IBM Cloud Event Managementとは

IBM Cloud Event Managementでは、以下の方法を制御して自動化します。

    運用上のインシデントの特定と優先順位付け

     適任者への適切なタイミングでの通知

    解決アクティビティーのガイドと自動化

最初の応答者がサービスを迅速に復元できるようにする

イベントのノイズの75%を素早く効率的に排除し、1つのサービスで発生している問題に優先順位を付け、問題を診断し、割り当て、解決します。

運用の最初の応答者によるイベントへの応答を迅速化して解決できるようにします。

Help first responders restore service promptly
Support continuous application rollouts into production

実働への連続的なアプリケーションの展開をサポート

運用者(Ops)と開発者(Dev)が運用上のインシデントに備えられるようにします。

インシデントを自動的にルーティングすることで、開発と運用の間のギャップを埋めて、開発チームと運用チームが協力して複雑な障害を最終的に解決できるようにします。

運用リーダーを強化して効率性を向上

運用上の動作を観察し、最も必要なところで専門分野の知識を共有します。

知識や観察されたアクティビティーをガイダンスや自動化に変えることによって効率を向上させ、介入なしにインシデントが解決されるようにします。

Empower Ops leaders to improve efficiency

モニター、テスト、またはデプロイメントのツールから、イベント・データを迅速かつ容易に統合

Ebook: Putting the Ops into DevOps For Dummies

このebookは、IT運用(特にDevOps)に影響を与えるテクノロジーのトレンドとプロセスのベスト・プラクティスを共有しています。アプリケーションとインフラストラクチャーの動作に対する運用上の洞察の最適化について、関連するビジネス成果に加えて学習します。

利点

問題を迅速に特定

さまざまなソースからの何千ものイベントを自動的に取り込み、アプリケーションの問題を何が引き起こしているかを示している優先順位付けされたインシデントに統合します。

ノイズを排除

誤ったアラームや重複したアラームで時間を無駄にすることなく、適切なイベントを適任者に割り当てることで、インシデントを迅速に優先順位付け、診断、解決します。最初の応答者が注意すべきイベントに集中できるようにして、アプリケーションのすべての障害の解決までの平均時間を短縮します。

運用の正常性の分析と改善

運用リーダーが効率性を向上させ、動作を観察し、知識を収集し、それらの洞察をオペレーター・ガイダンスや自動化に変えるよう支援して、インシデントをより効率的に解決できるようにします。

即応性と制御の向上

すぐに使用できるように準備するため、運用のあらゆる段階でチームの準備態勢/能力を強化し、1つのプラットフォームから数分以内にイベント、運用手順書、およびアラートの統合ソリューションを迅速に構成して保守します。

IBM Cloud Event Managementの機能

すぐに使用できる、事前設定された機能

統合後すぐに効率を向上させる、実証済みの、極めて強力な拡張容易性と強化された機能。

単一のソリューション

1つの総合的なソリューションを使用して、数分以内に、運用上のインシデントの取り込み、相関、通知、解決を行います。

運用手順書(Runbook)の自動化

ガイド付きタスクと自動化されたアクティビティーを作成、管理、実行しながら、評価とコメントの機能でチーム間のコラボレーションを向上させます。

統合された通知

適切なタイミングで適任者に通知されるようにして、不要なアラートや重複アラートからのノイズを削減します。

IBM Cloud Event Managementをすぐに始める

わずか数分で、登録して、問題イベントの取り込み、相関、解決を始められます。