IBM TS4500 Tape Library

高密度ストレージと統合管理を実現する次世代クラウド・ストレージ・ソリューション

コードが表示されたモニターを見つめる女性
次世代ストレージ

IBM® TS4500 Tape Libraryは、中規模から大規模の企業がクラウド・ストレージの課題に対応できるように設計されています。 業界をリードする最新世代のリニア・テープ・オープン(LTO)とIBMのエンタープライズ・クラスのテクノロジーが組み込まれており、組織が最新のテープ・ユースケースの増大するデータ要求に対処するのに役立ちます。

こうした課題には、クラウドおよびハイブリッドクラウド・インフラストラクチャーでの急激なデータ量増加、ストレージ・フットプリントのコスト増加、ベンダー・プラットフォーム間でのデータ移行の難しさなどが含まれます。



メリット 柔軟な拡張の実現

TS4500のモデルは、どの動作位置でも配置が可能であり、基本のLフレームの右側からでも左側からでもライブラリーを拡張できます。

キャパシティー・オンデマンドの提供

エントリー・レベル、中間レベル、およびベース・キャパシティーの構成をサポートしています。

動的ストレージ管理の活用

論理ライブラリーの作成と変更を行い、任意のドライブを論理ライブラリーに構成でします。

全体的なシステム可用性の向上

デュアル・ロボット・アクセサーにより、マウントのパフォーマンスと全体的なシステム可用性を向上させます。

ファイル・レベルでのデータ・アクセスを獲得

専用のアプリケーションを必要とすることなく、ファイル・レベルでデータにアクセスできます。

柔軟なパスによるアップグレード

ニーズの増大に合わせてテープ・ストレージを拡張したいユーザー向けに柔軟なアップグレード・パスを提供します。


主要な機能 小さいフットプリントによる拡張性

18フレームライブラリごとに最大1.05EBの圧縮データを保存し、3592カートリッジを備えた10平方フィートのライブラリに最大39PBの圧縮データを保存します。

LTO9テクノロジーでストレージ容量と密度を最大化

18フレームライブラリごとに最大1.04EBの圧縮データを保存し、10平方フィートのライブラリに最大39PBの圧縮データを保存します。

ポリシー・ベースの自動メディア検証

ポリシー・ベースの自動メディア検証により、アーカイブ・データを予測的に監視します。

データ暗号化とWORMメディア

データ暗号化とWrite Once Read Many(WORM)メディアにより、セキュリティーと規制準拠を強化します。

複数のテープ・ドライブの組み合わせのサポート

LTO Ultrium 9-5、およびIBM TS1160、TS1155、TS1150、TS1140テープド・ライブの任意の組み合わせをサポートします。

IBM Spectrum® Archiveのサポート

IBM Linear Tape File System(LTFS)テクノロジーを採用したIBM Spectrum® Archiveにより、テープ・カートリッジに保管されているデータへのアクセスを簡素化します。

IBM LTO Ultriumテクノロジーとの互換性

カートリッジあたり最大45TB(ネイティブの場合18 TB)の圧縮データ・ストレージをサポートします。 新しいLTOジェネレーション9カートリッジを使用してください。

ライブラリーの上部で使用できるオプションの5Uまたは10Uのラック・スペース

ライブラリー上部に配電ユニットなどを格納する余分のラック・スペースを提供してストレージのフットプリントを減らし、配線を容易にします。

オープン・システム・サーバーをサポート

ストレージ環境を簡素化して、データセンターの拡張と変更に対応した柔軟性を実現します。


現在、テープには1.2 PB、ディスクには2.5PBのデータがあります。 データの保存量が増加しても、TBあたりのコストは優れており、現在でははるかにコスト効率の高い方法でストレージのニーズに対応しています。 Patrick Dekkers ICT Technical Storage Specialist VU Medical Center 詳細はこちら

次のステップ

IBM TS4500 Tape Libraryの詳細はこちら

さらに情報を得る方法 サポート 資料 コミュニティー