最新情報

2019年12月26日:V6.1.3 Fix Pack 5 (HTML形式の伝票のサポート) の提供を開始するとともに、稼働環境として、Windows Server 2019、Red Hat Enterprise Linux 8、IBM i 7.3、Db2 11.5、Oracle 19c、Rational Application Developer 9.7、Eclipse & Open JDKを追加しました。

過去の情報

  • 2019年1月23日:IBM WebSphere Application Server Libertyをサポートし、稼働環境を更新しました。詳細はサポート&ダウンロードの“WebSphere Application Server Liberty対応版のインストール・リポジトリーの入手方法について”を参照してください。
  • 2018年12月21日:Oracle 18cをサポートし、稼働環境を更新するとともに、Java Appletを使用しない管理サービスをフィックス・パック として提供を開始しました。
  • 2018年8月2日:V6.1.3, V6.1.2, V6.1のIBM Installation Manager用のインストール・リポジトリーを公開し、Oracle 12c Release 2をサポートするとともに稼働環境を更新しました。
     

製品概要

FormWave for WebSphereは、IBM WebSphere Application Server上で動作するサーブレット、JSP、EJBなどのJava EE(Java Enterprise Edition)に準拠したJava技術を活用したワークフロー・アプリケーションの開発を容易に実現するミドルウェア製品です。オンプレミス、パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドの幅広い環境に適用可能です。他システムとの連携があるワークフローシステムの構築に役立ちます。

FormWave for WebSphereの機能

優れたビジネス・モデリング構築性能

FormWaveプロジェクト デザイナーなどの機能によってスムーズな構築を実現

効果測定に役立つモニター/統計分析機能

KPI(管理指標)に応じた情報取得により業務効率や問題点の分析を支援

最新Java技術に対応したツールによる高い開発生産性

RAD(Rational Appllication Developer)との親和性の高い開発ツール

フレームワークやバッチ処理に対応したアプリケーション開発キットの提供

有償ツールFADK(FormWave application development kit)を用意

連携型ワークフロー構築も可能

ERPやCRMなどのエンタープライズ・アプリケーションとの連携も手軽に実現

SOA対応 / Excel対応

外部サービスとの連携をツールレベルで簡単に実現
既にお持ちのExcel帳票をそのまま利用可能

内部統制支援機能

内部統制を支援するための機能を提供

マルチ・テナント機能

マルチ・カンパニーにおけるユーザー管理・伝票管理・システム運用を各テナント毎に実現

リッチ・ユーザーインターフェース

リッチなユーザーインターフェースを持つ操作画面などを提供

プロジェクト・テンプレート

複数のワークフロー定義で共通の定義部分をテンプレート化して再利用することができる機能を提供

転送機能

ノード自体は移動せずにそのノードの処理者のみを変更するための機能を提供

スマートフォン用ユーザー・インターフェース

これまで提供していたPC用の操作画面に加え、スマートフォンで効率よく伝票の閲覧、入力等の作業が行えるように、スマートフォン向けの操作画面を提供

活用事例

製造業企業(共用ワークフロー基盤)

共用ワークフロー基盤は現行のワークフロー業務の基盤機能部分を拡張し、業務務効率を向上させる基盤です。開発効率や稼働後の運用効率の向上を実現します。共用ワークフロー基盤を導入することにより、操作性の統一、作業の簡素化と一元性が増し「社員の満足度向上」を図っています。そして、共通化によるコストダウンを図ることも大きな狙いの一つです。

日本IBM(購買見積依頼ワークフロー)

物品購入の見積業務から購買承認までをFormWaveを介して行うことで業界平均を下回るコストで物品を調達 日本IBMでは、従来、紙で行われていた見積業務を電子化し、取引先との間のデータ送受信、要求元と購買間の情報交換、および承認業務をWeb上で迅速に行うことができる「購買見積依頼ワークフロー・システム」を導入。一般物品・サービス11品目と製造用部品16品目について各品目ごとに取引先を集約し、取引先への見積依頼書の作成から見積依頼・回答、購買システムへの接続までをFormWaveを通して行うことで、全品目において業界平均を下回る調達コストを実現しています。

簡単伝票開発デモ

フローのフィールド定義から簡単に表形式の伝票を作成するまでの一連の操作を

Flashデモにしましたので、ご覧ください。

価格

2017年1月1日時点

 

プログラム番号 ライセンス名 価格(消費税別)
D580LLL Value Unitライセンス(ソフトウェア・サブスクリプション&サポート1st付) 45,400円
D5813LL 新規ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 27,300円
E02HALL 継続ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 9,120円
BH034JA FormWave for WebSphere V6.1メディア・パック 18,800円

 

※ 上記価格はパスポート・アドバンテージ・エクスプレスの価格です。 
※ PAX以外の価格につきましては、弊社担当営業もしくはビジネスパートナーまでお問い合わせください。 
※ 上記料金はプロセッサーValue Unit(PVU)料金です。PVUは利用されるCPUのCoreによって異なります、発注時にはCore数 x PVUで発注ください。(例:PVUが100の場合、Core数 x 100PVU) 
※ パブリック・クラウド上のPVU数は、「IBM Eligible Public Cloud BYOSL policy(US)」に準拠します。
※ メディア・パックはLevelに関係なく同一価格です。 
※ 上記価格は事業者向けの本体価格であり消費税は含まれておりません。

 

プログラム番号 ライセンス名 価格(消費税別)
D57ZTLL Value Unitライセンス(ソフトウェア・サブスクリプション&サポート1st付) 19,900円
D57ZULL 新規ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 12,100円
E02H8LL 継続ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 3,986円
BH035JA FormWave for WebSphere V6.1 Oracle Option メディア・パック 18,800円

 

※ 上記価格はパスポート・アドバンテージ・エクスプレスの価格です。 
※ PAX以外の価格につきましては、弊社担当営業もしくはビジネスパートナーまでお問い合わせください。 
※ 上記料金はプロセッサーValue Unit(PVU)料金です。PVUは利用されるCPUのCoreによって異なります、発注時にはCore数 x PVUで発注ください。(例:PVUが100の場合、Core数 x 100PVU) 
※ パブリック・クラウド上のPVU数は、「IBM Eligible Public Cloud BYOSL policy(US)」に準拠します。
※ メディア・パックはLevelに関係なく同一価格です。 
※ 上記価格は事業者向けの本体価格であり消費税は含まれておりません。

 

サポート情報

稼動環境

前提となるハードウェアとソフトウェアをご確認ください。

サポート&ダウンロード

統計・分析機能(BPMアナライザ)、Technote(技術情報)、フィックス・パックのダウンロードはこちらから。

無償開発支援ツール

HTML形式の伝票レイアウトをJSPに変換するためのツールや、FormWave for Notesの伝票定義(FMD)をWebSphere版のプロジェクト定義(FPJ)に変換するツールをご提供しています。

関連製品

IBM FormWave for Notes

IBM Notes/Domino上で稼動するワークフロー・ツール。ワークフロー・システムを簡単に構築可能。日本国内を中心に約800社で採用されており、IBM社内のワークフロー・システムとして稼動中。

IBMをフォローする

IBMをフォローする