クラウド・データセンター、オンプレミス・ロケーション、および3人のユーザーが関与するAsperaデータ配信の図

あらゆる場所で高速データ配信を実現

ビジネスのグローバル化が進み、より多くのデータをクラウドに移行するにつれて、データが作成・保管される場所と、それを必要とする場所の間の距離が、数千マイルとまではいかずとも、数百マイルになることは多々あります。しかし同時に、データがすぐに利用できるという期待ももたれています。

Aspera®を使用すれば、世界中のシステム、従業員、お客様、およびパートナーとの間で、あらゆる規模のデータを最大速度で配信、配布することができます。このソリューションには、お客様のデータセンター内にオンプレミスで、あるいは無制限オンデマンド・スケールアウトのためにクラウドに導入される高速転送サーバーが含まれます。

Asperaの高速転送サーバーの詳細を読む(PDF、240 KB)→

 

究極の速度と柔軟性をご体験ください

データの高速転送

特許取得済みのAspera転送プロトコルにより、Aspera転送ソリューションは、必要な時に必要な場所にデータを高速配信することで、距離にかかわらず、どこにでもデータを転送して保管することができます。

高品質の、あらゆるビットレート・ストリーミングを取得

ファイルの転送に加え、Asperaのストリーミング・テクノロジーにより、非管理対象インターネット上の任意の距離にわたり、待ち時間ほぼゼロで、任意のビット・レート・ビデオをエラー・フリーで転送することが可能になります。

データ転送を安全に維持

安全なユーザー・アクセス制御、転送中およびオプションで保存中のAESデータ暗号化、中間者攻撃から保護するためのデータ保全性検査により、データを保護します。

FOX Sports:サッカー世界大会で大幅に製作費を削減しながら、心を捉える視聴体験を

FOX Sports は、IBM Aspera のリモート編集用ライブ・ストリーミング技術を利用して 2019 FIFA 女子ワールドカップを放映しました。同社はロシアで開催された去年の FIFA 男子ワールドカップにおいて、かつてない規模でリモート編集用ライブ・ストリーミング技術を活用し、歴史的な成果を残しました。以前は、放送局は自社の編集スタッフや機器すべてを海外の開催地に送り込んでいました。IBM Aspera のライブ・ストリーミング技術を利用することにより、FOX Sports はロシアに少数のスタッフを派遣してオンサイトで作業させるだけで、ロサンゼルスにある同社の最新の制作施設からほぼリアルタイムでハイライトを制作できるようになりました。この結果、同社は視聴者のためにより充実したコンテンツを制作しながら、時間とコストを節約することができました。このイベントは、FOX Sports の 24 年の歴史において最大規模の制作となりました。

事例を読む→

FOX Sports:サッカー世界大会で大幅に製作費を削減しながら、心を捉える視聴体験を

Aspera配信ソリューションがお客様の成功を支援

IBM Aspera High-Speed Transfer Server

Asperaの極めてスケーラブルなサーバー・ソフトウェアが業界標準になった理由をご覧ください。

データ転送のニーズについてご相談ください