強い日本の生産現場力を一層パワーアップするコグニティブ・ファクトリー戦略

概要

モノのインターネットは、サイロで機能するテクノロジーではありません。新たな市場への経路を見つけるために、自動化とAIでIoTを拡張することができます。競争の激しい今日の環境で成功を収めるには、専門家の指導が必要です。IBM IoTサービスには、新たな収益源を創出し、運用効率を高め、コスト削減を促進するIoT機能を構築するのに役立つ専門知識があります。

効果

市場の発展に応じて、差別化を図るサービスと新たな収益源を提供。

コストを保守・最適化して、予期しない市況に対応。

アジャイル・メソッドにより、洞察の向上、効率の向上、資本の最適化を実現。

IoTサービス

デバイス、製品、車両向けの接続されたソリューション

変化する市況に対応して、差別化を図るサービスを提供し、新たな収益源を創出します。 

 

エンタープライズ・アセット・マネジメントおよび施設管理

投資収益率を最大化し、ベスト・プラクティスを適用して、建物と資産の運用上、財務上、環境上のパフォーマンスを向上させます。

 

インダストリー4.0

コグニティブ・ソリューションを適用し、バリュー・チェーンおよび製造業の運用のすべての機能の最適化を支援します。

 

IBMのIoTサービスの詳細について

関連情報

IoT+コグニティブで変わるこれからの日本のモノづくり

インダストリー4.0で目指す新しい工場システム(ホワイトペーパー)

スマートファクトリーによる生産現場改革事例

エキスパートの紹介

寺門 正人

寺門 正人

オペレーション&サプライチェーン/IoTサービス リーダー
パートナー

後藤 禎

後藤 禎

アソシエイト・パートナー

澁谷 正美

澁谷 正美

アソシエイト・パートナー

IBMのエキスパートにご相談ください。

電話でのお問い合わせ:0120-550-210 | 識別コード:Services

IBMをフォローする

IBMをフォローする