ホーム topics コンフィグレーション管理 構成管理とは
AIOps Insightsで構成を管理する AI関連の最新情報を購読する
ギア、ロボット アーム、携帯電話の絵文字のコラージュの図

公開日: 2024年1月30日
投稿者: Chrystal R. China、Michael Goodwin

構成管理(CM)とは

構成管理は、企業が特定の製品、システム、またはその他のIT資産のパフォーマンス品質と機能をライフサイクル全体を通じて維持するのに役立つシステムズ・エンジニアリング・プロセスです。

カスタマイズされた構成管理(CM)プラクティスにより、システム管理者は資産(コンピューター・システム、サーバー、アプリケーションなど)の状態を追跡できるため、チームは問題を迅速に特定し、変更管理を効果的に管理し、構成のドリフトや不要なダウンタイムを防ぐことができます。

この分野は米軍、特に国防総省で始まりました。国防総省は、時間が経過しても性能を犠牲にすることなく、ハードウェア機器の寿命を延ばそうとしました。軍は最終的に、技術機器を保守するための一連の管理基準である480シリーズを作成し、これは1998年にANSI-EIA-649(構成管理に関する全米合意基準)へと発展しました。

CMの主な目的は、複雑なシステムの進化を管理し、IT資産管理を合理化および加速する厳格な記録保持プロセスを作成することです。CMの実践により、システムの設計、実装、および運用情報が常に同期しており、効率的なバージョン管理が容易になり、追跡されていない変更によって発生する可能性のあるシステムの不安定性が防止されます。言い換えれば、CMは時間の経過とともにどのように進化しても、IT資産が常に望ましい状態に維持されることを保証します。

全社規模のインテリジェントな自動化のガイド

インテリジェントな自動化がどのようにビジネス運営の競争力を高めることができるかを学びましょう。

関連コンテンツ

可観測性の俗説に関する電子ブックに登録する

構成管理プロセスはどのように機能するのか

CMプロセスは、IT管理者が特定の設定でワークステーションまたはサーバーを構築し、それらの設定を他の資産に適用できる管理ツールによって推進されます。CMはITサービス管理(ITILで定義される)と連携して使用され、チームがシステムの状態をリアルタイムで監視し、異常な動作やパッチ、更新、アップグレードの機会を特定する必要があります。

具体的には、CMには次の主要なプロセスが含まれます。

構成の識別

構成の識別は、任意の時点で構成項目(CI)のすべての側面を定義する属性を決定するプロセスです。これには、チームが監視および管理するソフトウェアやインフラストラクチャーのイニシアチブ、モジュール、またはAPIなどの構成項目、各CIに対する一意のシリアル番号やバージョン番号、またはその他の追跡メカニズムなどの識別子、および通常は運用環境の構成であるベースラインに関する重要な決定も含まれます。

構成変更制御

構成変更制御(または構成制御とも呼ばれる)は資産の整合性がその寿命全体にわたって一貫して保たれるよう、変更を体系的に処理する戦略です。これには、変更提案の提出、各提案のコストと利益の評価、承認権を持つ者からの必要な承認の取得、変更の実装と文書化などの複数の安定化実践が含まれます。

構成ステータス・アカウンティング(CSA)

CSAは、すべての構成の識別の詳細(例: 場所、バージョン、現在のステータス)および変更の詳細(日付、責任者、変更の説明)を文書化することを含みます。このプロセスには、利害関係者向けの定期的なステータスおよび履歴記録の生成、すべての記録の正確性の検証、およびアクセス可能な監査証跡の作成も含まれます。

構成監査

構成監査は、異常の特定と解決を含む、CIおよびCMの実践が確立された標準およびベースラインにどの程度準拠しているかを評価する正式なプロセスです。監査には、物理的属性、機能的属性、またはその両方の評価が含まれる場合があります。

構成管理計画

構成管理計画(CMP)は、特定のプロジェクトまたは組織に指定されたCMの実践、手順、スケジュールを概説します。これには、関連するプロセスについての情報だけでなく、CMの範囲と目的、CM活動、役割と責任、ベースライン管理、チーム・トレーニング手順、およびプロセスを支援するためにチームが使用するツールに関する詳細情報も通常含まれます。

構成管理ツールとは

Ansible、Jira、Puppet、SaltStack、CFEngineなどのオープンソース・プログラムからIBM AIOps Insightsなどの専有ソリューションまで、構成管理ツールは、システム管理者がCMに関連するプロセスの大部分を自動化することにより、CMの複雑さを最小限に抑えるのに役立ちます。CMツールはコードのバージョンを管理し、システムの変更を追跡し、構築およびデプロイメント・プロセスを自動化することができます。

これらのツールにより、チームは中央の場所から基本構成を変更でき、CIをグループ/サブグループごとに分類して管理し、CIの識別、更新、パッチ適用を自動化し、グループ間で新しい設定をインストールし、古い構成やパフォーマンスが低い構成を特定することができます。

CMツールには以下のようなテクノロジーが含まれます。

  • バージョン管理システム: これらのツールは時間をかけてソース・コードやドキュメントに対する変更を管理します。これらは変更の追跡、ロールバックの実施(必要な場合)、並行開発のサポートに役立つバージョンと履歴を維持します。
     

  • 継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)ツール: CI/CDパイプライン・ツールはソフトウェアのテストとデプロイメントを自動化し、システムがコード・ベースに対する変更を定期的に統合し、問題を特定するための適切なテストを実施するようにします。
     

  • コードとしてのインフラストラクチャー(IaC)ツール: IaCツールは、他のソフトウェア・システム・コンポーネントと同様にバージョン管理および処理することができるコードを使用してインフラストラクチャーのプロビジョニングと管理を容易にします。
     

  • 変更管理ツールと追跡ツール: これらのツールは定義されたワークフローを通じて変更要求や問題を記録、追跡、管理します。
     

  • 構成管理データベース(CMDB): CMDBはCIおよびその依存関係に関する構成情報を保存し、IT環境の構造と変更の潜在的な影響を明確にします。

構成管理の利点

効果的な構成管理は、企業内のITオートメーションを最適化するために不可欠です。これにより、チームはITインフラストラクチャーと資産への変更について情報に基づいた意思決定を行うことができます。また、ライフサイクル全体を通じてシステム状態を明確かつ継続的に文書化することを優先することで、利害関係者間の明確なコミュニケーションを促進します。

DevOps環境では、CMはIT管理者がインフラストラクチャーの管理とデプロイメント・プロセスをさらに自動化することを可能にします。アジャイル環境では、CMはチームが構成タスクに簡単にアクセスし、優先順位を付けてプロジェクト管理の実践を合理化するのを助けます。また、CI/CD環境では、CMツールが変更を自動化するため、チームは承認されたコードと構成の変更をライブ・システムにすぐにデプロイできます。

また、ソフトウェア開発、ヘルスケア、製造、ITサービス管理(ITSM)を含む幅広い業界での品質管理とリスク管理に大きな利点をもたらします。さらに、次のようなさまざまなIT環境でのユースケースも無数にあります。

クラウド・オートメーション

CMツールは、クラウド・コンピューティング環境で仮想プライベート・クラウド(VPC)、オペレーティング・システム(OS)、およびワークロード・セキュリティー1を構成および管理することができます。

セキュリティーの自動化

これらのツールは、ネットワーク全体に一貫してポリシーを適用し、侵入検知システムとファイアウォールを自動的に構成することも可能です。

エッジ・オートメーション

CMツールは、IoT(モノのインターネット)資産、サーバー機器、ネットワークおよびセキュリティー・プロトコルなどのリモート・インフラストラクチャー・システムを設定および管理できます。

ネットワークの自動化

また、ルーターなどのネットワーク・デバイスを自動的に構成する能力も持っています。

構成管理のベスト・プラクティス

CMプログラムが生成する膨大な量のデータは、組織のIT資産管理プロセスをさらに複雑にする可能性があります。したがって、CMプログラムとツールの利点を最適化するには、適切な計画、リソース、および人材トレーニングが必要です。構成管理システムの効果を最大限に高めるために、チームは以下のことを行うことができます。

  • 早期にベースラインを確立する。プロジェクト開始と同時に最初のベースラインを設定します。

  • 可能な限り自動化する。CMツールを使用して反復的なタスクを自動化します。これにより時間が節約されるだけでなく、人的ミスのリスクも軽減されます。
     

  • データを頻繁にバックアップする。データの損失や破損が発生した後に管理者がベースライン構成を再検討する必要がある場合、資産ステータスと構成データのバックアップが非常に重要であることがわかります。
     

  • 信頼できる唯一の情報源を維持する。一つの決定的なリポジトリまたはデータベースを使用して、CIの状態を文書化し、追跡します。

  • 変更問題委員会(CAB)を作成する。CABは変更の評価と承認プロセスにおける構造とトレーサビリティーを強化します。

関連ソリューション
IBM AIOps Insights

AIを活用してIT運用を合理化し、アップタイムを増加させ、効率を向上させ、コストを削減します。

AIOps Insightsはこちら
IBM Cloud Pak for AIOps

イノベーションを加速し、運用コストを削減し、変化する状況に合わせてIT運用を変革します。

IBM Cloud Pak for AIOpsの詳細はこちら

IBM Instana Observability

IBM Instana Observabilityプラットフォームは、完全に自動化されたリアルタイムの可観測性プラットフォームであり、パフォーマンス・データをコンテキストに配置して迅速な識別を提供し、問題の予防と修復に役立ちます。

IBM Instana Observabilityの詳細はこちら
参考情報 AIOpsとは?

IT運用のための人工知(AIOp)がデータと機械学習を使用してITサービス管理を改善および自動化する仕組み

AIOpsへのSREの旅

AIを活用した自動化とイノベーションの文化を採用し推進することで、SREが効果を高める機会を探ります。

従来型のインシデント管理とAIを活用したインシデント管理の違い

AIを活用したソリューションの導入が、業務の円滑な運営にどのように役立つかをご覧ください。

IT資産管理(ITAM)とは

資産ライフサイクルのあらゆる段階におけるIT資産のエンドツーエンド管理について詳しく説明します。

IT運用管理(ITOM)とは

IT運用管理(ITOM)は、組織内のIT要件を管理し、ITインフラストラクチャーとリソースのプロビジョニング、キャパシティ、パフォーマンス、可用性を監督する責任を負います。

IBM AIOps Insightsコミュニティーに参加する

当社の専門家と経験豊富な製品ユーザーによる最新かつ最高のハウツー、ベストプラクティス、ユースケースについてお読みください。

次のステップ

IBM AIOps Insightsは、一つの画面で管理されたIT環境の包括的なビューを提供する堅牢なイベントおよびインシデント管理ソリューションです。AIOps Insightsはインテリジェントな自動化とAIを使用してデータを集約し、関連するインシデントを結び付け、チームが問題を迅速に検知して修復できるよう支援します。

AIOps Insightsはこちら デモに関するお問い合わせ