Maximo EAM

日立ソリューションズ東日本、Maximoを基盤にした戦略的設備管理ソリューションを提供

IBM Sustainability Software

  株式会社日立ソリューションズ東日本は、企業が保有する設備資産を中心に作業情報や資材情報など様々な情報を一元管理することで、最適な保全計画を立て、資産の価値を最大化する「戦略的設備管理ソリューション」の提供開 ...続きを読む


[事例] クウェート石油会社 | あらゆる機器資産と業務プロセスをMaximoで管理

IBM Sustainability Software, 事例, 設備保全・高度解析

  当記事は、クウェート石油会社のシニアITスペシャリスト、アシム・フセイン氏他による『How to increase productivity and reduce costs with IoT and Ma ...続きを読む


保全戦略を進化させる設備管理パッケージIBM Maximo(保全管理基盤編)

IBM Sustainability Software, 設備保全・高度解析

  企業の設備管理・保全業務が今、大きく変わろうとしています。AIとIoT技術の実用化が進み、保全対象の設備がIoTセンサーを通じて稼働状況をリアルタイムに可視化し、収集されたデータのビッグデータ解析をすること ...続きを読む


IBM Open Technology Summit 2020 「本番志向!!業界特化型 IBM IoTソリューション」レポート

IBM Sustainability Software, イベントレポート, 設備保全・高度解析

  「量子コンピューター、オープンテクノロジー、クラウド…。そうした新たなテクノロジーが次々出現する中で、われわれIBMはどこから来たのか、そして今どこにいて、どこへ向かうのか。 今日はそれをご来場の皆さまにご ...続きを読む


ガートナー、2019年版のマジック・クアドラントでもIBM MaximoをEAMソフトウェアのリーダーと評価

IBM Sustainability Software, 技術動向・トレンド, 設備保全・高度解析

  ■ ガートナー、Maximoを10年以上連続エンタープライズ資産管理のリーダーとして評価 IBMは、2019年のガートナー社のマジッククアドラント(特定テクノロジー市場で競合している各社を相対的に位置付ける ...続きを読む


AIとIoTで、設備資産管理を「周期基準対応」から「状態基準対応」へ

IBM Sustainability Software, 設備保全・高度解析

  安価なセンサー、低コストの通信、そしてクラウドコンピューティングの普及により、さまざまなモノ(Things)から莫大なデータが生みだされ発信され続けています(IoT: Internet of Things) ...続きを読む


「IDC MarketScape」調査で IBM Maximoがクラウド型のEAMアプリケーション分野のリーダーに!

IBM Sustainability Software, 技術動向・トレンド, 設備保全・高度解析

  数百万人もの現場リーダー、オペレーター、現場作業者たちが、毎日のビジネスをCMMSやEAMなどの保全管理システムを立ち上げ確認する作業からスタートしています。 その作業において、もっともたくさんの人が立ち上 ...続きを読む


Think Summit 2019レポート#6 – AIとIoTにより設備・機器データが生み出すビジネス優位性

IBM Sustainability Software, イベントレポート, 設備保全・高度解析

  6月18日から4日間、寺田倉庫を起点に天王洲地区で開催されたThink Summit 2019。 今回は3日目の「Summit Industry Day」からセッション「AIとIoTにより設備・機器データが ...続きを読む