cloud

オープン・ソース・テクノロジーによる、モダナイゼーションの簡素化と、クラウド・ネイティブの構築

記事をシェアする:

クラウド・ネイティブ・テクノロジーは、アプリケーション開発の新しい標準です。クラウド・ネイティブは、アジャイルと運用コスト削減により、計り知れないビジネス価値を生み出します。さらにこの両輪が、新たなビジネス・チャンスを支援します。
アプリケーション開発での進歩においては、まったく新しいアプリケーションが重要視されてきました。私たちは、クラウドに簡単に移行できない既存のアプリケーションが、従来のテクノロジーから抜け出せない状況を見てきました。実際、IBM が委託した McKinsey & Company 社による調査を見ると、クラウドに実装済みの企業ワークロードは 20% 足らずです。
IBM はオープン・ソースが新しいハイブリッド・マルチクラウド環境の基盤であると考えており、2019年の IBM による Red Hat の買収は、IBM の長年のオープン・テクノロジーへの取り組みを浮き彫りにしました。

 

オープン・ソースにより一貫性と選択肢を提供

コンテナ、Kubernetes、Istio、Knative などの主要なオープン・ソース・テクノロジーは、一体となって新しいハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォームを定義し、クラウド・プロバイダーの一貫性と選択肢を提供します。これらのテクノロジーにより、開発者は、ベンダーを自由に選択できる共通のテクノロジー基盤を使用して、企業ワークロードをサポートするアプリケーションを構築できます。また、企業がパブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドの各プラットフォームにアプリケーションを思いのままに実装できるようにします。
Kubernetes は、一貫したワークロード管理を行うコンテナ・オーケストレーション・レイヤーを提供します。Kubernetes は、さまざまなテクノロジーにわたって一貫した運用プラットフォームを維持し、開発者は言語、ランタイム、フレームワークをすべて自由に選択できるようになります。このアプローチは、既存のエンタープライズ・アプリケーションだけでなく、マイクロサービス・ベースのコンテナ・アプリケーションの基盤を提供します。

 

IBM の新しいオープン・ソース・プロジェクトによる、クラウド・ジャーニーの加速

2017 年に、IBM はソフトウェア・ポートフォリオをコンテナと Kubernetes へとモダナイズする取り組みを開始し、100 を超える製品を Red Hat OpenShift 向けに最適化しました。IBM は、自身の取り組みだけでなく、お客様やパートナー様の事例を通してモダナイゼーションに精通しており、これまで移行またはモダナイズしたワークロードは 100,000 件を超えます
IBM は新しい IBM Cloud Pak for Applications により、自身の経験を一連のテクノロジーに昇華させ、クラウド・ジャーニーの加速化を実現してきました。IBM Cloud Pak for Applications は、オープン・ソース・テクノロジーに基づいて構築されており、Kabanero.io と Red Hat Runtimes を介して WebSphere ワークロードを任意のクラウドに移行するように設計されたツール、テクノロジー、プラットフォームを提供します。
IBM Cloud Pak for Applications は、企業が任意のフレームワークやランタイム (Java™、Open Liberty、SPRING BOOT® with Tomcat®、JBoss®、Node.js®, Vert.x などを使用するものを含む) を保護し、キュレートできるようにする、豊富なオープン・ソース・テクノロジーと機能を備えています。IBM Cloud Pak for Applications は、すべてのオープン・ソースのフレームワークやランタイムに対して脆弱性スキャンを実行して、セキュリティー問題を防ぎます。すべての IBM Cloud Paks に Docker 社認定のミドルウェアが組み込まれており、IBM はこれらのすべての IBM Cloud Paks をサポートします。

 

 

WebSphere アプリケーションを任意のクラウドに移行

新しい IBM Cloud Pak のモダナイゼーション・ツールは、既存の WebSphere アプリケーションを完全なオープン・ソース・スタックへとモダナイズするための道筋を示します。IBM Cloud Pak for Applications は、アプリケーションを分析して、アプリケーションごとに固有のモダナイゼーション計画を提供します。多くの WebSphere アプリケーションは、コードの変更なしに、自動化機能を使用してコンテナーに移行できます。
これにより、従来のアプリケーションを、IBM Cloud 上の OpenShift や、既存のインフラストラクチャーから、任意のクラウドに至る、あらゆるクラウドに実装できます。
IBM Cloud Pak for Applications は、将来に向けたオープン・テクノロジー・プラットフォームを提供します。また、前述の調査によって示された、80% にも及ぶクラウドにまだ移行されていない企業ワークロードの対応をご支援します。IBM Cloud Pak for Applications について詳しくは、こちらをご覧ください。また、開発者、管理者、設計者向けの詳細な技術セッションを実施した 2 日間のコンファレンスのリソース集、2019 Application Modernization Technical Conference Reference Library もご覧ください。

 

Danny Mace, Vice President, IBM Application Platform

※本ブログ記事は、米国IBMブログを翻訳したものです。オリジナル記事はこちらから>>>

 

More cloud stories

第2回『KubeCon Europe 2021 サクッとふりかえる』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。IBMテクノロジー事業本部IBM Automation テクニカル・セールス 岩品です。 ちょっと遅くなってしまいましたが、GW後半に行われた KubeCon EU 2021 に参加しましたので、このブログで ...続きを読む


IBM Cloud がTop Rated Awardsを受賞

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud 市場の声・市場評価

IBMは、TrustRadiusから2年連続でTop Rated Awardsを受賞したことを発表しました。TrustRadiusでは、カテゴリーの上位に位置する製品にのみトップレートバッジを付与しています。このバッジを獲得するためには、製品に新しいレビューがあること、高いスコア(trScore)を維持していること、指定されたカテゴリーで大きなトラフィックを獲得していることが必要で、これらはすべて顧客満足度と消費者の関心を示す指標です。この栄誉を与えられた製品をご紹介します。 ...続きを読む


イグアス様がIBM i ユーザーのクラウド化をサポートするサービス提供を発表

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

このブログは、IBM Cloudのビジネスパートナー様が報道発表された内容を、多くの方にお届けする目的で、その内容を引用して投稿しています。   IBM i ユーザーのクラウド化をサポート 『イグアス 総合クラ ...続きを読む