IBM Security Application Gateway
コードを変更することなく、最新の認証機能をレガシー・アプリケーションに簡単に拡張できます。
2023 Gartner Magic Quadrant™を読む
IBM Security Verifyを示すイラスト
レガシー・アプリケーションの認証メカニズムをモダナイズ

組織がIAMソリューションのモダナイズを進めると、レガシー・アプリケーションの認証方法を変更するための資金、時間、または能力の不足が原因で、レガシー・アプリケーションが放棄されることがよくあります。IBM Application Gatewayは、以下を実現します。

  • コード不要の統合で、パスキーなどの最新の高度な認証機能をレガシー・アプリケーションにまで拡張します。
  • これによりすべてのアプリケーションで一貫したユーザー体験を構築できるようになります。
  • ユーザー・フローを統合ビューで作成し、リスクを軽減しながら、規制コンプライアンスを改善します。
  • 製品に依存せず、数分で構築できるため、すべての主要なIDプロバイダーをシームレスに統合します。
  • ネイティブなKubernetesとの連携で、優れたパフォーマンス、拡張性、統合を実現し、追加の依存関係は生じません。
KuppingerCole社がIBMをIAMリーダーとして選出した理由はこちら
IBM IDおよびアクセス管理(IAM)に関する2024年度EMA影響評価の概要

攻撃者の戦術を見抜き、ID保護に関する推奨事項をご確認いただくには、X-Force Threat Intelligence Index 2024をご覧ください。

ウェビナーに参加して、IDの複雑さを解消する方法をご確認ください。

メリット レガシー・アプリケーションを簡単に更新

Application Gatewayは、IBM Security Verify、Okta、Microsoft Entra ID、Ping、および規制に準拠したOIDC OPを含むすべての主要なIDプロバイダーとシームレスに連携し、コード不要の統合で、最新の認証メカニズムをレガシー・アプリケーションにまで拡張します。

一貫性のあるユーザー体験の提供

コード不要の統合により、Application Gatewayは、最新のアプリケーションで使用するのと同じ認証方法で、レガシー・アプリケーションにログインできます。

セキュリティー体制の強化

予算の追加やスキルを強化する必要がなく、一貫したユーザー・ポリシーを簡単に管理、適用し、変化する規制に準拠し、企業全体のIDを一元管理できます。

購入方法

Application Gatewayの料金体系オプションについては、IBMのエキスパートにご相談ください。

参考情報 ハイブリッド環境でのIDソリューションの簡素化

効果的なIDファブリックがサイロを排除し、複数のソースやプラットフォームにわたる管理をどのように簡素化するかをご覧ください。

IBM IAMソリューションに関する2024年度EMA影響評価の概要

IBM Security Verifyを備えて強化されたIDおよびアクセス管理(IAM)機能についてご確認ください。

ハイブリッドクラウドでハイブリッドIDのサイロを統合

IBM VerifyでID管理のサイロ化を排除する方法を説明します。

関連製品 Identity Fabricソリューション

製品に依存しないIDファブリックを構築することで、企業はID管理の複雑さを軽減できます。

IBM Verify Directory

拡張性が高く、コンテナ化された堅固なディレクトリー・ソリューションを通じて、企業のID管理を統合し、一元化します。

IBM Verify Trust

IAMシステムのリスクに対する信頼性を付加して、よりスマートな認証管理を実現します。

Verify製品の詳細はこちら
詳細情報はこちら

Application Gatewayを今すぐご利用になるには、IBMのエキスパートまでご連絡ください。