概要

ビジネスの洞察を導き出す

IBM Cloud Object Storageを使用すると、組織はほぼ無制限の量のデータに対し一元化されたデータ・リポジトリーを構築できます。 データはネイティブ形式のままであり、IBM Cloud Object Storageで出し入れする必要はありません。IBM Cloud Object Storageベースのデータレイクは、分析のための永続的なデータ・ストアとして使用できます。

ユースケース

データのマイグレーション

データのマイグレーション

HadoopからIBM Cloud Object Storageに大量のデータを効率的に移行することにより、高価なHadoopクラスターのスペースを解放します。

データを移動せずに照会

データを移動せずに照会

保存中のデータ上で直接分析を実行することを可能にするクエリー・インプレース機能を備えたさまざまなビッグデータ分析ユースケースのアクティブ・ワークスペースとして使用します。

Apache Spark Analyticsの使用

Apache Spark Analyticsの使用

Apache Sparkへの接続が最適化された、分析のための低コストで拡張性の高い永続ストレージ層として使用できます。

トレーニング・モデルの保管

トレーニング・モデルの保管

お客様のビジネスにAIを取り入れるために必要な機械学習とディープ・ラーニングのワークフローを加速します。 AIモデルの構築とトレーニングやデータの準備と分析を、1つの統合環境で行います。

パイプラインの構築と分析

パイプラインの構築と分析

膨大な量のIoTデータを低コストで保管し、分析フレームワークがデータに直接アクセスできるようにします。 データ・パイプラインを簡単にセットアップして管理し、分析に対応したデータを生成することができます。

主要な機能

ユースケースにおける主要な機能

HDFSクラスターからデータを簡単に手早く移動

IBM Big Replicateを使用してHadoopデータ・クラスターからデータを効率的にIBM Cloud Object Storageに移動することで、Hadoopクラスターのスペースを解放し、データの一貫性が保証された継続的な複製を提供します。

データを移動せずに照会

IBM Cloud SQL Queryは、開発者がANSI SQLステートメントを使用して、さまざまな形式で複数のファイルに保存されているデータを分析・変換できるようにする、フルマネージド型のサービスです。

Apache Spark分析の実行

IBM Cloud Object Storageは、Apache Sparkサービスへの最適化された接続を提供して、複数のソースからのデータを保管します。 層を分離して、データをオブジェクト・ストレージ層に保存し、クラスターをスピン・アップします。

機械学習ワークフローのためのデータの保管

IBM Watson® Studioは、オープンソースとIBMのツールに基づいて構築された、ハイブリッドクラウド・プラットフォームです。データを分析し、それを使用してAIモデルの構築とデプロイを行うことができます。

インテリジェントなデータ検出の実行

IBM Cloud Object Storageに取り込まれたデータは、IBM Watson Knowledge Catalogでの管理が可能になります。これは、データをセグメント化して保護するデータ・プロファイラーを使用して行われ、より優れたガバナンスを実現します。

IoTデータ・パイプラインの容易な構築と分析

IBM Cloud®は、IBM Event StreamsやSpark as a Serviceなど、Apache KafkaとApache Sparkに基づくサービスを提供します。 IBM Event Streamsからオブジェクト・ストレージへのパイプラインを設定し、管理できます。

容易なデータの収集と取り込み

IBMは、データをIBM Cloud Object Storageに取り込むためのさまざまな方法を提供しています。例えば、ネットワークを介した迅速なデータ転送のためのAspera®高速データ転送機能が、ネイティブに統合されています。

コスト効率と柔軟性

組織は、一元化されたデータ・リポジトリーを構築して、費用対効果と拡張性の高いストレージを活用し、あらゆるソースからあらゆるタイプのデータを、ほぼ無制限に収集して保管できます。

常に利用可能

IBM内部データに基づいて99.999999999%の耐久性を提供するように設計されています。 特許取得済みのテクノロジーによって、データが暗号化されて、複数のIBMデータセンター施設内の複数のデバイスに分散されます。

高い安全性

サーバー側の自動暗号化を使用してデータを保護し、IBM Key Protect鍵管理システムが管理する鍵を使用した暗号化オプション、またはユーザーが管理する鍵を使用した暗号化を提供します。