対話型AIのためのチャットボットのセキュリティー
チャットボットのデータ・プライバシーを保護し、拡張性とセキュリティーの強化で脆弱性から顧客を保護します。
watsonx Assistantを試す デモの予約
チャットのセキュリティー強化を示すシールドと南京錠のイラスト
未知の脅威から企業を防御

watsonx Assistantは、ハッカーや顧客データの不正使用から保護し、ピーク時のバーチャル・アシスタントをサポートするために必要なチャットボットのセキュリティーと拡張性を、大規模で複雑、かつデータの影響を受けやすい組織に提供します。

 

参加する
メリット
データ所有権

watsonx Assistantは、インスタンス間で共有、記録されるデータを調整する機能を含め、データと洞察をコントロールできます。


データ分離

企業組織のさらなるニーズに対応するため、オプションのデータ分離機能によって物理的に分離され、他のユーザー・アカウントと共有されないシングル・テナントのデータ・ストア環境を提供します。


データ保護

高度な暗号化技術やプライベート・エンドポイントのオプションを使用した保存中および転送中のデータの暗号化により、データの安全性を確保します。


セキュリティーのテストとレビュー

内部および外部の侵入テスト、チャットボットのセキュリティー・テスト、継続的なレビューを実施することで、脆弱性やチャットボットのセキュリティー・リスクに対するデータとアプリケーションの保護をサポートします。


アクセス制御

組織内の誰が、個々のスキル、アシスタント、インスタンス全体を表示、編集するかを選択できます。


監査証跡

スキルやアシスタントにどのようなアップデートが行われたかを追跡し、重要なアクションの発生をより的確に把握します。

機能

導入の柔軟性と回復力に優れた機能を備えています。必要な場所に必要な方法でアシスタントを導入し、時間の経過とともに変更できます。

企業に合わせた拡張性

使用量が増減しても問題ありません。watsonx Assistantは、お客様のニーズに応じて成長し、お客様の需要に合わせて拡張できます。

オンプレミスでの導入

IBM Cloud Pak for Dataを使用して、お使いの環境内でアシスタントを実行できます。

IBMやその他のパブリッククラウド上で実行

IBM Cloudを使用して、価値実現までの時間を短縮します。Amazon、Google、Microsoftのクラウド上でも稼働できます。

高可用性と災害復旧

IBMのグローバル拠点には、少なくとも8マイル離れた3つのデータセンターがあり、アシスタントの可用性を確保するためにシームレスに稼動しています。

マルチゾーン・リージョンの可用性

watsonx Assistantは、高可用性をサポートし、顧客の中断とダウンタイムを最小限に抑えるために、マルチゾーン・リージョンで実装されています。

サービス・レベル契約

watsonx Assistantは、ご希望のプランに基づいて最大99.9%の可用性を提供します。

コンプライアンスと認証

導入の柔軟性と回復力に優れた機能を活用してください。必要な場所に必要な方法でアシスタントを導入し、時間の経過とともに変更できます。

ISO 27001、27017、27018

watsonx Assistantは、情報サイバーセキュリティーと、セキュリティー脅威やハッカーに対するデータ保護に関してISO認定を取得しています。

SOC 2

IBM Cloudのwatsonx Assistantは、SOC 2認定を取得しています。

米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)

watsonx Assistantのサポートは、watsonx Assistant Enterpriseプランを使用している組織が利用でき、IBMのワシントンDCとテキサス州ダラスのデータセンターでホストされています。

欧州連合GDPR

watsonx Assistantとその他の製品について、IBMはGDPR準拠をサポートするデータ・プライバシー、セキュリティー対策、およびガバナンスを提供します。

PCI DSS

watsonx Assistantは、クレジット・カード業界の情報セキュリティー基準(PCI DSS)に準拠しており、企業がクレジット・カード情報の受理、処理、保管、送信に必要な安全な環境を維持できるようにしています。

当社にとって顧客のプライバシーは最優先事項であり、IBMのサイバーセキュリティーと法規制順守への取り組みによって、当社の顧客データが適切に保管されているという安心感を得ることができます。 Bob Beatty氏 Executive Vice President、Chief Experience Officer GM Financial社 事例を読む

よくあるご質問

watsonx Assistantは、情報セキュリティー、チャットボットのセキュリティーとデータ保護に関してISO認証を取得しており、企業組織の高い基準を満たしています。

ほとんどのWatsonサービスはステートレスです。つまり、お客様が基本モデルの学習にお客様のデータを使用しないようにIBMに指示した場合、Watsonはお客様のデータを保管しません。監査は内部で実行されますが、お客様のチャットボットのセキュリティーとデータ・プライバシーを保護するために、監査プロセスを共有しません。

Watsonは、ディープラーニング、機械学習、自然言語処理(NLP)モデルに基づいて構築されており、顧客が予定の変更、出荷の追跡、残高の確認などを行うのを支援します。 Watsonはまた、機械学習アルゴリズムを使用して補足の質問をすることで顧客をよりよく理解し、必要に応じて人間の担当者に引き継ぐことができます。

強化されたインテント検出モデルをお試しください。英語の対話およびアクション・スキルのベータ機能として提供されているこの新しいモデルは、より速く的確です。従来の機械学習、転移学習、ディープラーニングの手法を統合したモデルで、実行時に高い応答性を発揮します。詳細については、 「意図認識の改善」を参照してください。

IBMは、お客様とビジネス・パートナーのGDPR準拠への取り組みを支援するために、各企業にデータ・プライバシー、セキュリティー、ガバナンスのための革新的なソリューションを提供するよう努めています。

IBM自身のGDPRへの対応やお客様の準拠への取り組みをサポートする、GDPR関連の機能と製品についての詳細は、こちらをご覧ください。

米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)のサポートは、ワシントンDCまたはダラスの拠点でホストされているEnterpriseプランで利用できます。詳細については、EUおよびHIPAAサポートの有効化を参照してください。

作成するトレーニング・データ(ユーザー例を含むエンティティーとインテント)に個人医療情報(PHI)を追加しないでください。特に、インテントやインテント・ユーザー例の推奨に利用するためにアップロードする実際のユーザーの発話を含むファイルからは、必ずPHIを削除してください。

次のステップ

セキュリティ機能が組み込まれたAIチャットボットを構築する準備をしましょう。 製品スペシャリストとの個人的なデモンストレーションの予約をして、watsonx Assistantが貴社のために何ができるかについてご相談になるか、無料プランで今すぐAIアシスタントの構築を開始してください。

無料評価版を試す 導入パターンと料金体系を見る
その他の参考情報 資料 チャットボットの構築方法 学習 コミュニティー