IBM Business Automation Workflow V20.0.3を利用できるようになりました。

概要

メリット

BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)とケース管理の統合

作業を統合して標準化し、順位付けを容易にします。 反復可能なビジネス・ワークフローでプロセス中心の作業とケース中心の作業を組み合わせて、企業の幅広いニーズに応えます。

顧客サービスの改善

ワークフロー参加者とケース担当者がシステム、情報、分析機能にアクセスできるようにして、顧客エンゲージメントを高めます。 トランザクション・ワークフローとケースの解決を迅速化します。

意思決定の強化

標準装備の可視性と強力な分析機能を使用して、ケースの迅速な解決と、ITチームとビジネス・チームのコラボレーションの向上のための最適なアクションを特定します。

手頃な初期費用

初期費用を低く抑えたサブスクリプション・ベースの消費モデルで小規模なプロジェクトを開始した後で、初期プロジェクトから企業規模プログラムにスムーズに拡張できます。

簡単なアクセス

セルフサービス・ポータルを利用して、開発環境、テスト環境、ランタイム環境にアクセスできます。

主要な機能

さらに機能を入手

IBM Cloud Pakの一部としてIBM Business Automation Workflowを入手し、確信を持って投資の拡大とスケーリングを実施

統合

相互につながった複数の点を示すアイコン

IBM Cloud Pak for Business Automationには、AIを活用した機能、共通のユーザー・インターフェース、ローコード・ツールが含まれています。

完全性

つながった複数の正方形を示すアイコン

タスクの自動化、ワークフローのオーケストレーション、意思決定管理、コンテンツサービスなど、さまざまな機能をご利用になれます。

最先端

買い物かごのアイコン

モジュール式の便利な料金体系ですので、ニーズに合わせてご利用いただけます。

使ってみる

IBM Business Automation Workflowを無料でお試しください。Webセミナーにて、デモをご覧いただけます。