概要

ITセキュリティーのリスクは、深刻な課題に直面して増大します。 データ侵害、スキル不足、データ・プライバシー・コンプライアンスに実際に直面しているかに関係なく、ビジネス目標に照らして、適切なレベルのセキュリティー・ガバナンスを検討する必要があります。 オペレーショナル・テクノロジー(OT)、クラウド、モノのインターネット(IoT)、Quantumのようなイノベーションは、企業をサード・パーティーのセキュリティー・リスクやIT規制のコンプライアンス問題にさらす可能性があります。

セキュリティー・リスク定量化の動画
Play Icon

セキュリティー・リスク定量化の動画(02:29)

メリット

ITセキュリティー・リスクの評価

IBMは、ビジネスの状況に照らしてセキュリティー・リスクを把握し管理することで、お客様が直面しているITセキュリティー・リスクの評価と定量化を支援します。

ITセキュリティー・リスクの軽減

IBMは、不正、無駄、悪用、企業コンプライアンスという領域で評価されたリスクを軽減するために、お客様と協力してセキュリティー戦略とロードマップを作成して実装します。

ITセキュリティー・リスクの管理

IBMはリスク・プログラムの構築と管理を支援し、リスクの洞察、レポート、継続的な状況に関する情報を提供します。

GRCサービス

リスクの管理と定量化

セキュリティー・リスクの定量化による統合リスク管理により、セキュリティー・リスクを金銭的に数値化して、経営幹部がより適切な意思決定を行えるようにします。

セキュリティー・インテリジェンスと運用のコンサルティング

IBMのコンサルタントがセキュリティーのベスト・プラクティスに照らしてお客様のセキュリティー機能と成熟度を評価し、セキュリティー運用センターの最適化を支援します。

リスク管理コンサルティング・サービス

変化する市場の状況、進化する規制、複雑な業務から生じるリスクを管理しながら、効果と効率を向上させます。

セキュリティーをビジネス戦略に結び付ける

リスク状況を評価し、そのリスクを金銭的数値で定量化することで、セキュリティー管理のジャーニーを開始します。

参考情報

関連ソリューション

ID管理とアクセス管理ソリューション

IDとアクセス管理(IAM)は、すべてのユーザー、資産、データとのスムーズな対話エクスペリエンスを備えたハイブリッド・マルチクラウド企業を保護するために不可欠です。

IDガバナンスとインテリジェンスのプラットフォーム

ライフサイクル機能、コンプライアンス機能、分析機能を通じ、ユーザー・アクセスとユーザー・アクティビティーのプロビジョニング、監査、レポーティングを行います。

データ・セキュリティー・ソリューション

複数の環境にわたって企業データを保護してプライバシー規制を満たし、複雑な運用を簡素化します。