ホーム ケーススタディ Profile Centevo IBM Db2とAWSを活用したクラウドネイティブなバンキング・サービス拡大
Profile Centevo + IBM + AWS
ATMからお金を引き出す若い女性

Profile Centevoは30年以上にわたり、先進的な資産および資金管理ソリューションの提供に注力し、北欧の65以上の銀行や金融機関をサポートしてきました。3 年前、Profile Centevoは、地方銀行への強力なAPIゲートウェイを実現しながら、資産管理、資金管理、信託管理、ファミリー・オフィス・サービスのソリューションを拡大するために、大手金融ソリューション・プロバイダー、Profile Group に買収されました。

Profile Groupは、コストを削減し、運用効率を向上させ、新しい用途とユースケースをより迅速に拡大するために、デジタル変革とクラウドネイティブ・ソリューションに向けた取り組みを続けています。Profile Groupのデータおよびクラウド戦略に沿って、Profile Centevoは、オンプレミスのIBM® Db2®データベース環境とミッションクリティカルなアプリケーションを、ダウンタイムやアプリケーションの変更なしで、完全に管理されたクラウド・サービスに迅速にモダナイズする必要がありました。その効果はかなり大きいものでした。たとえば、あるアプリケーションは、ファンド・マネージャー、小売業者、企業ユーザーを含むノルウェーとスウェーデンの数十万のユーザーをサポートする高性能トランザクション用のライブ決済システムを強化しました。

迅速でシームレスな移行

データベースをオンプレミスからクラウドへとモダナイズするには、数週間から数か月かかる場合があります。Profile Centevoには、機密データの保存とセキュリティーの管理、消費されるサービス、ストレージ、メモリー、CPU、その他のデータベース管理タスクの監視の構成、移行中の接続の問題回避を行うための特別な方法も必要でした。Profile Groupは、主要なインフラストラクチャー管理、セキュリティー、コンプライアンス、およびIBM Db2などのオンプレミス展開への容易な移行を実現するため、主要なクラウド・プロバイダーとしてAmazon Web Services(AWS)を選択しました。DB2をAmazon Relational Database Service(Amazon RDS)で利用可能にしたことで、IBMとAWSはデータベース移行サービスおよび同等の互換性を利用して、Profile CentevoがDb2データベースとアプリケーションをAWSクラウドにシームレスに移行できるようにしました。Amazon RDS for Db2は、プロビジョニング、バックアップ、ソフトウェアのパッチ適用、モニタリングなどの時間のかかるデータベース管理タスクを自動化することで、イノベーションとビジネス価値の向上に費やす時間を確保します。

Profile Centevoは、オンプレミスのDb2データベース環境とアプリケーションをわずか15日でクラウドに移行しました。Amazon RDSサービスがなければ 3 倍の時間がかかったでしょう。従来、データベースを本番環境に復元するといった面倒な作業は、ダウンタイムやアプリケーションの変更を伴うことなく2日しかかかりませんでした。AWSへの移行は重要なマイルストーンであり、20を超えるファンドマネージャーや流通業者が新しいプラットフォームにシームレスに移行しています。Profile Centevoはメッセージ統合サービスも移行し、最終的にサービスと機能の向上により顧客に利益をもたらしました。Profile Centevoは、AWS上の最新のクラウドネイティブ・インフラストラクチャーを利用することで、グローバルな拡大を目指して、新しい用途やユースケースを地域全体に迅速に拡大できるようになりました。

「Amazon RDS for Db2がソリューションとして利用できなかったら、Db2インスタンスをクラウドにモダナイズするのに3倍の時間がかかっていたでしょう」と、Profile Centevoのクラウド・アーキテクト兼DevOpsマネージャー、Antonis Tsoulidis氏は言います。「Amazon RDS for Db2がなければ、Db2のインストールを自分たちで行い、データベースのセキュリティーと暗号化を管理し、インスタンスの監視を設定し、接続の問題を管理する必要があったでしょう」

3倍 SaaSへのモダナイゼーションの時間を短縮 4x インフラストラクチー・ャコストの削減
この成果は、当社のイノベーションと自律性への取り組みを強調するだけでなく、お客様に優れたサービスを提供するという弊社の献身的な姿勢を強調するものでもあります。AWSへの移行と独自機能の開発により、当社はノルウェーの金融サービス・プロバイダー市場で重要な位置を占めることになりました。 Profile Group グループ・テクニカル・ディレクター Apostolos Kritikopoulos博士
データベース操作の最適化

クラウドネイティブ・ソリューションへモダナイズすることで、Profile Centevoの金融サービスへの取り組みが強化され、SWIFT(世界銀行間金融通信協会)を利用してライブ決済をサポートする事業体に高度な接続が提供され、ノルウェーの大手金融サービス・プロバイダーとしてのProfile Centevoの地位がさらに盤石なものになりました。

「この成果は、当社のイノベーションと自律性への取り組みを強調するだけでなく、お客様に優れたサービスを提供するという弊社の献身的な姿勢を強調するものでもあります」と、Profile Groupのグループ・テクニカル・ディレクター、Apostolos Kritikopoulos博士は言います。「AWSへの移行と独自機能の開発により、当社はノルウェーの金融サービス・プロバイダー市場で重要な位置を占めることになりました」

Profile Centevo は、最新のIBMおよびAWS主導のトランスフォーメーション以降、生産性が向上したことに満足しており、クラウドへのモダナイズがもたらす多くのメリットを実感しています。

  • 数回クリックするだけで、新しいデータベース・インスタンスをセットアップできるため、時間のかかる設定プロセスの手間が省けます。
  • このソリューションは高可用性をサポートし、AWS Multi-AZと地域間バックアップを活用した常時稼働の資金および資産管理アプリケーションとトランザクションの提供に役立ちます。
  • AWSは、すぐに使えるセキュリティーと暗号化を管理し、Profile Centevoが好みに合わせて設定し、機密の財務データの漏洩を防ぐこともできます。
  • 自動データベース監視により、企業はコスト削減のためにスケールダウンする時期や、より多くのリソースが必要なときにスケールアップする時期の通知を受け取って、データベース・インスタンスとリソースをより適切に最適化できます。
  • 高品質データの実稼働データベースのスナップショットの所要時間を4時間から5分に短縮できます。
  • 同社は、AWSが管理する保守アップグレードによってアップグレードの保守作業を自動化し、年間288時間の作業時間を節約しています。

「全体として、消費されたリソースを詳細に監視でき、インスタンスをその場で最適化できます」と Tsoulidis氏は言います。「さらに、安全でコンプライアンスに準拠したトランザクションを確保するのに役立ち、アップグレードなどの他の面倒な作業の自動化により、年間何百時間もの手動アップグレード作業を節約できます」

面倒なインフラストラクチャー管理作業がAWSによって管理されるようになったことを考慮すると、Profile Centevoは、既存の自己管理型のDb2データベースをクラウドに移行することで、年間インフラストラクチャー・コストを最大4倍削減できると見積もっています。

「たとえば、インフラストラクチャー管理コストについて言えば、以前はオンプレミスで支払っていた金額は、現在の Amazon RDS for Db2で支払っている金額の 4 倍です。これは、多くのリソースを必要としないアプリケーションの話ではありません。リソースを大量に消費するアプリケーションについて話しているので、これによるコスト削減の機会は想像に難くありません」とTsoulidis氏は言います。

将来を見据えて、Profile Centevoは、事業および資金管理アプリケーションを北欧および北欧以外の世界中の複数の顧客に拡大する予定です。Amazon RDS for Db2のサービスと移行の単純さを考えると、同社はクラウドベースのサービスを世界中の他の地域に広めるために、他のアプリケーションをAmazon RDSに移行することを心待ちにしています。

Profile Centevoのロゴ
Profile Centevoについて

Profile Centevo(ibm.com外部のリンク)は、北欧地域における専門的な資産およびファンド管理ソリューション・プロバイダーです。同社は65を超える顧客にデジタル・サービスを提供しており、実績のあるオンボーディング・プロセスとアジャイル開発手法を備えた信頼できる長期プロバイダーです。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

Amazon RDS for Db2を今すぐ入手 Amazon RDS for Db2のライブデモを予約する
法務

© Copyright IBM Corporation 2024.IBM Corporation, Cloud, New Orchard Road, Armonk, NY 10504.

2024年3月に米国で制作。

IBM、IBMのロゴ、ibm.com、およびDb2は、米国やその他の国と地域におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、ibm.com/legal/copyright-trademarkでご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。