ホーム ITオートメーション Event Automation Event Streams with IBM Event Automation
Apache Kafkaを簡素化: 必要な場所にイベントを転送する、スケーラブルかつ回復力のあるイベントのバックボーンを管理します。
ライブ・デモの予約
イベント・アドバイザー・アプリケーションの図
イベント駆動型アーキテクチャーの適切な基盤を構築

Event Streamsは、イベント主導型企業の中核となるビルディングブロックを提供し、ビジネス・イベントを必要とするアプリケーションがリアルタイムかつ大規模に利用できるようにします。

Apache Kafkaのようなオープンソースのテクノロジーをベースに構築されたEvent Streams は、コネクター、分析、処理などのエコシステム全体を簡単に利用できるようにします。

以下を組み込むことで、企業全体にわたるKafkaの運用と管理が簡素化されます。

• インフラストラクチャーをコードとしてデプロイするオペレーター

• イベント・データ・スキーマのサポート

• クラスター間でデータを同期するジオ・レプリケーション

• クラスターを大規模に実行するためのワークロード・バランシング

• 外部システムにアクセスするための内蔵コネクター

• どこからでもイベントを公開できるREST API

• ハイブリッド・デプロイメントのための管理UI

メリット レジリエントかつ利用可能なデータ

ダウンタイムによって業務が中断されないようにしましょう。IBM® Event Automationは、ジオ・レプリケーションを容易にして迅速な災害復旧を実現しながら、需要に応じてKafkaクラスターを自動的に拡張してビジネスの継続性を確保します。

デプロイメントとモニタリングが簡単

シンプルなUIでクラスターのデプロイメントと管理を自動化することで作業時間を節約します。ユーザーがメッセージを簡単に参照し、主要なメトリクスを監視し、データの原因となる問題に迅速にアクセスして、問題の特定を迅速化できるようにします。

安全かつ保護されたイベント

メッセージ・ペイロード、トピック名、コンシューマー・グループを暗号化することでデータのプライバシーを維持します。各ユーザーとアプリケーションが各リソースに対して持つアクセス・レベルを定義することで、Event Streamsのリソースを保護します。

Event Streamsの仕組み
どこにでも導入 Kubernetesオペレーターを使用してApache Kafkaをデプロイすると、デプロイメントが同一になり、一貫性のあるセキュリティーが確保され、企業全体で管理しやすくなります。StrimziオペレーターをベースにしたIBM Event Streamsオペレーターは、Apache Kafkaのさまざまなコンポーネントのデプロイ、構成、調整を支援し、本番環境での可用性を確実に維持します。

すべてを接続 IBM Event Streamsは、クラウド、SaaS、オンプレミスのアプリケーションとデータ・ソースを迅速に接続するための数百種類もの構築済みコネクターを備えており、イベントのソーシングを容易に開始することができます。また、ネイティブのKafkaクライアントをサポートしないデータソースに対しては、Event Streamsはイベントバックボーンとシームレスに統合するスケーラブルで高スループットのHTTP REST APIを提供します。 コネクターを表示

信頼性の高いアクセス IBM Event Steamsは、通常、異なる場所にあるクラスター間のデータを同期します。オープンソースのKafka Mirror Maker 2をベースにしたジオ・レプリケーション機能は、あらゆるOSSまたはベンダーのKafkaクラスターで動作し、選択したトピックのコピーを作成して災害復旧を支援します。

すべてを管理する IBM Event Streamsは、プロデューサー、コンシューマー、およびシステムの健全性をモニタリングおよび管理する機能を提供します。これにより、特定のトピックやパーティションにドリルダウンする機能が提供され、メッセージが送信、公開、消費された速度を表示できるようになります。ペイロードやスキーマを含む個々のメッセージを検査する機能を獲得し、データの原因となる問題に迅速にアクセスして問題の特定を加速します。
関連製品 IBM API Connect®

複数のクラウドおよびオンプレミス環境にわたって、ライフサイクル全体を通じてAPIを保護、管理します。

IBM App Connect

強力なiPaaSを使用してデータを統合し、APIを構築することで、イベントに対応し、アプリケーションとデータの場所にかかわらず、接続できます。

IBM Cloud Pak® for Integration

IBM Event AutomationをIBM Cloud Pak for Integrationに追加すると、投資範囲を広げ、自信を持って拡張できます。

次のステップ

IBM Event Automationを使用して、イベントの価値をどのように引き出すことができるかをご覧ください。

Webセミナーを見る デモの予約
その他の参考情報 製品ドキュメント