Cognitive Applications Blog

2030年に向けて、自動車業界が今からIoTでするべきこと

記事をシェアする:

 

2030年の自動車業界に関する、こんな予測数値はご存知ですか?

  • 15台 すべての人が、平均15台のコネクテッド・デバイスを所有する。¹
  • 15% 2030年までに販売される新車のうち、最大15%が完全な自律走行車となる。²
  • 100倍 クルマにおけるイノベーションの90%をソフトウェアが占め、コードの行数は現在の100 倍になる。³
  • 26% 世界中のクルマの走行距離の26% が、カーシェアリングによるものになる。⁴

 

これらの数値を「驚くべきもの」と見るか、それも「然るべきもの」と見るかは、あなたが現在すでに取り組んでいる内容によるのかもしれません。

ただ、先日発表された、全世界11カ国 約1,500人の自動車業界の経営層と、全世界8カ国 約11,500人の消費者の関心調査レポート『Automotive 2030 – 2030年 自動車業界の将来展望』をご覧いただければ、こうした変化は当然であり、そこからIBMが導き出した以下の5つの提言もご納得いただけるのではないでしょうか。

 

これらの5つの提言それぞれに対し、私たちWatson IoTチームは下記のデジタル変革(企業のあり方をデジタル戦略を軸に再定義すること)支援策をお届けします。

 


1. パーソナライズされた体験で顧客のロイヤリティを獲得

2. 協働プラットフォームの構築

コネクテッド・ビークル実現のためのプラットフォーム

数十万台の車から走行データを取得し、車と環境の情報とともにリアルタイムに分析し、新たなドライビング体験を実現するプラットフォームをご紹介します。

参考: ブランドスイッチされない選ばれるコネクテッドカーの作り方

IBM基礎研究所による事故予測モデル

IBM独自の先端AI技術と運転傾向推定に特化した技術により、センサーデータから事故リスクを推定します。

参考: 日経 xTECH EXPOセッション「IBM基礎研究所の事故予測モデルによる安全運転支援の未来」レポート

 


3. アジャイルに素早く変化

4. データを活用、共有

開発プロセス支援ソリューション

クルマのソフトウェア開発が大規模かつ複雑になる中、さらに多様なニーズの増加に対応しつつ、アジャイルにアプリケーションを開発し、提供する必要があります。国際標準への対応、システム化された開発環境、エンジニアリングのライフサイクル管理など、開発プロセスの変革を支援するソリューションを提供します。

参考: 開発セッションレポート – Cognitive Manufacturing Forum(8月29日開催)

 


5. AIを活用した教育エコシステム

AIとIoTによる現場労働者向け支援ソリューション

労働人口の減少や働き方改革による労働時間短縮が進む中、自動車の組立や整備工場で働く現場労働者のスキルを育成また支援する必要があります。
AI、AR、IoTなどのIBM 先進テクノロジーを活用した現場労働者を支援するソリューションを提供します。

参考: ウェビナー紹介: AIとIoTで高度化する設備資産管理

 

 

大きな地殻変動を続け姿を変えている自動車業界ですが、それでも2030年は現在からの地続きです。

取るべき戦略も、打つべき戦術も、今ここにある問題を踏まえて未来をみなければなりません。

今、始めるべきは、AIにより強化され続けるIoTテクノロジーの土台を活かした車づくりとそこから生まれる価値を、設計から開発、工場からお客さまへとしっかりと結びつけることではないでしょうか。

 

問い合わせ情報

お問い合わせやご相談は、Congitive Applications事業 にご連絡ください。

 


¹ Heslop, Brent. “By 2030, Each Person Will Own 15 Connected Devices—Here’s What That Means for Your Business and Content.” Martech Advisor. March 4, 2019.

² “Automotive revolution—perspective towards 2030: How the convergence of disruptive technology-driven trends could transform the auto industry.” McKinsey & Company. January 2016.

³ “VW CEO expects software to make up 90 percent of auto industry innovation.” Reuters. Auto.com. From The Economic Times. March 13, 2019.

⁴ “Shared Mobility on the Road of the Future.” Morgan Stanley. June 15, 2016.

More Cognitive Applications Blog stories

保全のインテリジェント化を化学、石油、重工、産業機械、住宅、建設業界に(セミナーレポート)

Cognitive Applications Blog

  10月20日、「サステナブルな社会・企業活動を製造業から実践していくためのインサイト」と題されたオンライン・セミナーが開催されました。 この記事では、セミナー最終セッション「インテリジェントな企業活動に向け ...続きを読む


電気自動車のエンジニアリングとデザインに必要不可欠なもの

Cognitive Applications Blog

  ソフトウェアで定義された自動車にエンジニアリング・デジタル基盤が必須な理由 安全性と品質を確保するための新しい車両内テクノロジーとシステム開発、テクノロジー基盤となるデータの管理とアクセス保護、そしてこの新 ...続きを読む


パワー・トゥー・ザ・ピープル [メルカドスEMI社事例] | デジタル技術で深刻化する環境問題に対処する

Cognitive Applications Blog

  世界銀行の報告書によると、ほんの数年前まで、インドの農村部に暮らす何百万人もの人びとには、電気が安定的に供給されていませんでした。 インフラ老朽化、電力流通の非効率性、増加し続ける人口、需要と供給の絶え間な ...続きを読む