IBM Cloud Blog

チュートリアル: サーバーレスのWebアプリのトラフィック統計情報を収集し分析するには

記事をシェアする:

この投稿は、2021年3月11日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

GitHubのトラフィック分析にIBM Cloud Code Engineを活用する方法

数年前に、IBM Cloud Foundry と IBM Cloud Functions をベースにした GitHub トラフィック分析のための IBM Cloud ソリューション・チュートリアルを紹介しました(参考:英文ブログ)。トラフィック・データを収集するために毎日Cloud 機能のアクションがトリガーされ、データをDb2データベースに保存した後、IBM Cloud Foundryで提供されるPython Flaskアプリでデータを分析することができます。

今日でも、これと同じソリューション・シナリオとアプリは利用可能で(参照: ドキュメント)、IBM Cloud Code Engine (英文)によって提供されています。IBM Cloud Code Engineは、フル・マネージドのサーバーレスのプラットフォームで、Webアプリ、マイクロサービス、イベント・ドリブンな関数やバッチ・ジョブなど、コンテナ化されたワークロードを実行します(参照:ドキュメント)。もうひとつ、別のチュートリアル(英文) では、既存のアプリをコンテナ化して、Webアプリとして提供すると同時に、毎日のデータ収集イベントの処理に使用する方法を示しています:

Solution architecture for serverless web app and eventing.

サーバーレスのWebアプリとイベンティングのソリューション・アーキテクチャー

サーバーレス・アプリケーション

サーバーレス・コンピューティングとは、一般的なインフラ管理作業(スケーリング、スケジューリング、パッチ適用、プロビジョニングなど)をクラウド事業者やツールに任せることで、エンジニアがアプリケーションやプロセスに特化したビジネス・ロジックに時間と労力を集中させることができるコンピューティング手法です。また、IBM Cloud Code Engineが採用しているコンピューティング・モデルでもあります。そのため、チュートリアルで取り上げたソリューションのシナリオにもぴったり当てはまります。

ユーザーはWebアプリケーションにアクセスして、GitHubのトラフィック・データを見たり分析したりすることができます(上のアーキテクチャ図の[1]参照)。このアプリ自体は、 IBM Cloud App ID セキュリティー・サービスに依存してユーザーを認証します。また、トラフィック・データやその他のアプリ・データをIBM Db2 on Cloud データベースに保存します([2]参照)。さらに、このアプリは毎日([3]参照)、GitHubから新しいトラフィック・データを収集するために起動されます([4]参照)。Webアプリケーションが必要とされる頻度は低く、データ収集は1日1回なので、このソリューションは、サーバーレス・コンピューティング・モデルと、リソースの自動アップ・ダウン(オートスケーリング)のメリットを受けています。使用されていないときはコストがかかりません。

 

コンテナ化されたソリューション

このチュートリアルのコードは、GitHubのリポジトリーで公開されています(参照(英文))。このチュートリアルでは、アプリを含むCode Engineプロジェクトを設定します。GitHub 上のコードからコンテナ・イメージとしてビルドされるようにアプリを構成します。コンテナ・イメージは、IBM Cloud Container Registryに保存されます。そこからIBM Cloud Code Engineによって取得され、アプリのリビジョンのデプロイに使用されます。

わずかな手順で、すべてを設定し、アプリと必要なサービスをデプロイすることができます。デプロイが完了すると、トラフィック・データが毎日収集され、アプリ内でデータ・テーブルや以下のようなチャートを使って分析することができます:

Line chart with daily views for GitHub repositories.

GitHub リポジトリーの日別折れ線グラフ

 

まとめ

GitHub のトラフィック統計を分析するソリューションには、IBM Cloud Code Engineが適しています。トラフィック・データを毎日収集することが予定されており(イベンティング)、実際のWebアプリはあまり使用されません(サービング)ので、サーバーレスのコンピュート・モデルや、リソースの自動アップ・ダウン(オート・スケーリング)の恩恵を受けることができます。使用されていないときは、コストがかかりません。git リポジトリーから直接コンテナをデプロイすることで、簡単に使用することができます。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2021/3/11に発行された“Tutorial: Serverless Web App and Eventing(英語版)”の抄訳です

More IBM Cloud Blog stories

第9回『サーバーレスとバッチ処理の運命的な出会い』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

コンテナオーケストレーション環境であるKubernetesを利用して得られるメリットとして何が思いつくでしょうか? 良く聞く中には、コンテナ(Pod)がダウンした際に自動復旧する、複数のコンテナが分散配置されることで、W ...続きを読む


第8回 『IBMが企業におけるコンテナ利用実態を調査!採用する企業の急増』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。コンテナ共創センターを担当しております佐々木です。 日本企業でもいよいよキャズムを超えたと言われているコンテナですが、実際の現場ではどうでしょうか? アプリケーションのコンテナ化という概念は数十年前からありま ...続きを読む


総覧 : 2021年度 IBM Cloud関連 お客様事例

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

このブログでは、2021年度に、IBM Cloudをご利用いただき、そのお取り組み内容を広く一般に公開されたお客様並びにパートナー様をご紹介します。あらゆる業種、さまざまな企業規模のお客様が、どのようなビジネス・シーンで ...続きを読む