概要

同期の高速化と複製の強化

92時間短縮

ソフトウェア構築プロセスの高速化により時間短縮を実現¹

80倍高速化

100万件の小容量ファイルの同期にかかる時間が再同期と比較して940倍高速化²

940倍高速化

5000件の大容量ファイルの同期にかかる時間が再同期と比較して80倍高速化³

複製と同期の高速化を達成

大規模に実現

拡張性を表すアイコン

マルチギガビットの転送速度で、何百万件の小容量ファイルや少数のマルチテラバイトのファイルを同期します。

同期の効率化

同期を表すアイコン

Aspera Syncでは、変更とファイル・システム運用を認識して、不要なコピーを回避できます。

ニーズに合わせた構成

構成可能性を表すアイコン

単一方向同期と双方向同期、1対1の同期、1対多の同期、フルメッシュ型の同期から選べます。

Asperaのデータ同期に関する技術文書とダウンロード

大規模なエンジニアリング・ソースコード・リポジトリー

大容量のソースコード、エンジニアリング仕様、設計文書の同期についてご覧ください。

WANを介した大容量のデータ・ファイル・ストア

従来型の同期ツールのボトルネックを克服し、最高速度へと拡張する方法をご覧ください。

IBM Aspera FASP®セキュリティー・モデル

Aspera FASPによってIBM Asperaの全製品にセキュリティーが標準装備された方法についてご覧ください。

お客様の抱えるデータ転送のニーズに対する最適なプランをご提案します。

脚注

¹ National Instruments社がIBM Asperaの使用によって達成

² 100万件の小容量ファイルを平均ファイル・サイズ100 KB、ネットワーク待ち時間100ミリ秒、パケット・ロス1%の条件で同期した場合

³ 5000件以上の大容量ファイルを平均的なファイル・サイズ100 MB、ネットワーク待ち時間100ミリ秒、パケット・ロス1%の条件で同期した場合