分析ワークロードの高速化と簡素化を実現するAI時代のデータウェアハウス

弾力的でシンプルな構成

コンテナ・ベースのアーキテクチャにより、プライベート・クラウドやコンテナ化された環境など導入場所を選ばず、迅速で柔軟なデプロイメントと自動スケーリングを兼ね備えています。プラットフォーム間での移植も容易です。またIBM BLU Acceleration®と連携し、組み込みの機械学習、SMPおよびMPP処理、インデータベース分析を実現します。これらの機能によりAIのメリットをビジネスに迅速に活用できます。 

Aberdeenレポートを読む: トップ企業がハイブリッド・データウェアハウスを使用する理由(英語)

製品の特長

導入や更新の時間とリソースを節約

ご希望のDockerコンテナ対応のインフラストラクチャーに、構成済みのデータウェアハウスを短時間でデプロイ可能です。弾力的なスケーリングが得られ、更新やアップグレードが容易になります。

インデータベース分析により新たな洞察を獲得

データが存在する場所でインデータベース分析を実施します。SparkとRのオープン・ソースは、データベースに直接組み込まれた予測モデリング・アルゴリズムを提供し、企業のAIをより迅速かつ効率的にします。

超高速の照会処理

SparkとBLU AccelerationのインメモリーSQLカラムナー処理をMPPクラスター・アーキテクチャーと共に使用して、データサイエンティストのための複雑な照会と予測モデルの構築、テスト、デプロイメントを高速化します。

自動的なスキーマ生成とデータ・ロード

数回のクリックだけで、Twitterのデータ、オープン・データ、地理空間データなどの非構造化データ・ソースを、分析のための構造化形式に自動的に変換できます。

ワークロードの可搬性

IBM Db2® Warehouseを使用すると、オンプレミス、パブリック・クラウドとプライベート・クラウド間で共通のSQL分析エンジンを使用できるため、ワークロードをより適切な場所に移動しやすくなりSLA対応が容易になります。

独自のインメモリー・データ処理

IBM Db2 Warehouseは、IBMのインメモリー・カラムナー処理技術であるBLU Accelerationを使用します。元データが大きくても、必要なデータだけをメモリ上で圧縮したまま処理するため高速処理が実現できます。データ・スキッピングにより該当するデータ・ブロックのみを読み込みます。

地理空間データをIBM Db2 Warehouseにロード

IBMのアナリティクス機能が複数のアルゴリズムと共に、IBM Db2 Warehouseに直接組み込まれています。これにより線形回帰、デシジョン・ツリー・クラスタリングなどが提供されます。

組み込みのApache Sparkエンジン

IBM Db2 WarehouseをSparkと組み合わせることで、スタンドアロンのSparkよりも高いパフォーマンスが得られ、データ探索でより優れたデータサイエンス体験が提供されます。

統合されたRの開発と導入

IBM Db2 Warehouseには、開発用のRStudioとRインデータベース機能が統合されており、データベース内のデータを直接分析できます。数分間でデータをロードして分析を実行します。

データの移行が簡単に

IBM Db2 Warehouseは、サポート対象のDb2ドライバーにより、Db2、PDA、Oracleと互換性があります。スタンドアロンのクラウド・データウェアハウスとしてデプロイ可能なほか、オンプレミスのデータウェアハウスとも連携可能です。

Sparkの分析機能

データへのアクセスの待ち時間を最小化して、計算を迅速化します。IBM Db2 Warehouseでは、各ノードには独自のデータが含まれており、ローカルのApache Sparkの実行プログラム・プロセスとオーバーレイされます。

Dockerコンテナ・テクノロジー対応のSDE向けに提供

ご希望のDocker対応オペレーティング・システム (x86、Windows、Mac、またはIBM Powerハードウェア)にデプロイできます。IBM Db2 Warehouseは、リソースを自動プロビジョニングして、変化するワークロードのニーズに対応できます。

製品イメージ

お客様のニーズに合わせた最適なプランをご提案します

Db2 Warehouse Developer Edition


ラップトップ、仮想マシン、または仮想プライベート・クラウドにインストール可能です。

Db2 Warehouse Enterprise Edition


実稼働用にエンタープライズ・グレード・サーバーまたは仮想プライベート・クラウドにインストールします。

お客様の声

お客様導入事例

  • 関連データに即時アクセス

    問題点

    セルフサービスのデータ・アクセスと分析の幅広い要求

    ソリューション

    この動画で、ハイブリッド・データウェアハウスの柔軟性により、IT部門がデータの制御を取り戻す方法をご覧ください。ユーザーがすべての関連データ・ソースにセルフサービス・アクセスできるようにします。また、データウェアハウジングの概念のこの概要において、実際のお客様事例研究についても説明します。

  • 柔軟なスケーリングと簡単なデプロイメント

    問題点

    急速に拡大するデータマートを簡単に拡張するのが困難だと感じています。

    ソリューション

    IBM Db2 Warehouseでは、お客様のワークロードの需要に合わせて、「スケールアウトとスケールイン」を簡単に行うことができます。ライセンス・コストを節約するためのアクションを実行しましょう。使用した分に対して月次ベースで支払いをします。 この短い動画で詳細をご覧ください。

Next Steps

無料のDeveloper Editionをダウンロードする

お客様ご相談窓口

お客様ご相談窓口

初期費用やお客様の要件に合わせた構成についてもご相談可能です。
ビジネスでのデータ / AI 活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。