既存機能のモダナイゼーション : IBM Db2 for IBM Cloud Pak for Dataを利用すると、場所を問わずあらゆるデータを利用できます。

概要

注目のお客様事例

データ管理のモダナイゼーション

Db2 for IBM Cloud Pak for Dataは、コンテナ化されたバージョンのDb2でデータ管理を強化し、コストとリソースを管理しながら、急増するデータからの迅速な洞察の獲得を支援します。

データ探索の加速

データ仮想化ははすべてのエンタープライズ・データへのアクセスと可視性を高めます。

運用コストの削減

コンテナ化されたデプロイメントは、自動管理を特徴としています。

生産性の向上

コンテナ化されたマイクロサービスは、開発ライフサイクルを迅速化します。

Db2 Databaseのメリット

スポットライト

業界最高レベルのパフォーマンス

高速データ検索と照会に加えてディスク・スペース圧縮機能を備え、トランザクション応答時間が30%改善される可能性⁶

安全性の高い環境

GDPR準拠を管理するための高度な許可、保存されたデータと転送中のデータの暗号化、および包括的なセキュリティー管理

継続的可用性

自動化された再同期とリカバリーに加えて、IBM pureScale®を使用したクラスタリングにより、24時間365日ビジネスを継続

自動化された管理とチューニング

データベース環境の自動的なセットアップ、最適化、診断、および管理により、DBA時間を短縮し、保守コストを削減

複数のデータ・タイプおよび言語

柔軟性のある環境で、複数のプラットフォームに統合し、NoSQL、pureXML、GraphとJSON、Java、.Net、Ruby、Python、Perlなどをサポートして、堅固なアプリケーションを構築

スケーリング

ストレージ・コストを削減するために、マルチクラウド環境とハイブリッド環境で最大128台のマシンに拡張可能、さらにデータ・フェデレーションがデータ・サイロを解消

製品イメージ

データベース・リソース使用量

Db2のリソース使用量を表示しているスクリーン・ショット

データベース・リソース使用量

実行中または待機中の照会に関するリソース使用量情報を提供します。

データベース・スループット

データベース・スループットを表示しているスクリーン・ショット

データベース・スループット

データ変更が取得され、送信され、ターゲット・システムに適用される割合を確認します。

拡張性

拡張管理を表示しているスクリーン・ショット

拡張性

Db2 on Cloudのオンデマンド拡張性を監視し、データ要件を管理します。

データ・ロード

ファイル・ロード画面を表示しているスクリーン・ショット

データ・ロード

クラウド・ベースのストレージまたはデスクトップから、Db2 on Cloudに素早くデータを転送できます。

Db2最新機能のご紹介

IBMがリーダーに

Gartner社が2020年のMagic Quadrant for Cloud Database Management Systemsを発表しました。

IBM Cloud Pak for Data上で実行されるDb2

IBMのリーダー、Daniel HernandezとAyal Steinbergが、適切なデータ管理基盤がいかにAIの導入を促進するかについて説明します。

IBM Informix®

OLTPおよびIoTデータ用に最適化された拡張性のある組み込み可能なデータベース

IBM Db2® 12 for z/OS

分析、モバイル、クラウドの統合を備えた基幹業務データ用エンタープライズ・データベース

IBM Db2® Warehouse

Dockerコンテナでサポートされるインフラストラクチャー向けのソフトウェア定義のプライベートクラウド・データウェアハウス

購入前に試す

Db2 Databaseの無料評価版を使ってみる

脚注

¹, ⁶「Cost/Benefit Case for IBM Db2 11.5 Compared to Oracle Database 19c for OLTP Deployments」。Quark + Lepton、2020年4月14日。

²  「IBM Cloud Pak For Dataの経済への総合的な影響の予測™」、IBMにより委託されたフォレスター社による調査。 2020年2月。

³「Neo4j Enterprise Commercial Prices」ブログ。 John Mark。2018年10月。(リンクはIBMのWebサイト外になります)

⁴「Delivering Business Value through Transitioning from Management VMs to Orchestrating Containers」。 IBMの依頼によるオーバム社レポート。 2019 年 2 月。

「Red Hat Open Shift のビジネス価値」(PDF形式、322 KB)(リンクはIBMのWebサイト外になります)。 Red Hatが後援するIDC社のホワイト・ペーパー。 2017年10月。

⁷ 削減額の見積もりは、サポート・コストの年間5%の増加と、最大80%の節約を想定して計算されています。 実際の節約額は、異なる可能性があります。

脚注

¹, ⁶「Cost/Benefit Case for IBM Db2 11.5 Compared to Oracle Database 19c for OLTP Deployments」。Quark + Lepton、2020年4月14日。

²  「IBM Cloud Pak For Dataの経済への総合的な影響の予測™」、IBMにより委託されたフォレスター社による調査。 2020年2月。

³「Neo4j Enterprise Commercial Prices」ブログ。 John Mark。2018年10月。(リンクはIBMのWebサイト外になります)

⁴「Delivering Business Value through Transitioning from Management VMs to Orchestrating Containers」。 IBMの依頼によるオーバム社レポート。 2019 年 2 月。

「Red Hat Open Shift のビジネス価値」(PDF形式、322 KB)(リンクはIBMのWebサイト外になります)。 Red Hatが後援するIDC社のホワイト・ペーパー。 2017年10月。

⁷ 削減額の見積もりは、サポート・コストの年間5%の増加と、最大80%の節約を想定して計算されています。 実際の節約額は、異なる可能性があります。