IBM Z

IBM Z Student Contest〜世界規模のプログラミング・コンテスト

記事をシェアする:

本コンテストは終了いたしました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。


IBM Z Student Contest は、プログラミング・コンテスト開催に定評のあるHackerEarth社が主催する、世界中の学生を対象としたプログラミング・コンテストです。

IBM Z Student Contest
・参加登録期間:2021年10月15日(金)~ 2021年11月23日(火) 01:59 PM (日本時間)
・開催期間:2021年10月15日(金) 01:00 PM ~ 2021年11月23日(火) 01:59 PM (日本時間)

 

IBMはスポンサーとしてコンテストを後援しており、IBMが誇るフラッグシップ機である「IBM Z」に関する企業向けコンピューティングの実践的なスキルをもとにプログラムの品質を競っていただきます。

コンテストは5つのステージで構成されており、エディターとしてオープンソースのVSCode、プログラミング言語としてPythonやCOBOLなどを用いて、ストーリー仕立ての課題を進めていただきます。

後述しますが、コンテストの基礎となるスキルに関しては、IBMが提供するスキル道場「IBM Z Xplore」にて段階的に習得可能となっておりますので、プログラミング未経験の方でも安心して取り組んでいただけます。
なお、プログラミング・コンテスト「IBM Z Student Contest」への参加にあたっては、スキル道場「IBM Z Xplore」の「Fundamentals」「Concepts」を完了していることが強く推奨されています。

コンテストの実行環境は企業向けコンピューター「IBM Z」

IBM Z」はIBMが開発・製造している企業向け大型コンピューターであり、学生の皆様が利用しているであろうクレジットカード会社や銀行などの企業にも採用されています。

クレジットカード会社を例にとれば、1秒あたり数万件の取引を安全かつ正確に処理する性能をIBM Zは提供します。また、企業向けですので、業務に影響を及ぼすような「システム停止」を起こさない設計のコンピューターでもあります。

コンテストの参加者がアクセスする「IBM Z Student Contest」の実行環境であるIBM Zは、上述したような性能を発揮するコンピューターなのです。

「IBM Z Student Contest」の進め方

  • STAGE ONE:Z escape vehicleの組み立てに必要なターゲットパーツを明らかにする
  • STAGE TWO:ファイルシステムを探索し、隠されたコードを見つけ出す
  • STAGE THREE:Z escape vehicleの所在地を示すフィールドを取り出すコードを実装する
  • STAGE FOUR:Z escape vehicleの位置情報から地図を生成する
  • STAGE FIVE:Z escape vehicleのパーツや位置情報をもとに、出力を生成するパイプラインを作成する

なお、「IBM Z Student Contest」は世界規模のコンテストであるため、ガイドは全て英語です。英語が苦手な方も多いと思いますが、英語の勉強にもなると思って頑張っていただきたいです。

スキル道場「IBM Z Xplore」のご紹介

IBM Z Xplore は業界で認められているデジタル・バッジを獲得しながら、企業向けコンピューティング・スキルを習得することが可能で、年間を通してご利用いただける学習プログラムです。

スキル道場「IBM Z Xplore」は3つのレベルから構成されており、プログラミング未経験の方でも段階的にスキルを習得していただけます。

  • Fundamentals:VSCodeのインストールから始まり、JCL・USSなどIBM Zの基本的なスキルを習得する
  • Concepts:IBM Zの高可用性・セキュリティ・ミドルウェアなどについてクイズ形式で学習する
  • Advanced:Db2・Ansibleなどの技術を用いた発展的な課題に取り組む

なお、プログラミング・コンテスト「IBM Z Student Contest」への参加にあたっては、スキル道場「IBM Z Xplore」の「Fundamentals」「Concepts」を完了していることが強く推奨されています。

IBM Z Xplore 日本語解説動画のご紹介

スキル道場「IBM Z Xplore」は米IBMが運営しているため、コンテストと同様、ガイドは全て英語です。

そこで日本IBMの若手社員が中心となって IBM Z Xplore のアカウント登録・VSCode のセットアップや、課題の中でつまづきやすいポイントに関して、日本語の解説動画を作成しています。

Part 0(IBM Z Student Contest・IBM Z Xplore とは)

Part 1(IBM Z Xplore のアカウント登録)

Part 2(VSCode のセットアップ)

Part 3(Fundamentals「JCL1」解説)

Part 4(Fundamentals「CODE」解説)

Part 5(Fundamentals「REXX」解説)

Part 6(Fundamentals「Wrap Up」解説)

解説動画リスト

「IBM Z Student Contest」概要ご紹介セミナー開催報告

2021年9月30日にオンラインで学生を対象に「IBM Z Student Contest」概要ご紹介セミナーを開催しました。当セミナーでは、IBM Zの業務に携わるITスペシャリスト職および営業職の若手社員が中心となり、学生にIBM Z Student Contestの魅力を知っていただくためのコンテンツを企画・実施しました。

イベント当日の映像を公開しました。全体で約40分の映像となりますので、以下のアジェンダに書かれている再生開始位置の時間を参考に、効率的に視聴ください。

アジェンダ

  • 学生向けプログラミングコンテスト IBM Z Student Contest 概要のご紹介 [2:38~]
  • コンテスト登録のご案内 [12:54~]
  • Master the Mainframe(IBM Z Student Contestの前身)に参加後入社した社員の体験談(対談) [14:48~]
  • お悩み相談会(事前にいただいたご質問にIBM社員が回答) [27:08~]

イベント当日の様子


More IBM Z stories

柔軟性、アジャイル開発、そして安全性を実現する、IBM Zでのアプリケーション・モダナイゼーション

この2年間で、IT企業の経営者にとっての優先事項は変わりました。従来からのビジネス・スタイルから、デジタル・トランスフォーメーションへの急速なシフトへと、パンデミックの影響は計り知れないものがあります。このようなデジタル […]

さらに読む

IBM Z 移行の勘所 – お役立ちブログ情報編

IBM Z をご愛顧いただいているお客様、また IBM Z の導入、展開、移行に際しお世話になっておりますビジネスパートナー向けに、このたび、IBM Systems Japan Blog に IBM Z 移行に関するお役 […]

さらに読む

Red HatとIBM Zでさらに加速するアプリケーション開発

アプリケーションの開発・展開を加速させ、さらに大規模なシステムを管理するにはどうすればよいのか。 これは、ハイブリッドクラウド時代に世界中の企業が直面している課題であり、ITインフラをIBM ZやLinuxONEを活用し […]

さらに読む