IBM Cloud Blog

分散クラウドでパブリック・クラウドとプライベート・クラウドを統合するには

記事をシェアする:

この投稿は、2020年10月28日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

クラウド環境の統合を考えている人の多くは、ハイブリッド・クラウドとマルチクラウドが同じものを指していると混同してしまうことがよくあります。

実際、ハイブリッド・クラウドを理解する上での重要なポイントは、プライベート・クラウドに関するものです。いくつかの例をみてみましょう。

プライベート・クラウドを統合すべきケース

プライベートクラウドは、基本的にソフトウェアで構成されます。プライベート・クラウドのソリューションでは、ベンダーが作成したPaaS(Platform-as-a-Service)サービスのバンドルと、専用のユーザー・インターフェースを備えたダッシュボードをオンプレミスにインストールします。これは、プライベート・ネットワーク環境またはオンプレミス環境にのみ構築されます。

複数のデータセンターを持つことは、完全に分離された複数のプライベート・クラウド環境を持つことにつながります。この場合、それぞれの環境には個別のユーザー・インターフェースやダッシュボードが存在します。そして、メッセージ・キューやKubernetesサービス、SQLデータベースなどのすべてのサービスに対して、以下のようなタスクをすべてのダッシュボードから実行する必要があります:

  • 運用管理
  • サービスのアップデート
  • パッチの導入
  • セキュリティーと信頼性の問題対応

プライベート・クラウドを統合すべきでないケース:エアギャップ

プライベート・クラウドを統合したくないケースもあるでしょう。一部の業界(インテリジェンスなど)では、外界との接続を分離すること(エアギャップ)が必要です。このソリューションでは、プライベート・クラウドを使用して、外界への接続を回避します。プライベート・クラウドまたはPaaSベンダーの提供するPaaSサービスのバンドルをインストールし、それらのサービスを他の全てから完全に切断して、プライベート・ネットワークとして実行します。

そうしないと、すべてのダッシュボードを更新するために余分な時間とコストがかかります。そして、クラウド環境間のギャップを埋めたい場合は、別のよりよいソリューションを検討した方がよいでしょう。

ハイブリッド・クラウドでプライベート・クラウドを支援

ハイブリッド・クラウドにより、複数のプライベート・クラウドとパブリック・クラウドを組み合わせることができます。ハイブリッド・クラウドは、プライベート・クラウドとパブリック・クラウドで構成されています。プライベート・クラウドを構成するコンポーネントは、「管理可能なパッケージソフトウェア」と捉えることもできます。

分散クラウドとプライベート・クラウドの違い

分散クラウドは、プライベート・クラウドを管理することができます。分散クラウドとプライベート・クラウドのアプローチの違いは、パブリック・クラウド・ベンダーが環境を管理しているかどうか、です。分散クラウドはベンダーによって管理され、オンプレミス上で稼働します。つまり、パブリック・クラウド・ベンダーが設定や運用監視などの管理責任を負い、利用者はパブリッククラウド上にアクセスするだけでダッシュボード、ロギング、モニタリング、イベントの集約などを利用できます。

Software-defined-Wide Area Network (SD-WAN)でのSoftware-defined-network (SDN)およびその他のネットワーク・テクノロジーを使うことで、複数のロケーションやプライベート・クラウドに接続できるようになりました。しかし、このネットワーク接続は、統合されたソフトウェアやサービスを意味するものではありません。SD-WANをインストールすることで、複数のデータセンターやロケーションにプライベート・ネットワーク網を作成できますが、それぞれのロケーションで同じサービスの複数のバージョンが実行されているため、それぞれライフサイクルを個別に管理する必要があるのです。

したがって、さまざまなバージョンのサービスやアプリケーションを使用してロケーションを横断的に利用するのは簡単ですが、それらを管理しようとすると非常にコストがかかってしまいます。そこで、分散クラウドが役立ちます。

分散クラウドとハイブリッド・クラウドを統合する

分散クラウドにより、パブリック・クラウド環境での体験をプライベート・クラウド環境上でも実現することができます。分散クラウドのベンダーは、パッチ適用、アップグレード、メンテナンスなど、すべてを担当する運用スタッフがいます。プライベート・クラウド環境だと、使っているサービスの数に応じてかなりの数のメンテナンス・スタッフが必要になってくるでしょう。

IBMでは、分散クラウドは一種の「ハイブリッド2.0」であると考えています。すべてのクラウドがパブリックであり、単一のコントロール・プレーンで管理できる場合、クラウド間やアプリケーション間でサービスを連携する方が簡単だからです。しかし、ハイブリッドとは、パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、さらには分散クラウドを含む複数のクラウドを連携して統合することを意味します。その違いは、分散クラウドは、クラウド環境間でより一貫性、可視性、および容易な管理を提供できることです。

IBM Cloud をはじめ、複数のパブリック・クラウドでワークロードを実行しており、どのクラウドでも分散クラウド・ソリューションを実行したいのであれば、環境を統合することができます。たとえば、AWSのEC2 仮想マシン、GCPの仮想マシン、オンプレミス上など、どの環境でもまったく同じソフトウェア環境を実行できます。また、ベンダーが保守してくれるので、利用者がソフトウェアを保守する必要はありません。

IBM Cloud Satelliteについて詳しくは

分散クラウドにより、パブリック・クラウドとプライベート・クラウドで比較的容易に作業を行うことができます。 IBM Cloud Satellite は、Red Hat OpenShift on IBM Cloud を採用したインフラストラクチャーに提供される、分散クラウドです。

分散クラウドについてさらに詳しいことは、こちらもご参照いただけますと幸いです。

  • IBM 分散クラウドお役立ち情報: こちら
  • IBM 分散クラウド Cloud Satellite 公式サイト: こちら

分散クラウドに対するご質問やご相談がございましたら、ぜひ公式サイト(こちら)からお寄せください。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2020/10/28に発行された“How Distributed Cloud Helps You Merge Public and Private Cloud Environments(英語) ”の抄訳です。

More IBM Cloud Blog stories

第9回『サーバーレスとバッチ処理の運命的な出会い』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

コンテナオーケストレーション環境であるKubernetesを利用して得られるメリットとして何が思いつくでしょうか? 良く聞く中には、コンテナ(Pod)がダウンした際に自動復旧する、複数のコンテナが分散配置されることで、W ...続きを読む


第8回 『IBMが企業におけるコンテナ利用実態を調査!採用する企業の急増』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。コンテナ共創センターを担当しております佐々木です。 日本企業でもいよいよキャズムを超えたと言われているコンテナですが、実際の現場ではどうでしょうか? アプリケーションのコンテナ化という概念は数十年前からありま ...続きを読む


総覧 : 2021年度 IBM Cloud関連 お客様事例

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

このブログでは、2021年度に、IBM Cloudをご利用いただき、そのお取り組み内容を広く一般に公開されたお客様並びにパートナー様をご紹介します。あらゆる業種、さまざまな企業規模のお客様が、どのようなビジネス・シーンで ...続きを読む