インドでは、AIで未来を形作る
Bestseller India社、インテリジェントなIBMソリューションでよりスマートに

インドのバンガロールの空港からタクシーで移動する間、Ranjan Sharma氏の頭の中は謎解きに追われていました。彼が最高情報責任者(CIO)兼サプライチェーン責任者を務めるBestseller India社は、国内で最も急成長しているファッション小売業者です。では、なぜトップブランドの売上が伸び悩んでいるのでしょうか?

2019年の夏、Bestseller India社の全体的な業績は印象的でした。11年前に起業して以来、同社は年平均50%以上のペースで成長してきました。インド全土の1,500以上の店舗で、顧客はJack & Jones、Only、Selected、Vero Modaなどの人気衣料品ブランドを買い求めました。

しかしその後、急成長する若者市場向けにデザインされたBestseller India社の一番人気であるOnlyブランドが逆風に直面しました。「突然売り上げが落ち、何が問題だったのかは何もわかりませんでした」とSharma氏は言います。「私たちは困惑し、なぜ下落しているのかを調べなければなりませんでした。」

Sharma氏と彼のチームは、答えを求めてムンバイからインドのIT首都バンガロールまで向かいました。「私たちは、新しいテクノロジーを導入できるだけでなく、ファッション分野をよく理解できるパートナーを探していました。」とSharma氏は言います。

テクノロジーはともかく、インドのファッション業界を理解するのは難しいことで知られています。約14億人の人口を抱えるインドには、何百もの方言、宗教、民族が存在し、消費者の好みは街ごとに著しく異なります。この規模で細分化された市場を追跡することは、最も優秀で経験豊富な商品プランナーやファッション・マーチャンダイザーでも難しいのです。

Bestseller India社は、デンマークに本社を置く世界的な小売業者であるBestseller社の子会社であり、Bestseller社は「ファスト・ファッション」(流行の服を数日から数週間でランウェイからラックに移動させる動的なビジネス・モデル)のリーダーです。ファスト・ファッションでは、ヒットすれば新鮮なデザインの服が飛ぶように売れます。しかし、新しいデザインが消費者に受け入れられなければ、在庫は値下げされ、その一部は埋め立て地に送られることになります。実際、世界のファッション業界全体では、生産された衣料品の20%が最終的に売れ残ります。

アパレル製造業界は、原材料、水、エネルギーの主要消費者でもあります。たとえば、綿のTシャツ1枚を生産するのに必要な水の量は4リットルにもなります。消費者の需要とデザインや生産をより密接に連携させることで、ファッション業界は利益を向上させながら、環境の持続可能性もサポートできるようになります。

歴史的に、ほとんどのファッション小売業者は、どのデザインを製造するか、どのくらいの量を生産するか、そしてどこで商品を販売するかを決定する際に、過去の経験と「直感」に頼る傾向があります。しかし、インド市場の多様性とダイナミズムにより、特にBestseller India社がなぜそのトップセラー・レーベルが期待どおりに業績を上げられなくなったのかを詳しく調べたとき、直感的な戦略には限界があることがわかりました。

Sharma氏は、バンガロールでの次の会議に臨む際、より適切な予測を立て、適切な製品を適切なタイミングで提供するために、デザイナーとバイヤーにとって技術的な優位性が必要であることを認識していました。そして、最終的にIBM Research研究所の専門家と話し合ったとき、彼は「IBMはAIを使用してデータから洞察を取り入れることで、これらの問題の解決を支援できないか」と率直に尋ねました。

業界初

 

インドのファッション業界では初の、AIを活用したファッション・プランニングおよび予測ツール

プレゼンスの向上

 

AIソリューションはさらに3つのブランドに拡大中

IBM Garageは、使用するのに最適なモデルです。テクノロジーとドメインを横断して、より良いソリューションを取得し、準備ができているものを活用できます。 Ranjan Sharma CIO and Head of Supply Chain Bestseller India
イノベーションの縦糸と横糸

IBMが、ITの経験と小売業界の見識という適切な組み合わせを提供してくれると確信したSharma氏と彼のBestseller Indiaチームは、すぐに求めていたものの範囲を拡大しました。Onlyブランドの売上を好転させることに加えて、Sharma氏はAIを活用した意思決定がもたらす競争上の優位性を活用することで、ビジネス・プロセスを変革する機会があることを認識しました。

IBM Consulting™との最初のIBM®コグニティブ・エンタープライズ・イノベーション・プロジェクトでは、Bestseller India社は非常に野心的な目標を設定しました。それは、シーズン前の設計、計画、生産、予測をサポートするAI機能を備えた全く新しいオーダーメイドのプラットフォームを開発することで、基本的には従業員にテクノロジーを提供することでプロセスを近代化することでした。「これは、企画チームが直感からAIが提供する情報へと移行し、私たちが実施したいと考える大きな変化でした」と、Bestseller India社のビジネス・ソリューション責任者であるSameer Ambalkar氏は述べています。

会社と従業員のこのような大きな変化をサポートするために、Bestseller India社は、革新的な実践と新しい働き方を導入できる専門家との協力を熱望していました。そこで同社は、人材、プロセス、テクノロジーを統合してビジネスと文化を変革する実証済みの開発フレームワークであるIBM Garage™と協力することを選択しました。IBM Garage Enterprise Design Thinking™ワークショップ中に、IBMとBestseller India社の専門家は、ユーザーがどのようにテクノロジーと接するかの調査から始め、共創のためのロードマップを作成しました。

「デザイナー、マーチャンダイザー、バイヤー、ブランド責任者、IT専門家、つまりこのツールを実際に使用するチームから意見を得るという点で、コラボレーションは最初から始まっていました」と、Bestseller India社のビジネス・トランスフォーメーション・マネージャーのZian Lakdawalla氏は述べています。「デザイナーとバイヤー向けにペルソナが作成され、これらすべてのアイデアがプロジェクトの開発につながりました。」

IBM Watson®のAIツールは、新製品に最適な製品を予測し、各店舗に適切な製品構成を決定し、サプライ・チェーンの効率化に役立てられました。「IBM Garageは、使用するのに最適なモデルです」とSharma氏は言います。「テクノロジーとドメインを横断して、より良いソリューションを取得し、準備ができているものを活用できます。」

このプロジェクトは、主要なビジネス・プロセスのインテリジェントなワークフローを構築することに重点を置き、AIを搭載したツールを通じてリアルタイムのデータと洞察にアクセスすることで、従業員がよりスマートに働き、時間をより効率的に使えるようにしました。「IBM が設計プロセスにテクノロジーを導入する必要があると言ったとき、それは大きなアハ体験でした」とBestseller India社のオンリーブランド・プロダクト・マネージャー、Mukta Srivastava氏は言います。「今後、デザイナーはファイルやデータの管理ではなく、より価値の高い仕事に多くの時間を費やすようになるでしょう。」

インド経済の巨大さと個々の市場間の大きな違いは、開発チームにとって大きな課題でしたが、IBM Garageフレームワーク内で対処できるものでした。「地域によって需要が大きく異なるため、それを理解することが非常に重要でした」とLakdawalla氏は言います。「私たちは、より良いセルスルー率を予測し、私たちの投資を最大化するために何が本当にトレンドなのかを確認するために、このツールがどれだけ優れているかを確かめたいと考えました。」

ソフトウェア開発をサポートするために、Bestseller India社は、最大限の可用性と柔軟性に対する同社の要件を満たすマネージド・プラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)オファリングであるIBM Cloud® Kubernetes Serviceを選択しました。

数か月にわたる作業と反復の後、Bestseller India社とIBM Garageのチームは、インドのファッション業界初のAIを活用したツールとなるFabric.aiと呼ばれるプラットフォームの61のユニークなコンセプトをブレインストーミングしました。

成功のパターン

Fabric.aiの最初のバージョンは、7つのコアAIモジュールと、デザイナー、バイヤー、マーチャンダイザー向けの6つの特定ツールの包括的なセットが含まれていました。ユーザーが前シーズンのデータにアクセスした場合でも、将来の使用のためにデータを更新した場合でも、Fabric.aiにより、製品のパフォーマンスを即座に認知分析することができました。

販売情報や製品情報を使いやすいビジュアル形式で表示するインターフェースにより、ユーザー・エクスペリエンスがさらに向上しました。当初の設計概要によれば、Fabric.aiは当初Onlyのアパレル製品に注力していましたが、将来的にはJack & JonesやVero Moda、その他のブランドにも対応できる拡張性を備えています。

「このプラットフォームは、ファッションを理解するという点でよく考え抜かれており、堅牢です。これにより、すべてのユーザーがより予測可能で簡単な形式でデータを取り込むことができます」とAmbalkar氏は言います。「このモデルはその核心であり、IBMはそれを実現する手助けをしてくれました。」

デザイナーは、新製品と前シーズンの製品を比較する視覚的な類似性ツールを使用できることを高く評価しています。「Fabric.aiは、関連性の高い画像形式の情報を精査するのに役立ちます。デザイナーにとっては、スプレッドシートを見るよりもはるかに簡単です」とSrivastava氏は言います。「お客様の要求により近い製品を提供し、ボタンをクリックするだけで過去のパフォーマンス情報を利用できるようにすることが、はるかに簡単になります。」

また、Fabric.aiは、小売店レベルでの特定の製品の販売実績についても、より詳細な情報を提供しました。「ストア・ビュー・オプションは、各店舗に適した品揃えを見つけ、購入チームやマーチャンダイジング・チームを支援します」とLakdawalla氏は言います。「このツールは、次のシーズンでどの製品が売れるかを予測するのに役立つだけでなく、サプライチェーンに集中し、現行製品のセルスルーに優先順位をつけ、在庫が山積みにならないようにするのにも役立ちます。」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより多くの店舗が閉鎖され、小売業界の大部分が停止に追い込まれている中、Fabric.aiを導入することで、通常のビジネス状況が再開した際に有利なスタートを切ることができます。「ある時点で、私たちはAIテクノロジーの使用を開始し、よりパフォーマンスの高い製品群を開発するために活用する必要がありました」とSrivastava氏は言います。「IBMとの取り組みは素晴らしいものであり、当社の提供方法とお客様に対する各製品のパフォーマンスに大きな変化をもたらすことになるでしょう。」

 

未来の生地

Bestseller社は2019年に、持続可能なファッションを前進させることを目的とした長期的な企業イニシアチブである「Fashion FWD」を立ち上げました。この戦略は、サステナビリティーが継続的なビジネスの成功の前提条件であるという信念に基づいています。

サステナビリティーは設計段階から始まり、デジタル設計プロセスにより創造的なプロセスの開始時に無駄を最小限に抑えることができます。デザイナー向けに最適化されたFabric.aiにより、Bestseller India社はバリュー・チェーンでより持続可能な素材の選択を事前に通知するデジタル・プラットフォームを手に入れました。

Fabric.aiはまた、より環境フットプリントの少ない衣料品を生産するためのデータ主導の視点を製品プランナーに提供します。

Bestseller India社におけるFabric.AIの導入は、「crop-to-shop(作物から店舗まで)」のサステナビリティーに関連する、インドにおけるもう一つの重要なファッションFWDサプライチェーン・イニシアチブと連動していました。2020年8月、Bestseller社はインドの2,000軒のオーガニック・コットン農家と、化学農薬や化学肥料を使わずに栽培された1,500トンのオーガニック・コットンを調達する契約を締結しました。これは、300万枚のTシャツを生産するのに十分な量のコットンです。

世界中の多くの国と同様、インドも新型コロナウイルス感染症によって大きな打撃を受けており、パンデミックにより、Bestseller India社が事業を展開する小売市場も混乱しました。パンデミック中にはBestseller India社の多くの従業員はリモートで勤務していますが、IBMのクラウドを活用したGarage Methodologyが仮想開発とコラボレーションをサポートしているため、Fabric.aiでの開発は続けられています。

「私たちはチームが必要とするサポートを提供し続けます」とLakdawalla氏は言います。「日が経つにつれて、月が経つにつれて、それは強化されていきます。このプロセスを前進させることが、最大のゲームチェンジャーになると私は感じています。」

「現在の状況を考えると、これは単に必要であるというだけでなく、今日ではなくてはならないものです」とSharma氏は言います。「店舗や倉庫は変化しています。現在と未来の課題を解決し、事業を再構築できる新しいビジネスモデルをどのように生み出すことができるでしょうか?これらはIBMと共に引き続き取り組んでいく課題です。」

Best Sellerロゴ
Bestseller India社について

ムンバイに拠点を置くBestseller India(ibm.com外部へのリンク)は、250の専売店を運営し、1,500以上の外部店舗でもブランドを販売しています。インドに3,500人以上の従業員を擁する同社は、デンマークに本社を置く親会社Bestsellerの組織の一部です。1975年に設立された非公開企業のBestseller社は、2,800以上のチェーンストアと12,000以上の外部マルチブランドストアを通じて、世界の70市場で事業を展開しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせください。

他の事例を見る IBMへのお問い合わせ IBMの最新情報をメールでお届けします
テクノロジー、ビジネス、ソート・リーダーシップの最新情報をお届けするニュースレターを購読してください。
登録
法務

© Copyright IBM Corporation 2020. IBM Corporation, IBM Consulting, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

米国で制作、2020年12月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Enterprise Design Thinking、IBM Cloud、IBM Consulting、IBM Garage、およびIBM WatsonはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Web サイトibm.com/trademarkで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。