IBM Watson Blog

東京基礎研究所 アクセシビリティ第一人者

記事をシェアする:

こんにちは。Ivyです。

東京基礎研究所 ご紹介シリーズでお届けしている第三弾です。

前回、東京基礎研究所の強みの一つとしてご紹介した「アクセシビリティ」の分野を代表されるのが、浅川智恵子さん

R_Asakawa

14歳で失明されたご経験を乗り越え、ITのバリアフリー化の研究を行われています。
そんな浅川さんは、日本人としてただ一人、IBMの最高技術職である「IBMフェロー」に2009年に任命されています。(世界中約3000名の研究員の中でも、現役フェローは70名程しかいないそうです。)

約3000名もの研究者の方々が、日々世界中の問題を解決するために研究に没頭しているIBMリサーチこそ、IBMの底力だと、そしてソフトウェアやハードウェアなどのIBM製品やサービスの開発の源なのだと、今回の取材を通じて改めて実感しました。

ちょっと前のお話になりますが、浅川さんは2010年にNHKのプロフェッショナルにもご出演されています。
浅川さん出演時の番組紹介記事はこちらを参照ください。

参考:IBM Social Accessibility Projectの紹介

More IBM Watson Blog stories

継承するべき「知見」の学習と蓄積に不可欠なこと

IBM Watson Blog

今、求められる「技能」や「知見」の継承 年初から展示会やイベントに参加する中で気づいたことがあります。それは、 ...続きを読む