IBM® Event Streams
イベントをApache Kafka for Enterpriseと連動させる
ユースケースはこちら
一定期間内に生成、消費、または処理されたメッセージの数に関連する指標を表示するダッシュボード

IBM Event Streamsは、オープンソースのApache Kafka®上に構築されたイベント・ストリーミング・ソフトウェアです。  IBM Cloud上でフルマネジド・サービスとして利用するか、セルフ・ホスティングに利用できます。

より魅力的な顧客体験を提供するには、リアルタイムで行動できるようにイベント駆動型の取り組みを加速する必要があります。 IBM® Event Streamsが提供するエンタープライズ・グレードのイベント・ストリーミング機能を利用して、発生したイベントに対応するのに役立つスマートなアプリを構築できます。 企業向けのApache Kafkaの実行から得られた長年にわたる運営上の専門知識に基づいているIBM Event Streamsは、ミッションクリティカルなワークロードに最適です。

メリット 適応型ソリューションを構築

データのストリームを使用して、IBM Event Streams for Cloudを使用するユーザーに迅速で魅力的な体験を提供します。

機械学習を促進

イベントを使用して、一括処理からIBM Event Streams for Cloudを使用したリアルタイムの予測分析に移行します。

機能

スケーラブルなREST APIを使用した 接続。最大限の接続性を実現するために、Event Streamsはエンタープライズ・グレードのREST APIを提供します。 ネイティブKafkaクライアントをサポートしていない重要なデバイスやシステムに接続します。 これらの環境からイベントを送信するために、Event Streamsはイベント・バックボーンとシームレスに統合する、スケーラブルで処理能力の高いHTTP REST APIを提供します。 詳細はこちら

デプロイメント 豊富なセキュリティおよびジオ・レプリケーション機能により、障害回復が可能になります。 IBM生産性向上ツールを活用し、コマンドライン・インターフェイス(CLI)を使用してベスト・プラクティスを実装します。 詳細はこちら
イベント駆動型の専門知識 必要なときはいつでもIBMのサポートを活用して、深い技術的専門知識を得ることができます。 詳細はこちら

Event Streamsにより、システムの応答が速くなり、パーソナライゼーションが改善されるはずです。複数の顧客データ・イベントがシステムに収束すると、応答が構築され、その特定の顧客に独自のユーザー・クスペリエンスが提供されます。 Jan Harald Fonås氏 ミドルウェア・システムエンジニア Norsk Tipping社
ユースケース

IBMには、クライアント向けのApache Kafkaを実行してきた長年の経験があります。 KONEがIBMイベント・ストリーミング技術を使用して週7日毎日24時間予測メンテナンスを実行している方法をご覧ください。

受賞歴のあるUIを見る

IBM Event Streamsは、2019年Indigoデザイン賞を受賞しました。 UX、インターフェイス、ナビゲーション機能と、対話型デザインが評価され、この賞を受賞しました。

サポートされているプラットフォーム

Event Streamsは、IBM Cloud上にフルマネジドApache Kafkaサービスとして展開できます。 また、 Red Hat® OpenShift® on IBM Cloud®またはIBM CloudプライベートKubernetes環境に展開することもできます。

導入オプション IBM Cloudサービスを使用して適応型ソリューションを構築

これはIBM Cloud上で実行され、2015年からIBMが提供しているフルマネジド・サービス型Apache Kafkaです。

開始する
認定コンテナ・ソフトウェア

Red Hat OpenShiftまたはIBM Cloudプライベート上で実行されるこのソフトウェアは、より優れたイベント駆動型企業になるのに役立ちます。

ドキュメントはこちら
次のステップ

ベントを企業向けのApache Kafkaと連動させる方法をご覧ください。

ユースケースはこちら よくある質問をご覧ください Event Streamsのプロビジョニング

IBM Cloud上でフルマネジドKafkaサービスを利用して、イベントにリアルタイムで対応するインテリジェントなアプリケーションの構築を支援します。

詳細はこちら