Shelley Kalms氏がこれまでに受けた最高の助言は「完璧ではなく、勇敢であれ」

化学エンジニアとしてキャリアを開始したKalms氏は、現在、オーストラリアの大手天然ガス生産会社であるWoodside Energy社の最高デジタル責任者を務めています。同社の運用資産は、安全性、信頼性、効率性、環境性能が高いことで定評があります。

LNGは、天然ガスを冷却によって凝縮し、液体にしたものです。生産、極低温貯蔵、輸送の発展により、LNGは世界市場で他の燃料と競争できるようになりました。

しかし、新型コロナウイルス感染症のパンデミックと石油輸出国機構(OPEC +1)の紛争によって石油価格が不安定になり、Woodside社が提案したLNG開発の一部が延期されました。Woodside社には、効率性の向上とコスト削減のためのテクノロジーの導入に豊富な経験があり、このような変化する環境の中で、Kalms氏と事業部門は、ビジネス上の必須事項としてこの戦略的なイニシアチブに注力しました。

現在のイニシアチブによって見込まれる営業経費の削減

1.1億豪ドル

年次

Woodside Acceleratorは拡大を続けており

30以上のイニシアチブ

を特定して進行中

Woodside社では、営業経費を30%削減するという目標を設定しており、これを慎重かつ戦略的な方法で実現する計画を立てています。Woodside社は、事業運営と価値創造の方法において、長期的かつ持続可能な変化を求めています。最も安全で効率的なエネルギー・パイプラインを構築するために、Woodside社は自律運用の概念を模索し、AIと自動化によって役割を強化することで人間と機械の関係を最適化する方法を検討しています。同社は、自動化された契約管理、資材の最適化、在庫管理、予知保全などの概念を、リグ、プラント、ネットワーク全体で調査しています。

必要な変革の規模とペースを実現するために、Kalms氏はビジネスのデジタル容量と能力を拡張する必要がありました。そのため、Woodside社は実績のあるIBMの「変革アクセラレーター」であるIBM™ Garageと提携しました。

価値実現までの速度を検証してからスケーリング

Kalms氏は、2019年に初めてIBM Garageに興味を持ちました。それは、人間とユーザー中心のデザインに重点を置いていたからです。彼女は、変革とは単にテクノロジーをモダナイズし、データの洞察を活用することではないことを認識していました。変革とは、人々が新しい働き方を受け入れることです。「デジタル変革は企業に対して行われるものではなく、企業とともに行われるものでなければなりません。」とKalms氏は述べ、「変革は人々の心の中に埋め込まれなければならないのです。」と続けています。

IBM Garageは人、プロセス、テクノロジーを統合する実証済みの変革フレームワークであり、うってつけだと思われました。しかし、Woodside社は大きく進める前に小さいことがわかります。そこで、同社はIBM Garageとのコラボレーションにより、Woodside社の人事オンボーディング・プロセスを簡素化、一元化、デジタル化、自動化しました。Woodside社とIBMの合同チームには、採用担当マネージャーと最近採用された社員のほか、法務、IT、セキュリティー、調達、緊急事態管理の従業員が集まりました。

Woodside Energy社の社屋

IBM Garage Enterprise Design Thinkingワークショップで製品ロードマップを定義し、ユーザー調査を実施した後、チーム・メンバーは4つのシステムにわたるインテリジェントなワークフローを構築し、オンボーディング・エクスペリエンスを再設計しました。わずか10週間で、チームは人事オンボーディングのMVP(Minimum Viable Product)の本番稼働を開始しました。その結果、新入社員のオンボーディング期間が短縮されました。

IBM Garageが人事オンボーディング・イニシアチブで価値を創出するスピードを目の当たりにした後、Woodside社はその変革を拡大し、ビジネスに不可欠な業務を刷新する準備を整えました。慎重で思慮深いアプローチを確実にするために、チームは革新的な運用モデルであるWoodside Acceleratorを開発しました。

側面にカンガルーが描かれた海上のオーストラリア船

新たなイニシアチブを支える進化

同社の組み込みIBM GarageプラクティスであるWoodside Acceleratorには、Woodside社、IBMの従業員、Woodside社のパートナー・エコシステムからなる共同チームが含まれており、彼らは新しい働き方を取り入れ、アジャイル、DevOps、ユーザー中心の設計を採用しています。Woodside Acceleratorは、IBM Garage MethodologyのCo-Create(共に創る)、Co-Execute(共に実行する)、Co-Operate(共に運用する)に従っています。

Woodside社の経営陣は、3日間の仮想IBM Garageワークショップに参加し、事業全体を見渡して、エネルギー会社がどこで効率と収益を向上させることができるかを確認しました。各イニシアチブについて、チーム・メンバーは、早い段階でソリューションを特定しようとせずに、さまざまな角度から問題を分析しました。問題の領域に基づいて、問題の解決に役立つ人、テクノロジー、リソースを判断しました。

特定のイニシアチブが価値を創出するスピードと組織変革の速度を計算するために、チームはIBM GarageのV.O.T.E(速度、成果、テクノロジーと管理の債務、従業員体験)フレームワークを使用しています。これは、進行中のすべてのイニシアチブについて継続的に更新され、各イニシアチブの投資可能性を評価するためにポートフォリオ・レベルで集計されます。V.O.T.Eから得られた洞察は、どのイニシアチブにどのような順番で資金を提供するかについて、Woodside Acceleratorの投資委員会が情報に基づいた意思決定を行うために使用されます。

イニシアチブは、そのビジネス・ケースの予測価値が妥当であること、および資金提供を正当化する十分な速さでビジネス価値を組織に還元できることを投資委員会に証明する必要があります。

製品の所有者は、BPFJ(Best Person for the Job)プロセスを使用して、部門横断的なチームを選択し、解決しようとしている問題に基づいてどのような役割のメンバーが必要かを判断します。役割には、研究者、設計者、インテリジェント・ワークフロー・エンジニア、データサイエンティスト、開発者などが含まれます。さらに、IBM Garage Interfaceグループがチームと協力してガバナンスを推進し、障害を取り除くことで、チーム・メンバーが生産性を最適化し、可能な限り短時間で価値を提供できるようにします。現在、Woodside Acceleratorには10の進行中のチームが存在しており、Woodside社のバリュー・チェーンとサプライチェーン全体でインテリジェントなワークフローを変革、自動化、簡素化しています。

海上のLNG精製所

デジタル・エコシステム・ブループリントは、Woodside社の将来のテクノロジーの展望を設計する、先見的なイニシアチブです。その他すべてのイニシアチブは、さまざまな開発段階にあります。

Co-create(共に創る):

  • デジタル・メンテナンス戦略は、必要なデータをデジタル化して統合することで、機器メンテナンス戦略を迅速に検証できるようにします。これにより、価値の低い、繰り返し発生するスコープが特定され、メンテナンス実行プログラムから削除されます。

Co-execute(共に実行する):

  • 適用リスク思考(ART)は、Woodside社のリスク管理活動のスクリーニングと優先順位付けをより適切なものにし、限られたリソースを最も価値の高い活動に集中させ、価値の低い活動に労力をかけすぎないようにすることです。目標は、プロセスや手順への依存とコンピテンシーへの依存のバランスを取りながら、より効率的な組織としてリスクを管理することです。
  • 統合安全作業システム(ISSoW)は、作業のリスクと適切なレベルの管理を一致させることで許可プロセスを簡素化する、インテリジェントなワークフローを開発します。
  • 資材最適化は、在庫管理における事務管理部門の非効率性を自動化します。
  • メンテナンス・コスト管理は、主要な購買決定の際の透明性と管理性を高めることで、支出を最小限に抑えます。

Co-operate(共に運用する):

  • リスク・ベース・メンテナンスは、業界のベストプラクティスと過去のデータを活用したインテリジェントなモデルを使用して、メンテナンス頻度を最適化します。
  • 状態ベース・モニタリングは、AI、モノのインターネット(IoT)センサー、診断モデルを活用したインテリジェントなワークフローにより、事後保全から予防保全に移行します。
  • メンテナンス計画は、同時に完了すべき最も効率的な作業をインテリジェントに推奨することで、スケジュールの設定や作業指示書の作成における事務管理部門の非効率性を自動化します。

Woodside Acceleratorは規模を拡大し続けており、既に30以上のイニシアティブを特定し、見直しとさらなる改善を行っています。この動的プログラムは、新しいイニシアチブが導入されたり、既存のイニシアチブによって新しい製品やサービスが立ち上げられ、ビジネスやその先へと拡大されていったりする中で、常に進化して成長しています。

財務上の影響と文化の変化

Woodside Acceleratorチームは、現在のイニシアチブが実施された場合、年間約1.1億豪ドルの営業経費を削減できると予測しています。チームは、目標の30%に到達するまで、Woodside Acceleratorの規模を拡大し続けます。

期待通り、Woodside Acceleratorは、ビジネスや財務に大きな影響を与える可能性を示しただけでなく、文化的な変革の可能性も示しました。「IBM Garageは、テクノロジーと同じくらい文化の変化についても考えています。継続的な改善は、今ではWoodsideでの働き方におけるマインドセットとなっています」とKalms氏は述べています。従業員は新しい働き方に触れており、加速されたアジャイル・デリバリーを使用してプロジェクトに参加した従業員は、それを心から受け入れています。Woodside社の統合リモート・オペレーション・プロジェクト・マネージャーであるLeon Burgin氏は次のように述べています。「変化をリアルタイムで実際に確認できます。結果を見るために1年も待つ必要はありません。2週間、4週間、6週間、8週間、12週間ごとに成果を見ることができます」

Woodside社が価値の最適化に焦点を当て続けることで、ビジネス・プロセスはよりインテリジェントでデータ駆動型になってきています。テクノロジーと自動化により、従業員が最優先事項に集中できるようにすることができるため、仕事体験はより魅力的なものになります。Kalms氏は、AI搭載のデジタル・ワーカーを人間が監督するWoodside社の未来について語っています。例えば、工場のセンサーが、稼働パラメーターの範囲から外れたベアリングがあることを示したとします。これにより、そのベアリングを交換するための作業指示が自動的に生成されます。データベースで在庫がないことが示された場合、システムは交換用のベアリングを発注し、作業指示をスケジュールして、適切なスキルセットを持つ従業員をその作業に割り当てます。システムは、この従業員に、翌日の午前10時に工場に到着してベアリングを交換する必要があることを通知します。「これがすべて自律的に行われます。それが私たちが目指していることです」

Kalms氏はさらに次のように説明しています。「ただし、そのためには、テクノロジーだけでなく文化も変革する必要があります。そこで、私たちはIBM Garageに注目し、社員が変化をもたらし、長期的に持続可能な価値を創造できるように支援しています。」

お客様のビジネスのためにIBM Garageができることをご覧になれます。IBM Garageのエキスパートにお問い合わせください。

Woodside社のロゴ

Woodside Energy社について

オーストラリアの大手天然ガス生産会社であるWoodside社(ibm.comの外部へのリンク)は、オーストラリアのパースに本社を置き、1954年に設立されました。同社は液化天然ガス(LNG)業界のパイオニアであり、アップストリームの総合エネルギー・サプライヤーとしての能力が評価されています。2020年に報告された同社の収益は36億米ドルであり、現在3,500人以上の従業員を抱えています。

製品・サービス

IBM™ Garage

© Copyright IBM Corporation 2021 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2022年2月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Enterprise Design Thinking、IBM Garageは、世界の多くの国で登録されているInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、Webサイト(www.ibm.com/legal/copytrade)をご覧ください。

本資料の内容(通貨の参照資料または税抜き料金体系の参照資料を含む)は、最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。