IBM Cloud Container Registryとは

完全に管理されたプライベート・レジストリーにコンテナー・イメージを保管したり配布することができます。プライベート・イメージをプッシュすれば、IBM Cloud™ Kubernetesサービスやその他のランタイム環境で簡単に実行できるようになります。イメージはセキュリティー上の問題がないか検査されるため、デプロイメントに関して情報に基づいた意思決定を行うことができます。

IBM Cloud Container Registryの機能

脅威に関する洞察

脆弱性スキャン、デプロイメント・ポリシーの適用、包括的なリスク評価、優先順位付けといった拡張機能を活用することで、セキュリティー・コンプライアンスについての洞察を得たり、静的なイメージとライブ・コンテナへの制御を持つことができます。

統合

IBM Cloudの優先イメージ・レジストリー。IBM Open Toolchainやお客様のCI/CDツール・セットを使用したDevOpsワークフロー向けのKubernetesサービスと事前に統合されています。

セキュリティー

Identity and Access Managerおよびリソース・グループとの統合により、IBM Cloudアカウント内のユーザーに対するきめ細かいアクセス制御が可能になります。Docker Notaryとの統合により、イメージの署名機能を使用できます。

以下のチュートリアルから、簡単に利用を開始できます。

IBM Cloud Container Registry CLIおよびレジストリー名前空間のセットアップ

IBM Cloud Container Registry CLIをインストールすれば、コマンド・ラインでIBM Cloudプライベート・レジストリー内の名前空間とDockerイメージを管理できます。

今すぐセットアップする

CLIをインストールする

イメージの脆弱性をモニター

IBM Cloudコンソールを使用して、潜在的な脆弱性に関する情報およびIBM Cloud Container Registryのパブリック・リポジトリーおよびプライベート・リポジトリー内のイメージのセキュリティー情報を表示することができます。

確認する

イメージの脆弱性のモニター

脆弱性アドバイザーによるイメージのセキュリティー管理

脆弱性アドバイザーは、IBMやサード・パーティーによって提供されたコンテナ・イメージまたは組織のレジストリー名前空間に追加されたコンテナ・イメージのセキュリティー状況をチェックします。

今すぐ使ってみる

脆弱性アドバイザー

お客様独自のリポジトリーの作成

今すぐIBM Cloud Container Registryを始めましょう

コンテナ・イメージの保管の方法を確認しましょう。