大容量データ・ファイル転送の課題

CAD図面、超高解像度の映像データ、意匠ファイル、ゲームコンテンツ、ライフサイエンスの遺伝子データなど、ファイルサイズが非常に大きい、数が大量、データ転送距離が長い、転送頻度が高く時間が相当かかる――ビジネス現場には、データの同期に課題があります。

FTPによるファイル転送 ?

No!

  • 距離が長くなるにつれて転送時間も長くなる
  • 大容量データの転送に対する信頼性が低い

ハードディスクを使った送付?

No!

  • データの紛失や盗難にあうリスクが高い
  • 時間がかかり、作業負担が大きい

クラウド・ストレージを使ったファイル共有?

No!

  • セキュリティーに不安がある
  • プライベート・クラウドやオンプレミスに対応しない

IBM Aspera(アスペラ)があれば、大容量データ/大量ファイルでも、
既存ネットワークで安全に、しかも頻繁に高速で送信、転送ができる、そんな時代がやってきました。


各業界向けホワイトペーパー

自動車業界

全世界に分散した製造拠点間で設計図書などの低速転送や転送失敗に起因する、生産の遅れが心配

製造業界

エンジニアリング・コラボレーションのためのグローバルな高速ファイル共有、シミュレーション検査用の大規模なデータ・マイグレーションなど

ライフサイエンス業界

ゲノムやタンパク質情報のデータ、D/4D分子画像を取り込み、収集、分析して、世界中の研究者や医療専門家の間で安全に共有

メディアとエンターテインメント業界

4K/8K、VR、3D、その先の技術に対応しながら、高速データ転送と高品質ライブ伝送でタイムリーに配信するために

独自技術FASPテクノロジー

IBM Asperaの要は、特許取得済みのFASPテクノロジーです。
その画期的な転送プロトコルにより、現行のインフラのまま、FTPやHTTPに比べて数十~百倍の高速化を実現し、さらに、徹底したセキュリティー、100%の高信頼性、優れた帯域幅制御を提供します。

最新FASPテクノロジーに興味がありますか?

さらに表示 | 閉じる

速さの仕組み

FTP

遅延やパケットロスで、期待した応答時間で受信確認できないと自動的に減速する

FASP

パケット到達順序に制約はなく、パケットロスが発生しても、転送レートを下げずに転送は継続

FASPテクノロジーの特長

ファイルサイズ、転送距離、ネットワーク条件に左右されずに、最高速度で移動させる次世代の 転送技術です。

  • 高速性
    データをより速く移動するためにネットワーク帯域幅をフル活用
  • 信頼性
    帯域幅に応じた転送時間の予測と転送の保証
  • 柔軟性
    オンブレミス、クラウド、ハイブリッド・クラウドに対応
  • 安全性
    強力な暗号化とセキュリティー
  • 帯域制御
    転送速度の動的な指定による他の通信との共存
  • コスト
    ストレージ、コンピュート資源、人件費の削減
1Gbps回線でのスループットの比較

IBM Aspera製品シリーズとは

さまざまなニーズに合わせ、大容量ファイル、大量データ、ストリームデータを画期的な転送プロトコルにより、既存ネットワークで安全、確実、高速に転送、送信、共有、 同期を可能にするソリューションです。

大容量ファイルやフォルダのアップロードや取り込み

グローバルの複数拠点へ大量データの配信

ギガバイトのファイル、テラバイトのデータの共有と交換

大容量ファイルやディレクトリーの複製と同期

大容量ファイル転送、高速データ送信ソリューション

Asperaの速さを実感!! 30日間または100GBまで無料でお試しいただけます。

Aspera on Cloud 無償評価版を試す


Asperaビジネス活用事例

FOX Sports

サッカー世界大会の試合放映を支えています

ミラノ万博メディア情報配信実行委員会

ミラノ万博の高精細な映像情報をタイムリーに日本に配信

エスツー株式会社

GPUとIBM Asperaを備えた仮想デスクトップ環境で大容量の映像データ編集が抱える課題の解決

Aspera事例特集

そうそうたる企業の皆様にご活用いただいています。国内外の海外事例を一挙紹介。

エキスパートと話す
大容量ファイル転送、共有についてお気軽にご相談ください。

IBMアクセスセンター(一次受付)
電話番号:0120-550-210
(識別コード:Cloud)