概要

ワークロードをハイブリッドクラウド環境へマイグレーションすると、攻撃対象領域が拡大します。これにより、データ・セキュリティーとコンプライアンスの新たな課題が生じる可能性があります。IBMの堅固なデータ中心のサイバーセキュリティー・プログラムは、包括的なデータ保護、一元化された可視性とモニターの機能を提供し、お客様の企業のデータ環境全体を、無許可のアクセス、機密漏れ、データの盗難から守ります。

メリット

クラウド・ジャーニーの支援

コンサルティング、システム統合、マネージド・セキュリティー・サービスにより、オンプレミスまたはハイブリッドクラウド上の重要なデータの保護を支援します。

データの保護とデータ・セキュリティー・リスクの軽減

継続的なディスカバリー、データ分類とベースライン設定、アクセス・ポリシー管理、継続的な脆弱性モニターを提供します。

監査およびコンプライアンスのワークフローの簡素化

複数のクラウド環境にわたって一元化された可視性と継続的な脅威モニターにより、監査とレポート作成を支援します。

限られた時間の有効活用

IBM®データ・セキュリティーのエキスパートにセキュリティー・スタッフの採用と研修を委任することにより、堅固でコスト効率の高いデータ・セキュリティー・ロードマップを作成します。

関連するデータ保護サービス

完全準同型暗号化サービス

クラウド環境またはサード・パーティー環境での機密データの分析中に、暗号化が維持されるようにします。

アプリケーション・セキュリティー・サービス

開発ライフサイクルを保護し、DevSecOpsプラクティスを変革することにより、エンタープライズ・アプリケーションのセキュリティー・プログラムを分析して充実させます。

ID管理とアクセス管理のサービス

成果に基づいた設計主導のIAM戦略を策定して、重要なデータの保護と職務の効率化を支援します。

マネージド・セキュリティー・サービス

24時間体制の監視、管理、対応を実現して、高度な脅威、リスク、コンプライアンスのニーズに対応します。これにより、チームは戦略的セキュリティーの優先事項に注力できるようになります。

クラウド・セキュリティー・サービス

IBM Securityのハイブリッドクラウドのエキスパートが、クラウドへのアプリケーションの移行をサポートします。これにより、移行時にセキュリティー、可視性、コントロールを維持することが可能になります。

データベース・アクティビティー・モニター・サービス

複数のハイブリッドクラウド環境にわたってデータ保護ポリシーとコンプライアンス・ポリシーをモニター、検出、実施します。

参考情報

データ・セキュリティーの最新情報

規制(CCPAやGDPRなど)の遵守、暗号化による資産保護についてなど、データ保護とプライバシーに関する最新の情報をご覧ください。

アプリケーション・セキュリティーの最新情報

アプリケーション・セキュリティーの基本についての洞察を得られます。さらに、クラウド・マイグレーション、モバイル・アプリケーションの保護など、より詳細なトピックについても把握できます。

クラウド・セキュリティーの最新情報

デジタル・トランスフォーメーションにおいて、セキュリティーは常に最も優先される必要があります。そのために役立つ、クラウド・データ保護、コンテナ保護などについての情報をご覧ください。

お問い合わせ