概要

変化を続ける昨今のエネルギー情勢において、ビジネス・リーダーは、持続可能性が競争力を維持するための基盤であると認識しています。気候変動に対処するためにエネルギー産業がよりエコシステムを中心としたモデルに移行する中で、持続可能なエネルギー資源への投資は、ビジネスや人々の気候変動に対する関心を高めるために役立ちます。最新のテクノロジーを使用して、公益事業の新しいエネルギー・エコシステムへの対応を推進します。

お客様事例

東京電力リニューアブルパワー株式会社

160カ所以上に点在する水力発電所を横断した設備保全のPDCAサイクルを支える統合設備管理基盤を構築します。

大阪ガス株式会社

都市ガス製造設備保全業務に関わるあらゆる情報のデジタル化、 業務プロセスのシステム化により、「誰でもできる化」を実現します。

Energinet社

Energinet社は、デンマークの環境にとってより優しい未来のために、ビッグデータのAI分析を活用しています。

ソリューション

設備管理システム:Enterprise Asset Management

インテリジェントな資産管理、モニタリング、予知保全、そして画像認識や人材育成、安全健康管理を単一プラットフォーム内で実現します。

デザイン思考:IBM Garage

IBM Garageは公益業界のお客様ともイノベーションや変革の共創をしています。

気象データ・ソリューション:The Weather Company

気象データの活用を通じて、エネルギー取引、電力需給、災害対応などにおける、よりよい意思決定を実現します。

参考情報

公益業界におけるプラットフォームの現状と方向性

歴史ある料金システムについて現状と特徴を整理し、規制撤廃後のデジタル・プラットフォームを見据えた検討の必要性について考えます。

公益業界で起きているデータサイエンスによる経営のパラダイムシフト

今、公益業界で何が起きているのか、データサイエンスの機運が高まる背景とその強化のための取組内容と成功の秘訣を解説します。

電力業界における消費者との連携

自由化が進む海外の電力会社では、消費者が持つ分散電源をうまくビジネスに取り込んでおり、その分析結果から日本での電力業界での動きを指摘します。

IBMのソリューションは、よりスマートな働き方を推進し、エネルギーの生成およびサービスの提供方法を改善します。詳しくはお気軽にご相談ください。