IBM Watson Blog

Watson事例 — ハワイに関する情報なら、JALのマカナちゃんにお任せ!

記事をシェアする:

日本航空(以下JAL)様では、お客さまにハワイ旅行をより楽しんでいただくため、専用ウェブサイト上のチャットで質問を書き込むと、IBM Watson APIの照会応答(Watson Assistant)機能、性格分析(Personality Insight)機能に加え、画像認識(Visual Recognition)機能と連携した「マカナちゃん」がハワイの現地情報やおすすめスポットを回答するサービスを展開中です。

対話や画像をベースに、個々のお客様に最新情報を提供

ハワイ島(コナなど)に加えオアフ島(ホノルルなど)にまで範囲を拡大し、旅には欠かせないレストランや観光スポットなどの情報を、お客さまとのチャットによるやりとりから、それぞれのお客さまの趣味嗜好に応じておすすめします。また、世界最大の旅行情報サイト「TripAdvisor®」と連携しているため、『マカナちゃん』がお勧めする情報は常に最新の画像や口コミ付き。スマートフォンやPC で、友達とメッセージをやりとりするようにハワイの情報を知ることができ、紹介された情報を参考に、充実したプランを練ることが可能です。

また、2017年12月にリリースした第3弾では、利用者が自身で撮影した写真や、見たい景色、食べたいものなどの画像をチャット画面上で「マカナちゃん」に送信することで、画像の分析結果とそれに応じたハワイのおすすめスポットの情報を受け取ることができるようになりました。例えば、ゴルフ風景の写真を送信した場合、「ゴルフを見つけたよ!そんなあなたにオススメなのはココ!」と、ハワイにあるゴルフ場の情報が表示されます。

※画像はイメージです

SNS と連動した性格分析機能によるお楽しみ要素も追加

さらに、Facebook やTwitter のアカウントでログインすると、過去の投稿内容からマカナちゃんがWatson APIの「Personality Insights」を活用し、独自の算出方法でお客さまのキャラクターを9タイプに分類。7月にリリースした第2弾では結果のみを表示するサービスとして展開していましたが、アンケートで「診断内容が知りたい」「なぜこのタイプになったの?」など、詳細内容を求める声が多くあったため、12月より、診断結果の詳細を確認できるようになりました。

 

ハワイへの旅行がお決まりでない方もぜひお楽しみください。

 


当記事は、JAL機内誌SKYWARDに掲載された記事からの引用編集に加え、第3弾の情報を追加修正したものです。

 

参考

チャットボットなどクイックに導入できるWatsonのソリューションパッケージ – AI-in-a-box-

Watson Assistant APIで、チャットボット開発を手早く簡単に – How to build a Chatbot

関連リンク

第1弾:Watson事例 – 日本航空(JAL) バーチャルアシスタント「マカナちゃん」

 

More IBM Watson Blog stories

IBMがWatson Discoveryの新しいとして業界最先端のNLP(自然言語処理)機能を発表

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog...

重要なビジネス文書に隠れている洞察をより深く理解したいと思いませんか?今こそ、Watson Discovery ...続きを読む


AutoAIがAIconics Intelligent Automation Awardを受賞 – 第一人者が語る開発のねらい

Data Science and AI, IBM Cloud Blog, IBM Data and AI...

IBM Watson Studioの強力な自動AI開発機能である AutoAI(英語)は、サンフランシスコで開 ...続きを読む


どのクラウドでもWatson Language Translatorサービスを実行可能

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog...

  IBMでは、お客様が、データの収集、編成、分析の方法をモダナイズするための完全統合型のデータ/A ...続きを読む