概要

従業員のスキル獲得への投資

従業員の現在のスキルを理解し、最適化することで、将来に備えた人材を育成します。

IBMは、人材開発戦略を通じてレジリエンシーの構築を支援します。この戦略は、変化するビジネスニーズに動的に対応することができると同時に、従業員の学習文化を育成します。

メリット

俊敏な従業員計画

スキルを従業員戦略の中心に置き、キャリア・カウンセリングと従業員の定着によって、従業員の投資対効果を高めます。

インスパイアされた体験

コミュニティやコーチング体験、オンデマンドの従業員学習を通じて、生産性と仕事への取組みを向上させます。

適応型人材プラットフォーム

IBM Garageを利用して、単一プラットフォーム上にカスタマイズしたソリューションを共同で作成し、従業員の学習コストを削減します。

お客様事例

IT人材の育成で業務密着型のDX推進 

神戸製鋼は、2023年度までにITエバンジェリスト約500人を育成して、デジタル技術活用を底上げすることを図っています。

AI活用人材育成プログラムを開発

関西学院大学は、日本IBMとの共同で「AI活用人材育成プログラム」を開発しました。このプログラムは、企業における人材開発にも活かすことも可能です。

シームレスに専門知識を共有するウッドサイド・エネルギー

ウッドサイド・エネルギーはIBM Watsonを活用して同社の最上級の専門知識を保存し、新入社員に重要な情報を継承しています。 AI対応ソリューションは従業員の安全性を向上させ、労働時間を短縮します。

関連ソリューション

人材採用サービス

AIを活用して競争上の優位性を拡大し、人材管理からより多くの価値を得ることができます。

人事変革サービス

人事は組織の新しい成長エンジンであり、進化するビジネス・ニーズをサポートする多様で高度なスキルを持つ人材の獲得に貢献します。

人的資源のアウトソーシングサービス

現代的な人的資源のアウトソーシングを通じて優れた従業員体験を創出します。