最も重要なデータを危険から保護

重要なデータは、企業が保管している全情報の中でわずかな割合しか占めていないかもしれませんが、機密情報の保護は不可欠です。重要なデータは優先度の高い各項目を保護して追跡する必要があります。

IBM®が提供するCritical Data Protection Programは、戦略上最も重要な情報を不正アクセス、公開、盗難から保護するための包括的なアプローチを提供します。

サービスの内容

識別と定義

最も貴重なデータを識別して、保護するためのセキュリティー目標を設定

ギャップ分析の実施

セキュリティー体制を改善できるように、重要データ・セキュリティー・プロセスと管理のギャップ分析を実施

セキュリティー・フレームワークをモニター

セキュリティー・メトリックと適切なガバナンス標準の管理をサポート

分析と分類

ビジネス情報と環境の最も重要な側面を分析して分類

リスク緩和計画の作成

ソリューションの優先順位付けと検証を行い、運用フレームワークを実装

ソリューションの内容

サポート

サポート

組織の競争上の地位、利益性、ブランド評価をサポート

回避

回避

高額なコストを伴うデータ漏洩をさらに効果的に回避

一元化

一元化

コンプライアンス管理のコストを削減しながら、データ・セキュリティーの一元化と自動化を実現

確立

確立

増大するサイバー・リスクと攻撃に対応できるセキュリティー・プログラムを確立

問題を知る

ITセキュリティー・リスクの緩和

プログラマチック・アプローチでより効率よくサイバー犯罪に対処します。

オプションを知る

セキュリティー・オペレーション・センターの構築

セキュリティー・インテリジェンスを最適化して脅威からのビジネスの保護を向上させる方法をご覧ください

実際に機能するセキュリティー・インシデントの対応計画

セキュリティー部門がコンピューター・セキュリティーの問題への対応計画において犯す上位10の間違い