IBM Storage

ミッション・クリティカルなハイブリッド・クラウド向けIBM最強ストレージ

記事をシェアする:

IBM DS8900F

IBM DS8900F

クラウド・コンピューティングとメインフレームは情報システムに最も大きな影響を及ぼした2つのテクノロジーであり、両者は今、それぞれの強みを生かしながらその連携を深め、さらなる価値をお客様に提供し続けています。

企業の 85% がすでにハイブリッド/マルチクラウドを採用しており、2021 年までには既存アプリケーションの大部分がクラウドに移行するとみられています[1]。 同時に、メインフレームの活用は依然として堅調で、世界中の全クレジットカード処理の 87%を含む 、毎日 300 億ものトランザクションがIBM Zメインフレーム上で処理されています[2]

2019年9月12日(米国時間)、IBMが発表した新しいストレージ ・ソリューション「IBM DS8900F ファミリー」は、IBM Z および LinuxONE サーバーのミッション・クリティカルな機能に最適化され、IBM Zメインフレームとクラウド間とのさらなるシナジー効果を発揮するように設計されています。データ基盤をシンプルかつ大容量化し、クラウドを介したデータ保護を実現することで極めてセキュアなハイブリッド・マルチクラウド環境を構築することが可能となります。

新しい DS8900F ファミリーは、従来の DS8880の後継機で、DS8910FとDS8950Fの2つのモデルがあります。DS8910FはDS8882FおよびDS8884Fの後継モデルで、複雑さが大幅に緩和され、低コストでも多種多様なワークロードに対応することが可能です。

IBM DS8950F は、DS8886FおよびDS8888Fの後継モデルで、IBM Z、IBM LinuxONE、IBM Power SystemsおよびIAサーバーなどのすべてのミッション・クリティカルなストレージ・ワークロードを単一のオールフラッシュ・ストレージ・ソリューションで統合することが可能です。

非常に短いアプリケーション応答時間

IBM DS8900F は、大量の IBM Z トランザクションをより高速に処理するだけでなく、19 マイクロ秒のストレージ待ち時間、2 倍のスループット、最大 60% 増の IOPS によって、ミッション・クリティカルな業務を支えるための比類のない価値をもたらすとともに、以下の機能を提供します。

  • システム間におけるセキュアな認証処理

    認証されたシステムのみがデータにアクセスできるようにする独自の IBM テクノロジーです。この機能により、データセンター間に信頼できるストレージ・ネットワークが構築され、アプリケーションの変更は必要なく、データ転送中および保存中のデータを暗号化することができます。

  • システム稼働時間の最大化

    DS8900F は、99.99999%を超える可用性と災害復旧用のマルチサイト・データ・レプリケーション機能により、ミッション・クリティカル業務におけるデータへの継続的なアクセスを実現します。HyperSwap テクノロジーによって、都市圏内でのデータ損失を防ぎ、そして、1600 km 以上先でも、IBM GDPS (広域分散並列シスプレックス:Geographically Dispersed Parallel Sysplex ) は、3 秒から 5 秒の RPO (Recovery Point Objective)と 60 秒未満の RTO(Recovery Time Objectivie) でビジネス運用の回復を支援します。

  • サイバーアタックからデータを保護するSafeguarded Copy 機能

    IBM DS8900F は数100世代の瞬時バックアップ取得とセキュリティー強化のために複数の管理者による操作確認を必要とする承認管理を備えており、ユーザー・エラー、悪意のある破壊、ランサムウェア攻撃によるデータの変更や削除を防ぎます。

  • IBM Z とハイブリッド・クラウド環境を透過的に統合

    IBM DS8900F によって、ご利用のハイブリッド・マルチクラウドが IBM Z のためのバックアップ/アーカイブに利用可能な新しいストレージ層に生まれ変わります。入出力パフォーマンスへの影響もなく、サーバーやゲートウェイの追加も不要です。TCT (Transparent Cloud Tiering)では、AES-256bit 暗号化でデータを保護し、大容量のデータ・セットをクラウドにマイグレーションする際のメインフレームの CPU 使用率を最大 50% 削減できます[3]


[1] IBM Institute for Business Value: Assembling Your Cloud Orchestra、2018 年 10 月: https://www.ibm.com/downloads/cas/EXLAL23W
[2] IBM: 2018 Annual Report https://www.ibm.com/annualreport/assets/downloads/IBM_Annual_Report_2018.pdf
[3] 結果は、サイズが 6000 3390 トラックを超えるデータ・セットを移行する場合の EC12 での暫定的な IBM 社内データ測定に基づいています。

More IBM Storage stories

IBMは、2020 Magic Quadrant for Distributed File Systems and Object Storageで、5年連続でリーダーに認定

IBMはビジョンの完成度と実現能力が優れていると認められました。 IBM はGartner Magic Quadrant for Distributed File Systems and Object Storage で […]

さらに読む

意外と知られていないコンテナ環境でのストレージの役割

マルチクラウドでアプリケーションを運用する基盤としてコンテナ環境が注目されていますが、ストレージのことを決して忘れてはなりません。実はコンテナ環境は、オンプレミスの仮想化環境のような手厚い保護は行われていないのです。コン […]

さらに読む

コンテナおよびハイブリッドクラウド向けのシンプルなストレージ

本日、IBM は弊社ストレージ製品およびデータ保護ソリューションの新機能と機能拡張を発表しました。これらの機能拡張は、急速に普及するRedHat OpenShift をはじめとするコンテナおよび Kubernetes の […]

さらに読む