IBM Cloud Blog

Watson Studioとは

記事をシェアする:

Watson Studio(US)は、ビジネス課題をチームメンバーと協働しながら、データを活用して解決するための環境とツールを提供します。ビジネスへのAI活用のために必要な機能がオールインワンとなっている統合開発・分析環境と言えます。

Watson Studio Platformの紹介画像

Watson Studioは、以下に代表されるような様々な機能を提供しており、役割に応じて必要な機能を選択しながら利用できるため、データ・サイエンティストの生産性を高めることができます。

  • 協働するチームメンバーの権限管理機能
  • データ資産を活用するための機能
    • クラウドやオンプレミス環境上のデータソースへの接続管理
    • 組織のカタログを利用したデータ資産の共有と利用
    • オブジェクト・ストレージへのファイル・アップロード
    • ストリーム・データの収集と分析
    • データのクレンジングや加工
  • データ資産を分析するためのツール
    • Jupyter notebooksやRStudioによるデータ分析
    • マシン・ラーニングやディープ・ラーニングのモデル作成とテスト、クラウドへのデプロイ
    • ニューラル・ネットワークに応じたディープ・ラーニングのモデルのテスト実行
    • 画像認識のためのトレーニング・ツール
    • 分析結果を共有するためのダッシュボード

 

上記の機能の一部について、概要を紹介します。

データのクレンジングや加工(Refine Data)

データ分析を開始する前のデータの加工処理を実施できます。特定の条件でのフィルタリングや、カラム同士の演算処理の結果を新しいカラムとして追加する、データを集約する、不要なカラムを削除する、といった操作を実施できます。また、可視化機能を利用することで、利用するデータの品質や傾向を視覚的に確認できます。

Refine Data

 

マシン・ラーニングのモデル作成

Model Builder、Flow Editor、Notebookのいずれかを利用してマシン・ラーニングのモデルを作成し、Watson Machine Learningなどにデプロイして、そのモデルを試すことができます。

 

ディープ・ラーニングのモデル作成

Neural Network Designerを利用してニューラル・ネットワークのモデルを作成し、Watson Machine Learningなどにデプロイして、そのモデルを試すことができます。トレーニングの効率を向上させるために、GPUを利用やトレーニングの並列実行の機能を提供します。

ディープ・ラーニングのモデル作成

 

画像認識のためのトレーニング・ツール

Watson Visual Recognitionによる画像認識でのカスタム・モデルの作成とテストのためのツールを提供します。画像のアップロードやラベル付け、学習/再学習をブラウザ上で実施できます。

画像認識のためのトレーニング・ツール

 

分析結果を共有するためのダッシュボード

協働するメンバー向けに分析結果を共有するためのダッシュボードを、コーディングすることなく作成できます。

分析結果を共有するためのダッシュボード

 

Jupyter Notebookによるデータ分析

「ノートブック」という形式で、データ分析のためのプログラム作成と実行、可視化、結果の記録をブラウザ上で対話的に実行できます。PythonとR、Scalaによるプログラミングに対応しています。数値計算やグラフ描画、機械学習などの豊富なライブラリを利用できるため、効率よくプログラミングできます。

Jupyter Notebookによるデータ分析

 

OSSであるJupyter Notebookは、Pythonを利用したデータ分析の開発・実行環境として人気があります。このJupyter NotebookをWatson Studioで利用することで、以下のようなメリットを享受できます。

  • ディープ・ラーニング用のフレームワークが導入済みであるなど、環境のセットアップの手間を省略できる
  • Watson Machine LearningやSpark、Object Storageなどのクラウド・サービスとの連携が容易であり、すぐに作成したモデルを実行できる
  • クラウド上のサーバーでの並列実行やGPUの利用など、ハイパフォーマンスな環境を利用できる

Watson Studioによるデータ分析の流れをご理解いただけるように、ハンズオン形式の記事をご用意しています。気象庁が公開するオープンデータを利用した、桜の開花予測という身近なテーマのデータ分析です。ぜひ「Data Science Experience (Watson Studio) で始めるデータ分析」にアクセスいただき、実際にWatson Studio上でコードを動かしながら手軽に始められるデータ分析をご体験ください。
 

 

More IBM Cloud Blog stories

分散クラウド vs. ハイブリッドクラウド vs.マルチクラウド vs エッジコンピューティング (Part 2)

IBM Cloud Blog, IBM Cloud チュートリアル

この投稿は、2020年10月14日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 このブログは、重要なクラウドコンピューティングのアーキテクチャーを検証するシリーズ(2部構成)の第2部です ...続きを読む


ニューノーマル時代における正しいマスク着用を認証できるしくみとは

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

今日の環境では、仕事においても個人の行動においても、マスクの着用がもはや当たり前になってきました マスクの着用により、空気感染によるウィルスの感染リスクを大幅に低減できることはよく知られていますが、ときどき、その正しい着 ...続きを読む


IBM Center for Cloud Training が新たに提供する、クラウド・サイト・リライアビリティー・エンジニアの認定資格

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

この投稿は、2020年10月06日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 サイト・リライアビリティー・エンジニアは、自らの開発スキルと運用スキルを活かしたい IT プロフェッショナ ...続きを読む