IBM Cloudストレージ・ソリューション

新しいデータ・ソースや、テクノロジーの進化によるデータの急増に、IBM Cloudストレージ・ファミリーが柔軟に対応します。

あらゆるニーズに対応するクラウド・ストレージ・リソース

探し求めているのが、サーバーで用いるスタンドアロン・ストレージや2次ストレージであったり、出来合いのストレージ・ソリューションであったり、独自のストレージ・ソリューションを作成するためのコンポーネントであっても、IBMはお客様が必要とするクラウド・ストレージ・リソースを提供します。

グローバル・ストレージのアイコン

グローバル

クラウド・ストレージを世界中の戦略上重要な拠点に実装できます。データをアプリケーションとユーザーの近くに配置することで、パフォーマンスを向上させ、データ主権の要件に対応することができます。

 

拡張性のあるクラウド・ストレージのアイコン

拡張性

サービスをまったくもしくはほぼ中断せずに、要求に応じて容量をスケールアップまたはスケールダウンできます。テラバイトクラスからペタバイトクラス、あるいは必要に応じてそれ以上にまで拡張できます。

柔軟性のあるクラウド・ストレージのアイコン

柔軟性

ブロック・ストレージ、ファイル・ストレージ、オブジェクト・ストレージなどの幅広いストレージ・テクノロジーのポートフォリオからワークロードに合わせて選択できます。オンプレミス、クラウド、IBMによるマネージド・サービスなど、各種の実装オプションから選択できます。

使いやすいクラウド・ストレージのアイコン

シンプル

Webベースのグラフィカル・ユーザー・インターフェース、Webポータル、あるいは広範囲なAPIからストレージを素早く簡単に実装して管理することができます。

ストレージ製品の選択

ニーズに合わせてオブジェクト・ストレージ、ブロック・ストレージ、およびファイル・ストレージの各サービスから選択してください。

オブジェクト・ストレージ

OpenStack SwiftやS3互換インターフェースをベースとする、地理的に分散した極めて拡張性の高いストレージ・ソリューションにより、音声、メール、イメージ、オフィス文書、ビデオなどの多様なオブジェクトの整理、保管、管理、アクセスが可能です。柔軟な料金設定を利用して、必要な容量を必要なときに必要な場所で使用できます。

ブロック・ストレージ

最大12TBの容量を備えたiSCSIベースのブロック・ストレージを使用して、永続的なストレージを完全に制御できます。ワークロードに合わせてストレージ環境をカスタマイズできます。スナップショットと複製の機能を備えたエンデュランス・ブロック・ストレージ、あるいはボリュームごとに最大6,000のIOPSが割り振られているパフォーマンス・ブロック・ストレージを選択できます。

ファイル・ストレージ

高性能かつ豊富な機能を持つNFSベースのソリューションによって、ファイル・ストレージをアップグレードできます。最大12 TBまで使用可能なファイル共有により、スナップショットと複製のサポートまたは非パラレルIOPS割り振りを使用して、IBM Cloudファイル・ストレージをプロビジョンすることが可能であり、最も負荷の高いワークロードに対してもニーズを満たします。

大容量ストレージ・サーバー

独自のSANまたはNASを構築して、大容量の永続的データを保存するとともに、総合的な制御を維持できます。OS NEXUS QuantaStorのすぐに使用可能なソリューションを実装するか、大容量のベア・メタル・サーバーを要件に合わせてカスタマイズすることができます。

コンテンツ配信ネットワーク

コンテンツを地理的に分散された24個所のノードに配信することで、即応性に優れた卓越したエンド・ユーザー体験を実現できます。 最初の要求の後、コンテンツは他のユーザーがアクセスできるようにネットワークに保管されます。使用した帯域幅に応じて課金されます。