名画で学ぶストレージ

個人情報との戦い

記事をシェアする:

コンプラ対策、機密情報管理、GDPR…データ検索に苦悩するエンジニア

「個人情報を含んだ画像と動画って、どうやって探せばいいのォォォォ〜!」

出典:エドヴァルド・ムンク「叫び」

#名画で学ぶストレージ

#情シスあるある

今回解説するのは私、「たけだ」です。

料理とロボットガジェットが大好きなストレージ名画ギャラリーのオーナー。Myダッチオーブンで作った本格料理の味は芸術の域。

一言:「芸術を理解するAIロボットを創りたいわ」

大切なのに、どこにあるのかわからない個人情報

コンプライアンス的に重要なデータやGDPRにかかわる個人情報、そして企業の機密情報など、セキュアな情報が増え続けているにも関わらず、実はどこにどの情報があるのか把握しきれていない…?しーっ!そんなこと言っちゃ、監査で引っかかっちゃいますよー!

「データが増えすぎて、何がどこにあるのかわからない」のは、データサイエンティストや情シス部のみなさんの隠された共通の悩み。このエドヴァルド・ムンクの名画「叫び」は、まさしく「機密情報を守り、監査対策に追われ、GDPR対応まで求められるエンジニアの叫び」を描いたものです。深刻だけど、日々増え続ける大量のデータや非構造化データをきちんと管理するのなんて無理ゲーと感じている方は多いのではないでしょうか。

 

データが大量すぎて、必要なデータが見つからない…

あふれかえるデータの中から個人情報やセキュア情報が含まれているもの、そして本来の業務である分析に必要なデータを探し出す方法としては、ファイルの作成日や最終更新日時、ファイルの保管場所などを条件に検索するのが一般的。ただ、データのシステム属性だけに頼った検索では、「欲しいと思うデータの検索条件」をピンポイントで設定できるとは限りません。非構造化データをOCRでテキスト化して検索をかける手段もありますが、今ひとつ正確性に欠けます。あぁ、こうして瞬く間に帰社の時間。最終的には精度の低いデータ結果を「えいや!」で出すしかなさそうです。

専用ツールでデータ管理すれば、安心♪

IBMの「IBM Spectrum Discover」は、データにタグを付けてカタログ化できる製品です。タグにはメタデータを利用できるので、大量かつ分散してしまいがちなセキュアデータや個人情報、コンプライアンス上重要なデータなどの効率的な管理を実現します。

IBMのストレージはもちろん 業界シェアトップのAmazon Web Services (AWS)をはじめとして主流ストレージシステムに対応しているため、幅広く活用できるのが嬉しいポイント。さらに仮想ストレージとしてシンプルにデプロイできて、データの自動インデックスなど、システム運用やデータ最適化も可能です。また、わかりやすいダッシュボードによる操作、見やすいレポートの提供などで、大量のデータと格闘する毎日をサポートします。

監査に必要なデータやGDPR対応のための個人情報、自社の機密情報など「重要なのに分散してしまいがちなデータ」には、タグを付与してラクラク管理。AIで画像を分析・抽出したデータにタグを付けることもできますよ。タグの使い方は無限大、あなた次第♪ビックデータを扱うデータサイエンティストや情シス部のみなさん、簡単データ管理で本来のデータ分析業務に集中できる環境を手に入れてくださいな♪


Chie Takeda

More 名画で学ぶストレージ stories

データは増えども予算は増えぬ

情シス部あるあるコーラス   (情シス部Aさん)「空き容量がない~♪」 (情シス部Bさん)「ストレー […]

さらに読む

障害は会議室で起こってるんじゃない!

会議室からの指示が障害対応の遅れを招くことも……。 「障害は会議室で起こってるんじゃない、データセンターで起こ […]

さらに読む

データ戦国時代を勝ち抜け!

新たなクラウド・サービスの導入を依頼された情シス部 「クラウドは運用が簡単…まじで言ってる?」 出典:ヨハネス […]

さらに読む