダウンタイムを低減することができます。

拡張性

ビジネス・ニーズの変化に応じて、マネージド・クラウド・サービス・プロバイダーは組織とともに成長できます。クラウド環境におけるコスト効率を維持し、セキュリティー・リスクを最小限に抑えながら、リソースを効果的に割り当てることができます。マネージド・サービスは、ハイブリッドクラウドマルチクラウド環境、オンプレミス、場合によってはプライベート・クラウドで利用できます。

コストの削減:

マネージド・クラウド・サービス・プロバイダーを活用することで、必要に応じてリソースを追加することができ、使用したサービスに対してのみ課金されます。追加のハードウェアやソフトウェアは必要ないため、料金体系がより柔軟です。

ネットワーク・セキュリティー

マネージド・クラウド・サービス・プロバイダーは、ITサービス全体にわたる脅威の監視、コンプライアンス規制、24時間365日の監視に対応するためのセキュリティー・プロトコルを導入しています。

災害復旧

災害が発生した場合、マネージド・クラウド・サービスは、ビジネスの中断を最小限に抑えながら、データを迅速にバックアップおよび復元できます。

関連ソリューション
クラウド・コンサルティング・サービス

専用のIBM Consulting Cloud Acceleratorプラットフォームをベースにしたクラウド・サービスについて学んで、ハイブリッドクラウドへの移行を加速しましょう。

クラウド・コンサルティング・サービスの詳細はこちら

IBM Turbonomic

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド向けに構築され、フルスタックの可視性インテリジェントな自動化AIによるインサイトを提供するプラットフォームを通じて、ITオペレーションを加速し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させて、クラウドのコストを最小限に抑えましょう。

IBM Turbonomicの詳細はこちら

IBM Cloud ソリューション

IBMは、ハイブリッド環境全体での開発、セキュリティー、および運用に対する最も包括的で一貫したアプローチを提供します。

IBM Cloudの詳細はこちら
参考情報 IBM Consulting Cloud Accelerator

IBM Consulting Cloud Acceleratorは、一貫した予測可能な結果を提供し、企業がクラウドの導入を加速できるように特別に設計されたプラットフォームです。

ビジネスのためのハイブリッドクラウドをマスターする

組織が壁を打ち破ることができれば、ハイブリッドクラウドはビジネス・トランスフォーメーションを推進し、IT環境を簡素化できます。

ハイブリッドクラウドでビジネスを成長させる

ハイブリッドクラウドは、複数のクラウドにまたがるアプリケーションを統合し、データをより安全に移動し、ビジネスプロセスとワークフローを改善します。

IaaS、PaaS、およびSaaSのクラウド・コンピューティング・サービス・モデル

IaaS、PaaS、SaaSは、クラウド・サービスの最も利用されているサービス・モデルです。これらは、クラウド・サービス・モデル、もしくはクラウド・コンピューティング・サービス・モデルと呼ばれることもありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

HEINEKEN社のEverGreenイニシアティブ

Evergreensの高いレジリエンスに触発されて、オランダのビール会社のHEINEKEN NV社は、飲料業界の変化に適応しながらビジネスの成長を維持できるように設計されたEverGreenイニシアチブを立案しました。

SimCorp DimensionとIBM

SimCorp社の主力ソフトウェア製品であるSimCorp Dimensionは、世界中の投資会社を支援しています。SimCorp社がクラウドベースのサービスとして、SimCorp Dimensionの提供を開始したいと考えたとき、IBMが同社のビジョンの実現を支援しました。

詳細情報はこちら

アーキテクチャーの柔軟性と生成AIのようなエクスポネンシャル・テクノロジーにより、任意のプラットフォームで、ITの自動化、ROI向上のためのアプリケーションのモダナイズ、クラウドネイティブ・アプリケーションの構築、スケーラブルな管理が可能になります。

クラウド・コンサルティング・サービスの詳細はこちら IBM Turbonomicのデモをお試しください