概要

IBM PowerVC Virtualization Centerは、仮想化とクラウド管理のための先進的なソリューションです。OpenStackで開発された本ソリューションを導入すると、IBM Power Systems上で稼働するIBM AIX、IBM i、および仮想マシン(VM)の仮想化管理とクラウド導入を簡素化できます。また、管理者の生産性を高め、Power Systemsサーバー上のVMのクラウド管理を簡素化できます。PowerVCは、Power Systemsの拡張性の高いクラウド管理の基盤を提供し、OpenStackテクノロジーに基づく先進的なクラウド統合機能を備えています。
IBM PowerVC

導入の迅速化

インストールと構成が簡単なため、時間とITコストを削減でき、ビジネス価値を迅速に生み出します。

使いやすさ

直感的なユーザー・インターフェースにより研修のコストを削減でき、特別なスキルは不要です。

リソースの使用率を改善

リソースを蓄積してポリシーに基づいて配置できるため、リソースの使用率が上昇し、大幅なコスト削減を実現して、IT部門の負荷を低減できます。

リソースの制御

ホストをグループ化することで、管理対象の総リソースの一部をポリシーに基づいて個別に制御できます。

ワークロードの分散

Dynamic Resource Optimizerのポリシーに基づく自動化機能により、ホスト・グループ内で有効なワークロードを分散できます。

主要な機能

  • 仮想化とクラウド管理の簡素化
  • 簡単にVMを複製し、一貫性と迅速な導入を実現
  • 新規のワークロードをセルフサービス形式で簡単にクラウド上にプロビジョニング
  • I/Oリソースの構成を自動化
  • ポリシー・ベースのワークロード配置による管理の簡素化
  • 仮想マシンのキャプチャー機能を含む仮想イメージの管理