IBM テクニカル・サポート

IBM ソフトウェア製品のサポート終了日を確認する方法

記事をシェアする:

質問がある人のイメージ

IBM ソフトウェア製品はバージョンごとにサポート期間が決められており、サポート終了日を過ぎると、IBM テクニカル・サポートへのお問い合わせができなくなります。
そのため、サポート終了日までに、製品のバージョンアップやマイグレーションを計画していただくことがとても重要です。

この記事では、IBM ソフトウェア製品のサポート終了日を確認することができる、“Software Lifecycle” ページの見方についてご説明します。

Software Lifecycle ページの見方

1. 以下の URL より “Software Lifecycle” ページにアクセスします。
https://www.ibm.com/support/pages/lifecycle/

2. “Search software lifecycle” に製品名を入力し、[Search] ボタンをクリックします。
ソフトウェア・ライフサイクル画面のイメージ1

3. 一覧が表示されたら、End of Support 列でサポート終了日を確認することができます。
ソフトウェア・ライフサイクル画面のイメージ2

End of Support 列の日付に設定されているリンクをクリックすると、その製品・バージョンのサポート終了に関する発表レターが開き、詳細を確認することができます。

4. 次に Policy Type 列を確認します。
ソフトウェア・ライフサイクル画面のイメージ3

Policy Type には以下の 3 種類があります。

Policy Type サポート期間 (Minimum) 延長サポート※1 提供期間 (Minimum)
Enhanced リリース日※2から 5 年 サポート終了日※3から 3 年
Standard リリース日※2から 3 年 サポート終了日※3から 2 年
Continuous Delivery リリース日※2から 2 年 サポート終了日※3から 1 年

※1 延長サポート:サポート期間の終了後、有償の延長サポートプログラムをご契約いただくことにより、サポート期間を延長することができます。
※2 リリース日:General Availability 列の日付
※3 サポート終了日:End of Support 列の日付

Db2 Advanced Enterprise Server の例

ここでは Db2 Advanced Enterprise Server を例としてご説明します。
※ 以下の例は 2021年10月29日時点のデータを元に説明しています。サポート終了日に関する最新の情報は、“Software Lifecycle” ページで検索してご確認ください。

この例では、以下のことがわかります。
ソフトウェア・ライフサイクル画面のイメージ4

  • Db2 Advanced Enterprise Server Edition 11.5 はまだサポート終了が発表されていない(決まっていない)
  • Db2 Advanced Enterprise Server Edition 11.1 は 2022/4/30 でサポート終了することが発表されている
  • Db2 Advanced Enterprise Server Edition 10.5 はすでに 2020/4/30 でサポート終了している

Db2 Advanced Enterprise Server Edition 11.5 の Product Name 列に設定されているリンクをクリックすると、以下の内容が確認できます。
ソフトウェア・ライフサイクル画面のイメージ5
Db2 Advanced Enterprise Server Edition 11.5 のサポート終了はまだ発表されていませんが、2019年のリリースから5年(2024年まで)はサポートされる見込みを立てることができます。

ただし、5年後に必ずサポート終了される、というわけではありません。サポート終了日は製品の市場動向を見て決められます。実際に、Db2 Advanced Enterprise Server Edition 11.1 や 10.5 は、5年以上サポート提供されています。

注意
製品によっては、上述の Policy Type のいずれにも該当しない場合があります (Policy Type:Other)。
例えば IBM QRadar 製品のアプライアンス・ハードウェア・サポートは購入日から 5 年間有効です。詳細についてはこちらのリンク先の情報をご参照ください。


執筆者のアバター画像Software Lifecycle は英語の Web ページですが、どこをどのように見れば良いのかが解っていれば、難しい内容ではありません。サポート終了に先立ち、事前にバージョンアップやマイグレーションの計画を立てるのにご活用ください。

 

宮本弥生

ソフトウェア&システム開発研究所(TSDL)ソフトウェア・テクニカル・サポート


IBMテクニカル・サポートブログ:ピックアップ

IBM 製品の脆弱性についてお問合せをいただく前に – IBM PSIRT をご確認ください

 

More stories

IBM テクニカル・サポートの知らない世界 (3) ー 重大トラブルを防いだ気づきと行動

IBM テクニカル・サポート

IBM テクニカル・サポートは、Web サイトや電話などを通してサービスを提供しているため、その実態をご存知の方は少ないのではないでしょうか。謎(?)に包まれたテクニカル・サポートの日常を「IBM テクニカル・サポートの ...続きを読む


サポート・コミュニティーが使えない! ー ユーザー登録が承認されない場合の対応方法

IBM テクニカル・サポート

IBM のお問い合わせシステム「サポート・コミュニティー」を利用するためにユーザー登録を申請したのに、なかなか承認されず、いくら待ってもお問い合わせができない!このようなケースでは、ユーザー登録の承認者に連絡していただく ...続きを読む


IBM 製品の脆弱性についてお問合せをいただく前に – IBM PSIRT をご確認ください

IBM テクニカル・サポート

こんにちは。IBM システムズ・ストレージ・テクニカル・サポートの山下涼子です。いったん発覚すると非常に重大かつ大問題になりうる脆弱性、皆さんはお使いの製品の脆弱性について、どのようにして確認されていますか? 2021年 ...続きを読む