ホーム ケーススタディ Knowis AG - クラウド 欧州銀行家の選択肢を広げ、コスト削減を実現
knowis AG、IBM Db2 on Cloudデータベースを活用したクラウドベースの金融プラットフォームを構築
オフィスビルのロビーで話す3人のビジネスマン

knowis AGが提供する金融プラットフォームでは、コア・バンキング・システムとチャネルの間に「デジタル・アジリティ・レイヤー」を設けることで、銀行をはじめとした金融サービス組織を支援しています。

これまでknowisはオンプレミスのソリューションを顧客に提供してきましたが、クラウドベースの製品を提供することで同社のサービスを拡張したいと考えていました。

knowis製品管理担当副社長のChristian Sternkopf氏は次のように述べています。「オンプレミスのソリューションでは、セットアップと保守にコストがかかるだけでなく、セットアップには時間もかかることが想定されます。また、見込み客の中には、ハードウェアの購入や、インフラストラクチャーのセットアップと保守を担当できる人材を確保できない方もいらっしゃいます。」

knowisでは、顧客のコスト削減と導入までの時間短縮を実現するために、同社の金融プラットフォームの一部として使用できる、スケーラブルなクラウドベースのフルマネージド・データベースを模索していました。同社が求めていたデータベースには、銀行業界にとって必要不可欠なセキュリティーを搭載し、欧州銀行監督局 (EBA) が定める要件を満たす必要がありました。

コスト縮小

 

フルマネージドのクラウドベース製品で、顧客のセットアップと保守にかかる費用を削減

TCO(総所有コスト)の向上

 

ソリューションのTCO削減で、顧客基盤を小規模組織にまで拡大

IBM Db2 on Cloudを使って良かった点は、すぐに使えるという点でした。 (Christian Sternkopf氏、 製品管理担当副社長 knowis AG)
クラウドで顧客の選択肢を広げる

knowisは、顧客にクラウドベースのフルマネージド製品を提供するにあたり、IBM® Db2® on Cloudデータベースを採用しました。同社は、EBAの要件に準拠するため、顧客が持つすべてのデータをEU域内で保管する必要がありました。Sternkopf氏は「IBMはフランクフルトにデータセンターを持っていることから、欧州連合内におけるすべての管理サービスの提供が可能になります。クラウドの競合他社では、実現できなかったと思います。」と語っています。

IBMはknowisとタッグを組み、Db2 on Cloudデータベースを同社の金融プラットフォームに統合しました。Sternkopf氏は「Db2 on Cloudを使って良かった点は、すぐに使えるという点でした。Db2を当社のプラットフォームに統合する際のIBMとの連携は非常にスムーズで、必要なサポートはすべて得られました。」とコメントしています。このデータベースは、同社がすでに利用していたIBM Business Process Manager on Cloudソフトウェアとも簡単に統合できました。同氏は続けて、「今回のプロジェクトは、どちらもクラウド製品であるIBM Business Process ManagerとDb2を当社のプラットフォームに搭載する絶好の機会でした。この2つの製品は相性が良く、信頼性と高いパフォーマンスを発揮します。」とも語っています。

IBMはフランクフルトにデータセンターを持っていることから、欧州連合内におけるすべての管理サービスの提供が可能になります。クラウドの競合他社では、実現できなかったと思います。 (Christian Sternkopf氏、 製品管理担当副社長 knowis AG)
コストとセットアップ時間の削減

Db2 on Cloudソリューションを導入したことで、knowisはフルマネージドのソリューションを提供できるようになり、その結果、セットアップと保守にかかるコストの削減も実現できました。knowisではこれまで、見込み顧客に金融プラットフォームの提案を行う際には、オンプレミスのインフラストラクチャーのセットアップとサポートに関する取り決めも含めて話をする必要がありました。しかし、Db2 on Cloudを活用した製品を導入したことにより、同社はクラウドベースの導入オプションを提供できるようになったことから、販売サイクルも短縮できました。

今回導入したクラウド製品により、同社は見込み客の基盤も拡大させることができました。これまでknowisは、オンプレミスのプラットフォームの運用に必要なインフラストラクチャー、スキル、リソースが揃っていた大規模組織への販売に重点を置いていました。しかし、Db2 on Cloudを活用したソリューションを導入したことで、同社の金融プラットフォームをより低い総所有コスト(TCO)で利用できるようになり、顧客による保守も不要になったことから、小規模な銀行や金融機関でも導入しやすくなりました。「導入オプションをひとつ増やしたことで、金融市場の小規模な顧客層にも提案できるようになったのは、私たちにとって大きなチャンスと言えるでしょう。」とSternkopf氏は語っています。

Knowisロゴ
knowis AGについて 

2004年設立のknowis外部リンク (リンクはibm.comの外にあります)は、ドイツのレーゲンスブルクに拠点を置く業種特化型ソフトウェアのベンダーです。同社は、銀行および金融サービス業界にデジタル・トランスフォーメーションを加速させるソリューションの提供を専門としています。knowisは100を超える金融機関にサービスを提供しています。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ Journey to AIブログ

IBMは、Gartner社が実施した2020年のMagic Quadrantでクラウド・データベース管理システムのリーダーに選出されました

ブログを読む
KONEブログ

IBM Watson IoTとIBM Cloudで世界にある110万台のエレベーターの「人の流れ」を改善

ブログを読む
Ehrhardt + Partner Group

倉庫の作業量を予測するAI物流プラットフォームを立ち上げる

PDFファイルを読む
法務

© Copyright IBM Corporation 2021.IBM Corporation、Watson、Cloud Platform、日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2021年8月アメリカ合衆国で制作

IBM、IBMロゴおよびibm.comは、世界中の多くの管轄区で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。