開催概要

企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)が進み、ビジネス変革の加速に伴ってIT環境もハイブリッド・マルチクラウドへのシフトとデータ・セントリック化が進展する中、セキュリティー対策にも変革が迫られています。従来の境界型セキュリティー対策の効果は薄れ、いまやあらゆるエンティティー(システム、アプリケーション、ユーザー)とデータに対して信頼性や妥当性の検証を求められるゼロトラスト・セキュリティーが不可欠となっています。

すでに多くの企業がゼロトラスト・セキュリティーをベース・コンセプトにした対策に着手しているものの、個別・単体ソリューションの導入に留まり、包括的なセキュリティー向上に至っていないケースや、膨大なセキュリティー・アラートへの対応に追われ、運用効率の低下に陥っているケースが散見されます。本来目指すべきは、複数ソリューションが有機的に統合・連携され、さらに一定の自動化が行われることで、高いセキュリティーレベル、ユーザー利便性、および低い運用負荷が実現された状態です。

IBMはお客様に寄り添い、企業や組織ごとに最適なセキュリティー環境を構築し、維持運用していくためのトラステッド・パートナーでありたいと考えています。

IBM Security Summit 2021は、2021年11月17日(水曜日)に「統合・自動化された真のゼロトラスト・セキュリティー実現に向けて」をテーマに、オンライン・セミナーを開催しました。お客様や有識者をお迎えし、IBM Securityのリーダーとともに「どのようにセキュリティー変革を推進するか」最新のアプローチ、知見をご紹介いたしました。当日の動画と資料をオンデマンド形式で公開しております。ぜひご視聴ください。


対象

・全業種の経営層・役員、IT・情報システムにおけるセキュリティー管理者
・デジタル関連部門の管理職・ご担当者の皆様


お申し込み

セミナーの動画と資料はこちらからご利用いただけます。


プログラム

オープニング

日本アイ・ビー・エム株式会社
執行役員 セキュリティー事業本部長
小川 真毅

小川 真毅​​​​​​​

基調講演

サイバーリスク最前線 ~サイバーリスクへどう備えるか~(30分)

サイバーリスクへの備えは、今や最重要の経営課題となっています。テクノロジーの進歩に対応し、中長期的な観点から直近で必要となる対策まで視野に入れたサイバーセキュリティガバナンスが重要です。本講演では、量子コンピュータ時代を見据えた技術動向から、セキュリティインシデントが発生した時、被害を最小限に抑えるためにどのように備えたらよいかまで、当機構が実施している実践的サイバー防御演習等も含めてご紹介します。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
サイバーセキュリティ研究所
研究所長
盛合 志帆 氏

盛合志帆の写真

IBM社員によるリレートーク

AIで実現する統合・自動化されたゼロトラストの全体像(40分)

現在、DX推進やコロナによるリモートワーク活用により、多くの企業様がゼロトラストセキュリティーを意識しての対策を取りつつあるかと存じます。一方で、ゼロトラストは特定のツールを導入して実現できるものでなく、いくつものツール・仕組みを有機的につなぎ合わせることにより実現するものです。本セッションでは、AIを活用することで実現できる統合・自動化されたゼロトラストセキュリティーとはどのようなものか、についてご紹介いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社
セキュリティー事業本部部長
セキュリティー・ソリューション営業部 部長
廣瀬 慎一朗

テクノロジー事業本部
第二セキュリティー・テクニカル・セールス 部長
赤松 猛

テクノロジー事業本部 
第一セキュリティー・テクニカル・セールス 部長
斎藤 哲郎

セキュリティー事業本部 X-Force Red 日本責任者
ブランドン・フォード(Brandon Ford)

廣瀬 慎一朗/部長 赤松 猛/部長 斎藤 哲郎/ブランドン・フォード

お客様対談

グローバル金融グループにおけるセキュリティー最新状況(20分)

グローバルに事業展開し多数のグループ会社を擁する東京海上ホールディングス様においては、セキュリティー態勢の整備および実効性確保について継続的な推進活動が必要とされています。リスク環境の変化(クラウド活用・リモートワーク拡大)に対応し、グループ全体のセキュリティー状況の可視化を実現するためには、ご担当者の属人的活動では難しく、適切なプロセス導入・ソリューション活用が求められます。それら検討状況の実際について、対談形式でお話を伺います。

東京海上ホールディングス株式会社
プリンシパル
原田 大 氏

日本アイ・ビー・エム株式会社
セキュリティー事業本部
アソシエイト・パートナー
縣 和平

原田 大 氏/縣 和平

パネルディスカッション

激動の2021セキュリティー総括と2022に向けた展望(45分)

DXの進展、クラウドシフトの加速、コロナ禍に伴うリモートワーク環境の導入など、ITインフラの変革が進む中、クラウド・サービスからの情報漏洩、ランサムウェア被害といったインシデントも数多く発生し、企業のビジネスに大きな影響を与えています。このセッションではそうした激動の2021年を振り返るとともに、2022年のセキュリティーはどこへ向かうのか、そして対策はどうあるべきか、様々なお立場のゲストをお招きし、IBM有識者とともに意見を交わしながら展望します。

日本ゼオン株式会社
デジタル統括推進部門
デジタルシステム管理部
グループ長
桒畠 弘美 様

日本アイ・ビー・エム株式会社
セキュリティー事業本部 コンサルティング & システム・インテグレーション アソシエイト・パートナー
山下 慶子

セキュリティー事業本部
X-Force インシデント・レスポンス
日本責任者
徳田 敏文

桒畠弘美 山下 慶子 徳田 敏文

クロージング

日本アイ・ビー・エム株式会社
理事 セキュリティー製品事業部長
植田 典子

植田 典子