Teruhito Hosono

古典コンピューティングの現在と未来

今日のほぼ全てのコンピューティング(古典コンピューティング)は、数学と情報学を組み合わせた「Bit : ビット」により情報を「0」と「1」で表現し、処理を行なっています。 社会インフラを支えているコンピューティング・シス […]

さらに読む

AIとニューロ・コンピューティングの現在と未来

近年、AIの進歩は目を見張るものがあります。その躍進のきっかけとなったのが、深層学習/ディープラーニングです。脳の神経細胞や神経回路網を模倣した数理モデル(ニューラルネットワーク)が、学習データから自ら学び、画像、音声、 […]

さらに読む

量子コンピューティングの現在と未来

量子コンピューティングは、物理学(量子力学)と情報学を組み合わせた「Qubit : 量子ビット」により情報を表現し、処理を行う、まったく新しいタイプのコンピューティングです。 古典ビットは0と1のどちらかの状態をとります […]

さらに読む

次世代 IBM Power10 プロセッサーを公開

世界中でハイブリッドクラウド・モデルへの移行が加速する中、企業が日々利用しているシステム全体にわたり、より優れた柔軟性や効率性、セキュリティーを提供する新たなツールが求められています。本日IBMは、今週開催されているHo […]

さらに読む

新たなハイブリッドクラウド対応がもたらす柔軟性と選択肢

私たちがこれまでに経験したことのない混乱は、企業が事業の継続性とイノベーションの優先順位を明確にし、デジタル変革やモダナイゼーションをどのように推進していくのかを再考する機会となりました。 お客様は、本日発表するIBM […]

さらに読む

ハイブリッドクラウド環境のアプリケーション展開

多くの企業が、一部のワークロードをクラウドに移行中もしくは、すでに移行済であることは周知の事実です。今日、企業における最も一般的なITインフラストラクチャー戦略は、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドの […]

さらに読む

Red Hat OpenShift 4.3がPower Systemsに対応

2020年4月、Red Hat OpenShift Container Platform for Power V4.3が発表されました。さらに、6月にはOpenShift V4.3に対応したIBM Cloud Pak f […]

さらに読む

AnsibleによるPower Systemsの自動化

IBM Power Systemsは急速に進化しており、AIX、IBM i、Linux on Power Systemsは大きな恩恵を受けています。ハイブリッド・マルチクラウド環境では、すべてのプラットフォームに一貫性と […]

さらに読む

AIパズル 最後のピース「推論」

人工知能は複雑であり、AIイニシアチブを推進する方法は複数あります。私は、AIをジグソーパズルと考えるのが好きです。複数の駒(AIのステップ)がお互いに依存し合って絵を描いていて、それぞれの駒がゴール(ビジネス上の洞察) […]

さらに読む