IBM® TS7700メインフレーム

概要

IBM TS7700は、IBM Zデータのデータ保護と事業継続性を最適化する、メインフレーム仮想テープ・ソリューションです。 この製品ファミリーの最新世代であるTS7770は、既存のテープ操作との互換性を維持しながら、ディスク装置と同等の速度での動作を実現します。 IBM TS7700のグリッド通信機能は、任意のホストからグリッド内のすべてのデータへのアクセスを提供し、優れた事業継続性をサポートします。 第7世代は、POWER9プロセッサーとIBM FlashSystem 5000ディスク・キャッシュ上に構築され、パフォーマンスの向上、ディスク容量の高密度化に加えて、基幹業務を支えるハイブリッドクラウド環境におけるストレージの経済性とデータ・セキュリティーの向上を実現します。

デモを見る

→ 最新の発表

メリット

ミッション・クリティカルなパフォーマンス

IBM Zのミッション・クリティカルな機能に対応するように設計されているTS7770は、ディスク・ベースの操作のパフォーマンスと物理テープの容量と拡張性を兼ね備えており、可用性の高いストレージを提供します。

サイバー・レジリエンシー

Secure Data Transfer、クラウド・ベースの災害復旧、最大8つの異なるクラスター間での完全な複製、エア・ギャップによるシステムの物理的な隔離によって、サイバー・レジリエントな防御を実現します。

常時オンの可用性

中断なしに操作を継続できます。 TS7770は、自動的に切り替わる8クラスターのグリッド構成、完全な冗長性、ほぼ0秒のフェイルオーバー/フェイルバックを提供して、迅速なリカバリーを実現します。

シームレスなクラウド統合

IBM TS7770では、DS8000 Object Storeの機能によって最大256個のクラウド・オブジェクト・ストアを統合して、オブジェクトのコピーがあるかどうかにかかわらず、任意のTS7700から、グリッド内のすべてのオブジェクトにアクセスできるようになりました。

柔軟なストレージ

あらゆる規模の企業向けに、ラック型からラック・マウント型までさまざまな構成が取り揃えられているため、ニーズに応じた容量やパフォーマンスのモデルを選択して、基幹業務用ストレージ・ソリューションを柔軟に実装していただけます。

オールフラッシュ・インフラストラクチャー

TS7770のオールフラッシュは、小規模なインフラストラクチャーで、より迅速なデータ保護を実現します。 1つのフラッシュ・ドロワーの性能が、SAS HDDを搭載したドロワー10個分より優れているため、高いパフォーマンスを実現するとともに、データセンター内の20Uの設置スペースを削減できます。

お客様の声

IBM TS7770の主要な機能

事業継続のための8クラスター・グリッド

IBM TS7700ソリューションの概要を読む(PDF、1.5 MB)

グリッド通信機能は、リモート・サイトのいずれかで障害が発生した場合でも、データの可用性を維持できるように設計されています。グリッド環境に参加するTS7700システムは最大8つ構成できます。 この機能により、計画的な保守、サービスやシステムのアップグレード、または予期しない障害の発生時に可用性を維持できるため、災害時にテープ・カートリッジを物理的に移動しなくてもすみます。

オールフラッシュの高性能ソリューション

データ・シートをダウンロードする(4.9 MB)

従来型のHDDキャッシュ・ソリューションに追加された、SSDベースのキャッシュ・ドロワーを搭載した新しいオールフラッシュ版は、より高いパフォーマンスを提供して、バッチ処理にかかる時間を短縮し、TCOと、IBM Zのワークロード管理にかかる経費を改善するよう設計されています。

柔軟なクライアント・ベースのラック・マウント構成

IDC社のホワイト・ペーパーを読む(PDF、186KB)

TS7770は、小さな占有スペースと、低い導入コストでご利用になれます。 また、さまざまなニーズを持つあらゆる規模の組織向けに、柔軟な導入オプションをご用意しています。 TS7770仮想テープの強力な機能は、事前構築されたラック型ソリューションとして、あるいはお客様が提供する業界標準の19インチ・ラック構成で提供されます。

DS8000オブジェクト・ストア

DS8000オブジェクト・ストアにより、IBM ZのCPU使用率を節約しながら、データの移動を簡素化して加速します。 DS8900FはTransparent Cloud Tiering (TCT)を使用して、DFSMShsmオブジェクト・データをTS7700に移動し、同じTS7770クラスター上でFICON論理ボリューム・データとDS8900Fオブジェクト・データの両方を共有します。

Transparent Cloud Tiering(TCT)を活用して、パブリッククラウドまたはプライベートクラウドに仮想テープ・データを保管します。 TS7770からサーバーレスでクラウドへ直接データを転送することで、設備投資コストと運用コストを削減すると同時に、ビジネス効率を高めることができます。 クラスターを使用してクラウドにデータを保管している場合、クラウド接続が有効なグリッド内のすべてのクラスターが、そのオブジェクト・ストア・インスタンスにアクセスできます。

テープ用のクラウド・ベースの災害復旧

デモを見る

常に重要データの可用性を確保するためにセキュリティーの層を追加します。 データをクラウドにコピーし、災害が発生したらグリッドの外部でデータを復元できるようにすることで、グリッドを構築しながら重要データを必要なときに必要な場所で使用できるようにします。 TS7770 Cloud Connectのポイント・イン・タイム・バックアップをクラウドにコピーし、グリッド外部にある任意の空のTS7770 Cloud Connectにデータを復元します。 この機能では、IBM Cloud、AWS S3、IBM Cloud Object Storage、RStorがサポートされます。

Capacity on Demand

大容量の10 TB 7.2K SASドライブと、ドロワー・ペアごとに150 TBの使用可能容量を提供する新しいTS7770キャッシュ・サブシステムで、容量を20 TBおよび100 TB単位で同時に増やせます。

保管中と移動中のデータ暗号化

ESG社のレポートを読む(PDF、1 MB)

TS7700は、FICONテクノロジーを利用して、ホストから暗号化されたデータを受信します。これにより、イーサネット・ネットワークを介して移動するデータが保護されます。 また、ディスクとテープの両ドライブの暗号化のサポートにより、保存中の機密データも保護されます。

最適化されたデータ圧縮オプションが使用可能

ESG社のレポートを読む(PDF、1 MB)

ユースケース、ブロック・サイズ、パフォーマンスの要件などのさまざまな要因を各圧縮アルゴリズム固有の特性にマッチさせるために、複数の圧縮エンジンから選択できます。 使用可能なオプションとしては、TS7770で使用されているFICONアダプターに組み込まれた標準圧縮アルゴリズム、LZ4圧縮アルゴリズム、ZSTD圧縮アルゴリズムがあります。 さらに、IBM DS8900Fには、データをオブジェクト・ストレージのターゲットとして構成されたTS7770/60のシステムにTCP/IP接続によって転送する前に、そのデータを圧縮する機能が追加されています。これにより、設備投資コストを55%、運用コストを(3 年間で)44%削減できることが期待されています。

設備投資コストを運用コストに変換

製品ページに移動

使用量と容量に基づくクラウドのようなPay As You Grow料金体系により、設備投資コスト(CAPEX)を運用コスト(OPEX)に変換することで、データからより多くの価値を引き出します。 IBM Storage Utility Offeringを使用すると、ビジネスを変革できます。