Power Systems

クラウド化による次世代システム基盤への変革

記事をシェアする:

企業におけるパブリック・クラウドの利用が拡大するにつれ、アプリケーションの作りも変わってきています。従来は、業務用件ごとに特定の基盤上で一枚岩のアプリケーションを構築していました。一般的にこのようなアプリケーションを、「モノリシック・アプリケーション」と呼びます。一方で、クラウドの活用とその俊敏性や回復力といった特性を活かすために、小さなサービスを組み合わせて一つのアプリケーションとして見せる「マイクロサービス」という考え方が急速に広がってきています。

マイクロサービスでは、アプリケーションを小さなサービスに分けて構築します。アプリケーション開発者は、各サービス間の接続方法を担保しておけば、自分が担当する範囲のサービスに集中できます。そして、マイクロサービス指向のアプリケーション開発を行う際に、仮想マシンよりも格段に軽快かつ素早くプロビジョニングできるコンテナーが利用されるようになってきています。

サービスごとにコンテナーを作成し、複数のコンテナーを組み合わせることで一つのアプリケーションが動くように設計します。よって、複数のコンテナーを連動させて一つのアプリケーションとして動かすためには、全てのコンテナーを監視・管理・拡張する必要があります。それぞれのコンテナーがどのように配置されるか、どのようにサービスとして提供されるかを、動的なオーケストレーションによって実現するのです。そのためのツールとして、Kubernetesのようなオープンなテクノロジーに注目が集まっています。

オープン・テクノロジーでオンプレミス環境にクラウドのメリットを

IBMでは、これらの技術を容易に活用するためのソフトウェアとして、IBM Cloud Privateを提供しています。コンテナー環境の活用を促進するDockerやKubernetesに加え、アジャイルな開発・運用を支えるためのツール群やログ解析などの運用管理ツールがパッケージされており、プライベート・クラウドの構築にすぐに取り組めます。

IBM Cloud Privateでは、IBM WebSphereやIBM Db2な どで構築された業務アプリケーションに加え、AI/IoTなどの新たなワー クロード向けの開発・運用環境にもコンテナーを利用できます。また、IBM Cloud PrivateはVMwareやPowerVMといった仮想マ シンベースの環境も同時にサポートしています。つまり、IBM Cloud PrivateにバンドルされているIBM Cloud Automation Managerによって仮想マシンの環境構築が自動化され、クラウド環境への親和性を高めつつ、従来システムの運用効率を改善することができるのです。

IBM Power Systemsへの投資を保護するクラウド対応

オンプレミス環境でパブリック・クラウドのメリットを実現するIBM Cloud Privateは、IBM Power Systemsにも対応しています(関連ブログ:IBM Cloud Privateもサポートする新技術に関する話題)。そして、IBM AIXの仮想マシンを実際にデプロイしている様子を収録したビデオもご覧いただけます。

IBM Cloud Automation Managerは、IBM PowerVCと連携して自動的にLPAR (Logical PARtition: 論理区画)を構成でき、IBM AIXのデプロイを自動的に行えるよう登録することもできます。登録された内容はIBM Cloud Privateのカタログ画面から選択することもできるため、カタログからはコンテナーだけなく仮想マシンのデプロイまで実施できます。

ミッションクリティカルな業務システムとしてPower Systemsをご利用いただいているお客様は、従来のシステム運用を効率化しながら、PowerAI VisionH2O Driverless AIといったGPUを活用するAIワークロードもコンテナーとして利用できます。基幹システムの新鮮なデータのすぐ近くでAIを活用し、これまでのシステム価値をさらに拡張できるのです。Power Systemsはマルチクラウド環境におけるミッションクリティカルな業務を支えるため、最新のオープンなテクノロジーへの対応を行いながら、お客様のこれまでの投資を最大限に活用できるよう今後も進化を続けていきます。


More Power Systems stories

ミッション・クリティカルなシステムを守る Power Systems の HA/DR ソリューション

IBM Power Systemsは、基幹業務ワークロードから次世代のAIに至るまで、先進的なデータ・アプリケ […]

さらに読む

Watson Machine Learning で加速する Power Systems の AI

機械学習のトレーニングを最大46倍高速*1にするIBM Power Systemsと新しいWatson Mac […]

さらに読む

APIで基幹業務をデジタルサービス化する

IBMグローバル経営層スタディによると企業のITは顧客接点と基幹業務の異なる2つの観点の強化が必要となっている […]

さらに読む