IBM TS4500テープ・ライブラリー

概要

IBM TS4500テープ・ライブラリーは、中規模から大規模の企業がクラウド・ストレージの課題に対応する上で役立つように設計された次世代のストレージ・ソリューションです。 こうした課題には、クラウドやハイブリッドクラウドのインフラストラクチャーにおける大量のデータ・ボリューム、ストレージ占有スペースにかかるコストの上昇、複数ベンダーのプラットフォーム間での困難なデータの移行、スタッフの人材が減少する中でのITの研修と管理の複雑化が挙げられます。

メリット

柔軟な拡張の実現

TS4500のモデルは、どの動作位置でも配置が可能であり、基本のLフレームの右側からでも左側からでもライブラリーを拡張して、設置スペースを柔軟に活用できます。

キャパシティー・オンデマンドの提供

エントリー・レベル、ミドル、ベース・キャパシティーのオンデマンド構成をサポートしています。

動的ストレージ管理の活用

Advanced Library Management Systemを使用して動的ストレージ管理をサポートし、論理ライブラリーの作成と変更を行い、任意のドライブを論理ライブラリーに構成できるようにしています。

全体的なシステム可用性の向上

デュアル・ロボット・アクセサーにより、マウントのパフォーマンスと全体的なシステム可用性を向上させます。

ファイル・レベルでのデータ・アクセス

専用のアプリケーションを必要とすることなく、ファイル・レベルでデータにアクセスできます。 IBM TS4500は、IBM Linear Tape File System(LTFS)テクノロジーを採用したIBM Spectrum Archiveをサポートします。

柔軟なパスによるアップグレード

ニーズの増大に合わせてテープ・ストレージを拡張したいユーザー向けに柔軟なアップグレード・パスを提供します。

IBM TS4500テープ・ライブラリーの主要な機能

小さいフットプリントで優れた拡張性と速度を実現

18フレーム・ライブラリーごとに最大1.05EBの圧縮データを保存し、3592カートリッジを備えた10平方フィートのライブラリーに最大39PBの圧縮データを保存します。

LTO 9テクノロジーでストレージ密度を最大化

18フレーム・ライブラリーごとに最大1.05EBの圧縮データを保存し、LTO Ultrium 9テープ・カートリッジを備えた10平方フィートのライブラリーに最大39PBの圧縮データを保存します。

ポリシー・ベースの自動メディア検証

ポリシー・ベースの自動メディア検証により、アーカイブ・データを予測的に監視します。

データ暗号化とWORMメディア

データ暗号化とWrite Once Read Many(WORM)メディアにより、セキュリティーと規制準拠を強化します。

複数のテープ・ドライブの組み合わせのサポート

Linear Tape-Open(LTO)Ultrium 8、7、6、5とIBM TS1160、TS1155、TS1150、TS1140のテープ・ドライブのあらゆる組み合わせをサポートします。

IBM Spectrum Archiveのサポート

IBM Linear Tape File Systemテクノロジーを採用したIBM Spectrum Archiveにより、テープ・カートリッジに保管されているデータへのユーザー・アクセスを簡素化します。

最新のIBM LTO® Ultrium®テクノロジーとの互換性

このテープ・ライブラリーは、最新世代のLinear Tape-Open®(LTO)テクノロジーをサポートすることで、1カートリッジ当たり最大4530TB(ネイティブの場合182TB)のデータ・ストレージを提供します。これは、旧バージョンの圧縮容量から50%増加した容量です。また、初期化機能により、新しいLTO第8世代カートリッジを使用できます。

ライブラリーの上部で使用できるオプションの5Uまたは10Uのラック・スペース

オプションの5Uまたは10Uの上部ラックは、ライブラリー上部に配電ユニット、ファイバー・チャネル・スイッチ、テープ・データ・ムーバー、IBM® Linear Tape File System (LTFS)のノードなどを格納する余分のラック・スペースを提供してストレージの占有スペースを減らし、配線を容易にします。

IBM Zなどの大半のオープン・システム・サーバーをサポート

ストレージ環境を簡素化して、データセンターの拡張と変更に対応した柔軟性を実現します。

お客様の声

おすすめ関連製品