概要

IBM Watson Dialog(対話)サービスは、ユーザーとアプリケーションの間の会話の分岐を自動化します。ユーザーからの質問への自動応答、クロスセルやアップセルの実施、プロセスやアプリケーションについてのユーザーへの説明、難しい作業のガイドなどをアプリケーションが自然言語で行います。プロファイル情報を追跡して保管することでそのユーザーに関する知識を蓄積し、ユーザー個別の状況に応じてガイドを提供します。また、ユーザー情報をバックエンド・システムに渡してユーザーが適切なアクションを取れるようにサポートします。

用途

パスワードのリセットやクレジットカードの選択などを手順を追ってユーザーに説明します。開発者は、現実に即した対話を作成して、Dialogアプリケーションにアップロードし、エンド・ユーザーを手助けします。このサービスは、ユーザーとの双方向の対話に使用できます。質問の明確化、情報収集、チュートリアル、ユーザー・アクションのサポートなどの活用法があります。

入力:

  • 専門分野の知識に基づいて対話を作成します。

サービスの出力:

  • エンド・ユーザーは、自然言語でアプリケーションと会話をして、事前に準備された応答を得ることができます。

デモを試す

仮想エージェントとの対話がどのようなものかご確認ください。

使用方法

サンプル・アプリ

上映中または近日公開の映画を探します

今すぐ使う

BLUEMIX

使用開始は簡単です。今すぐBluemixでサービスをお試しください。

資料

より詳しい情報をご覧になりますか?Bluemixでサービスを使用する方法を詳しく紹介した資料が、Watsonのサービス毎に用意されています。

その他のAPI

コグニティブ・アプリケーションを開発するための、機械学習(ディープ・ラーニング)を活用したサービスが準備されています。