エネルギー管理とは何ですか
企業がエネルギー消費を監視および最適化してエネルギー・コストを削減するために、エネルギー管理がどのように役立つかについてご紹介します
エネルギー管理がエネルギー消費の監視、制御、最適化にどのように役立つかを示す図
エネルギー管理とは

エネルギー管理とは、使用量を節約し、エネルギー・コストを削減するために、組織のエネルギー消費を積極的かつ体系的に監視、管理、最適化することです。

エネルギー管理には、毎月の光熱費の監視や省エネ電球へのアップグレードなどの小さな行動が含まれます。断熱材の追加、反射屋根材の設置、エネルギー性能を最適化するためのHVAC(冷暖房)設備の改善など、より大規模な改善を意味することもあります。

エネルギー管理には、再生可能エネルギー・サービスを委託するための財務予測の作成や、今後数年間のクリーン・エネルギー消費とエネルギー・コストの削減に向けたその他の改善など、より複雑な活動も含まれます。

より高度なエネルギー管理プログラムでは、テクノロジーを活用します。例えば、公共事業追跡ソフトウェアは、将来のエネルギー使用量を予測して、エネルギー予算を計画します。これは、企業の戦略的意思決定者がエネルギー管理戦略および目標と財務計画を関連付けるのに役立ちます。エンタープライズ管理ソフトウェアは、IoT、高度な接続性、ビッグデータを使用することで、企業がエネルギー・データ分析を活用して施設管理を改善し、エネルギー消費とエネルギー管理の課題を解決できるように支援します。

エネルギー管理プログラムが重要な理由

世界中でエネルギー節約の必要性が高まっており、それは価格、排出目標、そして私たちすべてに影響を及ぼす法律に影響を与えています。エネルギー管理は、地球温暖化の原因となる炭素排出量の削減に役立つだけでなく、限りある化石燃料への依存を減らすことにも役立ちます。

energystar.gov(IBM外部へのリンク)によると、エネルギー使用は、米国の商業オフィス・ビルにとって唯一の最大の事業費となっています。これは、企業の一般的な営業予算の約3分の1を占め、国の年間温室効果ガス排出量のほぼ20%を占めています。Energy Starによると、オフィス・ビルは消費するエネルギーの最大3分の1を浪費していると言われています。

エネルギー管理は、エネルギー供給(IBM外部へのリンク)がサイバー攻撃に対して特に脆弱なヨーロッパではさらに重要です。というのも、EU企業は米国企業に比べて情報セキュリティーへの投資が平均41%少ないからです。したがって、欧州企業は、エネルギー・セキュリティー・ソリューションを導入し、データ、アクセス、ネットワークの保護を支援するさらなる取り組みを必要としています。

 

企業がエネルギー管理プログラムから得られるメリット

エネルギー管理プログラムは、炭素排出に起因する地球規模の問題の軽減に役立つだけでなく、企業にも利益をもたらします。

エネルギー管理ソフトウェアを導入することで、企業の予算を管理し、事業運営に影響を与える可能性のあるエネルギー価格の上昇に伴うリスクを軽減することができます。光熱費とエネルギー効率を追跡することで、企業はより効率的に予算を組み、全体的な運用コストをより良く把握することができます。Energy Starによると、エネルギー使用量を10%削減すると、純営業利益が1.5%増加する可能性があります。

エネルギーの監視と管理は、使用量と消費量を削減することによって、企業の収益にコスト削減をもたらすだけでなく、時には不安定なサプライチェーンへの依存を減らすことも意味します。また、エネルギー管理プログラムは、競争力のある調達を通じて、企業のコスト削減を支援することもできます。

エネルギー管理とESG

強力な環境・社会・ガバナンス(ESG)基盤を持つことは、企業がエネルギーを節約し、透明性を高め、より優れたサステナビリティーの目標に向かって取り組むのに役立ちます。

単一のデータ管理システムを使用してエネルギー使用量、コスト、時間、報告の負担を軽減するエネルギー管理ソリューションにより、顧客は環境リスクの影響を管理し、効率化の機会を特定し、サステナビリティーのリスクを評価して、ESGの戦略的成果に焦点を当てることができます。

企業の二酸化炭素排出量を削減することは、エネルギー・コストの節約や二酸化炭素排出量の削減に加えて、環境に対する企業のコミットメントを示し、サステナビリティーの向上とグリーン・エネルギー推進のイメージを高めます。温室効果ガスの排出量を削減することは、企業の社会的責任が増大し、またそれが認められることにもなります。

サステナビリティー戦略とロードマップについてサステナビリティーの専門家と相談する戦略的アプローチは、最も効果的なエネルギーとESG管理の実現につながります。その他の利点に加え、脱炭素化や自然エネルギーへの移行を含む取り組みを相談することは、持続可能なエネルギーや再生可能エネルギーの利用の最適化を重視し、企業の社会的責任に真剣に取り組む、新しい従業員、多くの場合は若い従業員を獲得することにもつながります。

インテリジェントな資産管理により、建物、サプライチェーン、製造のエネルギー効率を向上

インテリジェントな資産管理は、さまざまな業界のユースケースにおいてエネルギー効率を高めることができます。例えば次のようなものがあります。

  • 建物:オフィス、工場、その他の施設のエネルギー管理は、さまざまな方法でエネルギーの節約と二酸化炭素排出量の削減に役立ちます。インテリジェントな資産管理は、AI、IoT、分析などのテクノロジーを使用して、建物の効率を検査および監視し、グリッドへの潜在的な影響を計算し、障害を予測し、メンテナンス手順をより適切に計画するのに役立ちます。このテクノロジーを使用する企業は、生産性を向上させ、施設のエネルギー効率を高め、排出量を削減し、気候リスクを軽減し、資産のライフサイクルを延ばすことができます。また、クリーン・エネルギー源、効率的な廃棄物管理、脱炭素化に関する運用上の洞察を得ることができます。
  • 持続可能なサプライチェーン:AIとブロックチェーンを使用したインテリジェントなサプライチェーン・オートメーションは、現在のサプライチェーンの弱点がビジネスに与える影響を軽減するのに役立ちます。より回復力が高く、持続可能なサプライチェーンにより、顧客は迅速かつ自信を持って行動し、混乱を軽減することができます。スコープ3排出量(企業が直接排出するのではなく、倉庫保管、輸送、廃棄物処理などのサプライチェーン内で発生する間接的な排出量)を測定することで、企業はサステナビリティーの面で競争上の優位性を得ることができます。スコープ3排出量は、企業が直接コントロールすることはできませんが、それを測定することで、サプライチェーンにおける排出の問題を特定し、変化に影響を与えることができます。スコープ1(直接排出)やスコープ2(間接)と比較すると、スコープ3の排出量は、一般的に温室効果ガスの排出量が最も多くなっています。
  • 製造:製造施設は化石燃料を大量に消費し、エネルギーを最も消費する業界の1つです。製造業のエネルギー使用量を持続的に削減するエネルギー管理プログラムの作成には、(各種メーター、データベース、複数の工場サイトからの)エネルギー効率データの収集と分析や、プロジェクト管理計画の作成が含まれます。産業用モノのインターネット(IIoT)と分析を活用した工場現場のITベース化は、予知保全と品質の向上をもたらし、よりスマートな製造につながります。お客様事例では、製造業におけるエネルギー消費パターンを変えるには、変革、インフラストラクチャーの投資、場合によっては再教育が必要であるため、エネルギー使用の削減に取り組む管理職が必要であることが示されています。
エネルギー管理の課題

エネルギー管理には、独自の課題も伴います。例えば次のようなものがあります。

  • データの整合性、分析、明確なベンチマークが不十分:従来のビル管理システムや、手動によるエネルギー監査でデータを収集するメーターでは、無駄なエネルギー使用パターンを確認できるデータは得られません。エネルギー管理システムを使用すると、エネルギー消費に関するより多くのデータにアクセスし、利用することがより簡単で便利になります。強力なエネルギー管理システムは、信頼性が高く、カスタマイズされた定期的なエネルギー報告書を自動的に生成します。
  • システムの欠陥、設定の誤り、機器の整備不良:定期点検の実施頻度が低すぎると、時間と費用の無駄が生じます。機器が突然故障すると、事後対応のメンテナンスが必要となり、課題や予期せぬ出費を招くことになります。対照的に、インテリジェントなエネルギー・システムは、機器の故障やエネルギーの浪費を即座に警告します。エネルギー消費に関するリアルタイムの情報を提供し、エネルギーKPIを設定して一貫した結果を得ることができます。定期的かつ予防的な保守スケジュールを含む事前保守戦略を立てるなら、機器の定期点検を行って、寿命を延ばすことができます。
  • エネルギー・アップグレード計画の失敗:詳細なエネルギー・データがあれば、コスト削減と良好なROIをもたらすエネルギー改修やアップグレードの取り組みについて、賢明な決定を下すことができます。
IBMソリューション
IBM® Maximo Application Suite

インテリジェントな資産管理によるエネルギーの節約と脱炭素化を実現します

IBM Maximoを詳しく見る
IBM Turbonomic Application Resource Management

効率的なデータセンターと、より持続可能で安全なIT運用により、エネルギーと二酸化炭素排出量を削減します

IBM Turbonomicの詳細はこちら
IBM Envizi ESG Suite

すべての環境・社会・ガバナンス(ESG)指標を単一のプラットフォームで管理することで、サステナビリティーを加速します

IBM Enviziの詳細はこちら
IBM TRIRIGA Application Suite

不動産および施設管理業務を最適化し、効率性とサステナビリティーを高めます

IBM TRIRIGAの詳細はこちら
サステナビリティーのソリューション

IBMのAIを活用したオープンなソリューションとプラットフォームに加え、業界の深い専門知識を活用して、持続可能で収益性の高い道を描くことで、サステナビリティーへの取り組みとエネルギー管理の効率化を促進します

サステナビリティー・ソリューションをご覧ください。
参考情報 データセンターがサステナビリティーの実現を妨げていませんか

アプリケーション・リソース管理を自動化することは、サステナビリティーへの取り組みの第一歩となるはずです。

グリーンITを取り入れましょう

エネルギー使用を最小限に抑え、IT環境全体に責任あるコンピューティングを組み込む方法を紹介します

データセンターの域を超えたITサステナビリティー

二酸化炭素排出量の削減を目指す企業は、サステナビリティーの目標を、グリーンITや責任あるコンピューティングにまで拡大する必要があります。