AI の大規模活用

IDC社によれば、AIテクノロジーへの投資は、今後4年間で2倍以上になると予想されています¹ 。AIの活用は、ビジネス・プロセスの変革、顧客エンゲージメントと従業員の生産性の向上、ビジネス・レイリエンシーの強化を促します。

企業は、顧客との関わり方、社内での運営方法、パートナーとの対話方法を急速に変化させて、変化に適応する必要に迫られています。AIの全社的な活用は、DXを加速します。AIの大規模展開を可能にするデータ基盤の準備は出来ていますか?

世界レベルで加速しているAIの導入。調査対象の74%の企業がAIを検討または実装済みのなか、3 社に 1 社以上の企業が、AI に移行する過程で困難に直面しています。2021年版のAI導入調査レポートをご紹介します。

戦略

データドリブン文化の確立

全社的に最善の実行計画を策定して、逆風下でも、優れた顧客体験の提供を可能にします。

最新テクノロジーを採用して競争力を向上

オープンなハイブリッドクラウド戦略を通じてAIを導入して、データの価値を引き出し、競争上の優位性を築いてください。

ビジネスにAIの活用は不可欠

他社に先駆けてAIを採用した企業の85%以上が、運用コストの削減を実現。収益増の10~12%がAIによるものだとわかりました。

ユースケース

より迅速に結果を出す

自動車のエンジンの作業をする整備士を頭上から見た画像

より迅速に結果を出す

任意のクラウド上で稼働する、オープンで拡張可能なデータとAIのソリューションが、データ管理、DataOps、ガバナンス、分析、AIのモダナイズを支援します。

データにAIを適用

氷の間を航行する船の空中写真

データにAIを適用

IBM Watson®は、企業がAIに対する障害を解消するために役立つ、任意の場所で稼働する唯一のAIです。 

AIを実行、保守、拡張

円を描いて航行する2隻の高速ボートの航空写真

AIを実行、保守、拡張

お客様のデジタル変革の強化とスピードアップを支援するために、IBMの持つ業界と技術に関する深い専門知識を利用して、チーム全体でAIアプリケーションの開発と導入を行います。

業界のトレンド

銀行

個人のニーズに寄り添う、共感できるカスタマー・サービスを提供します。

製造

AIを活用すると、すべてのタッチポイントで顧客体験を変革し期待を超えるサービスを提供できます。

小売・消費財

AIを活用すると、すべてのタッチポイントで顧客の体験を変革し顧客の期待を超えるサービスを提供できます。

お客様向けご相談窓口

お客様ご相談窓口

初期費用やお客様の要件に合わせた構成についてもご相談可能です。
ビジネスでのデータ / AI 活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

脚注

¹ IDC「IDC Reveals 2021 Worldwide Digital Transformation Predictions」2020年10月。(IBM外部へのリンク)