あらゆる場所でIDを利用

IBM Cloud Identity Connectは、オンプレミスのID管理とアクセス管理からクラウドに円滑に橋渡しするIDaaSソリューションです。Cloud Identity Connectは、クラウド・アプリケーションを適用する際にビジネスの俊敏性が向上するよう支援し、さまざまなデバイスからシングル・サインオンができるようにすることでユーザーの生産性を高め、既存のインフラストラクチャーを拡大してITの効率性をさらに向上させます。

任意のデバイスからのシングル・サインオン

アプリケーションを導入する際に、任意のデバイスから任意のアプリケーションへのシングル・サインオンを実現し、従業員の生産性を高めます。

オンプレミスの基盤を活用

IBM Access Managerからワンクリックでアクセスでき、クラウド・アプリケーションにアクセスするためにオンプレミスのディレクトリーを保持できます。

数分間で展開

SaaSアプリケーションを既存のオンプレミスのID管理とアクセス管理のソリューションにすぐに統合します。

主要な機能

  • シングル・サインオンによるログイン
  • アプリケーション・ランチパッドによって簡単にアプリケーションを検索
  • 委任機能によって管理者にアクセス制御の権限を付与
  • コネクターとテンプレートによる数千のアプリケーションへの容易な接続
  • 多要素認証によるセキュリティーの強化
  • ダッシュボードによるアプリケーションのリスクと使用状況に関する洞察の獲得
  • 統合による簡単なハイブリッド展開

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

シングル・サインオン
シングル・サインオン
アプリケーション・ランチパッド
アプリケーション・ランチパッド
委任
委任
コネクター
コネクター
統合
統合