概要

既存のサプライチェーン・モデルの構造上の脆弱性は、業界全体での再構築の必要性を浮き彫りにしました。適切な戦略とサポートにより、サプライチェーンを再構築して、コストを削減し、ビジネスを変革できます。サプライチェーンをインテリジェントなものにすることで、即応性の高いワークフローにより、新しいビジネスのやり方を実現し、独自の優位性を生み出します。

オポチュニティー

キーポイント

次世代のサプライチェーンは、資材を効率的にある場所から別の場所に移動させるだけではなく、真にレジリエントで持続可能なビジネス運用を支えます。

インテリジェント・サプライチェーンのコストの削減率¹
変革されたサプライチェーンによる資産の使用効率の向上²
新規サプライチェーンによる需要予測精度の向上²

レジリエンス

サプライチェーンのレジリエンスの中核となる原則

可視性、俊敏性、セキュリティー、の3つです。サプライチェーンはワークフローであるため、あらゆるワークフローのように、よりインテリジェントなものにできます。データとAIへの統合アプローチにより、リアルタイム認識(可視性)の向上、迅速に方向転換する能力(俊敏性)の強化、脅威からの保護(セキュリティー)が可能です。

キーポイント

リアルタイムの運用を適切に把握することで、問題を回避し、俊敏に対応し、新しいビジネス・モデルをサポートします。

顧客体験

キーポイント

B2Cの顧客体験を最初に再現するB2B企業は、大きな競争上の優位性を持つことになります。

クリーンなデータ

接続されたクリーンなデータが不可欠

よりレジリエントなサプライチェーンの構築とは、多くの変動要素がどのように連携するかをインテリジェントにデザインすることを意味します。組織が成功するには、ERP、デジタルツイン、自動化ソリューションなどの目的に合ったツールの導入が必要です。しかし、これらのソリューションでメリットが得られるのは、接続されたクリーンなデータを基に実行されている場合に限ります。

いくつかの黄色い靴型
データの戦略的価値を理解しているCSCO (最高サプライチェーン責任者)の割合³
データ・サイロを最も高い障壁と見るビジネス・リーダーの割合⁴

キーポイント

機能性と柔軟性の向上は真に統合されたデータ環境を作ることにかかっています。

ハイブリッドクラウド

キーポイント

リアルタイムの運用を適切に把握することで、問題を回避し、俊敏に対応し、新しいビジネス・モデルをサポートします。

次のステップ

脚注

¹「Creating a virtual enterprise by reimagining workflows」、IBM、2021年10月
²「Supply chain planning: Digital transformation」、IBM Institute for Business Value、2022年
³「The resilient digital supply chain」、IBM Institute for Business Value、2022年4月
⁴「Breaking Out of Data Silos—Again and Again」、Dell社、2021年5月25日